編集部ブログ コラム

image
2022月10月1日(土)

シンガポールで倉庫全体をカバーするWi-Fiネットワークを導入する!

ITサポートのプロ集団、Kawatec(カワテック)によるコラム。今回は、シンガポールにおける倉庫全体をカバーするWi-Fiネットワークの導入についてご紹介します。

※前回までのトピックはコチラ


 

今回はシンガポールで倉庫にWi-Fiネットワークを導入する際に発生する作業に関して、実際の例を挙げながら紹介いたします。

全体の流れ

  • 1.  要件定義
    2.  無線アクセスポイントの設定
    3.  ケーブル配線
    4.  無線アクセスポイントの取り付け
    5.  動作テスト

それぞれの作業内容に関して説明いたします。

要件定義まずは現状把握のため、導入先の倉庫の大きさや作りを確認いたします。倉庫は広いため、複数の無線アクセスポイントを設置し、それぞれがカバーし合う形で大きなWi-Fiネットワークを構築します。導入する無線アクセスポイントの選定に重要な要素として主に、Wi-Fiの使用範囲、対応無線規格、同時接続端末数、設置場所(インドア・アウトドア)が挙げられます。

参考までに、細かい無線アクセスポイントの仕様に関しては→https://kawatec.com/h_blog/04032021/をご覧ください。

無線アクセスポイントの設定

無線アクセスポイントの設定では、Wi-FiのSSID(表示名)とパスワード、接続暗号化方式を選びます。必要であればゲスト用のWi-Fiを設定します。最近の無線アクセスポイントの多くは、同じネットワークに接続するだけで機器同士が勝手に連携を行ってくれるため、難しい設定は必要ありません。

ケーブル配線・無線アクセスポイントの取り付け

まずは無線アクセスポイントで使用するLANケーブルの配線を行います。高所の作業が必要な際はリフトを使用します。

取り付けたケーブルにWi-Fiアクセスポイントを取り付けます。

最後に倉庫内全体のWi-Fi電波強度・接続テストに問題がないことを確認し、完了になります。

Wi-Fiアクセスポイント設置作業はカワテックにお任せ!

KawatecはシンガポールでWi-Fiアクセスポイント設置作業をお手伝いさせていただいております。ご質問等なんでもお気軽にお問い合わせくださいませ。日本人スタッフが対応させていただきます。ご相談・お見積りは無料にて承っております。

KawatecでのWi-Fiアクセスポイント設置作業のプロジェクト事例

Wi-Fiアクセスポイント設置作業のプロジェクト事例はコチラ

 


Kawatec Pte. Ltd.

2007年に設立したITサポートのプロ集団。日本を離れ、シンガポールに進出した法人様が安心して業務に打ち込める環境をサポートしたい想いで、親身なITサポートサービスを続けてきました。パソコンの導入・修理・サポート、サーバー、ネットワーク構築、LAN構築から電話回線引き込みまで、業務に欠かせないオフィスのIT環境のすべてにワンストップで対応します。

コラム
専門家による連載コラム。 シンガポールでのビジネスや生活で役立つ内容をわかりやすく解説。お役立ち情報が満載です。
この記事を書いた人
KawatecによるPC Support コラム ーvol.26ー
施設名
カワテック
電話番号
6743-4530
アクセス
420 North Bridge Rd. #03-20 North Bridge Centre, (S)188727
公式サイト
https://kawatec.com/
備考
[Mail] info@kawatec.com