編集部ブログ コラム

image
2022月11月1日(火)

ハードディスクをSSDに変更してパソコンを高速化する!

ITサポートのプロ集団、Kawatec(カワテック)によるコラム。今回は、シンガポールにおける倉庫全体をカバーするWi-Fiネットワークの導入についてご紹介します。

※前回までのトピックはコチラ


 

今回はパソコンに搭載されているハードディスクをSSDに変更することで、パソコンを高速化する方法に関してご紹介いたします。

HDD(ハードディスクドライブ)とSSDの違い

SSDとはソリッド・ステート・ドライブの略で、ハードディスクと同様にデータを保存する機能を持っています。ハードディスクは物理的な磁気ディスクにデータを記録している一方で、SSDは半導体素子メモリにデータを記憶しています。下記のような特徴から、近年はSSDのほうがHDDよりも採用されるケースが増えてきております。

SSDの特徴(ハードディスクとの比較)
・振動や衝撃に強く、壊れにくい
・データの読み込み・書き込みのスピードが速い
・作動音が小さい
・軽い

最近パソコンの動作が遅くなってきたと感じた場合は、パソコンにハードディスクが搭載されているか確認しましょう。ハードディスクをSSDに変えることで劇的にパソコンが高速化される場合があります。

実際に取り替える場合は、既存のハードディスクの中身をまるごとSSDにコピーする必要があるため、専用のクローン装置を用いる必要があります。
実際にクローン装置を用いた交換作業の流れをご紹介いたします。

1. パソコンを分解してハードディスクを取り出す

ノートパソコンの場合は、パソコンの裏面を分解してハードディスクを取り出します。

デスクトップパソコンの場合は、ケースを開けて中からハードディスクを取り出します。

2. ハードディスクとSSDをクローンマシンにセットする

取り出したハードディスクと、新しい交換用のSSDをクローン装置にセットします。この際、クローンされる側と、クローンする側を間違えないように注意します。

3. ハードディスクからSSDにデータをクローンする

クローン装置のスタートボタンを押してクローンを行います。ディスクのサイズにもよりますが、おおよそ1時間以内にはクローン作業が完了いたします。

4. SSDをパソコンに取り付ける

SSDをパソコンに取り付け、起動確認を行います。問題なく起動しパソコンが動作すれば作業は完了となります。

 

ハードディスクからSSDへのクローン作業はカワテックにお任せ!

KawatecはシンガポールでハードディスクからSSDへのクローン作業をお手伝いさせていただいております。パソコンの分解から新しいSSDの手配、クローン作業の実施まで全て弊社でご対応可能でございます。ご質問等なんでもお気軽にお問い合わせくださいませ。日本人スタッフが対応させていただきます。ご相談・お見積りは無料にて承っております。

KawatecでのハードディスクからSSDへのクローン作業のプロジェクト事例

ハードディスクからSSDへのクローン作業のプロジェクト事例はコチラ

 


Kawatec Pte. Ltd.

2007年に設立したITサポートのプロ集団。日本を離れ、シンガポールに進出した法人様が安心して業務に打ち込める環境をサポートしたい想いで、親身なITサポートサービスを続けてきました。パソコンの導入・修理・サポート、サーバー、ネットワーク構築、LAN構築から電話回線引き込みまで、業務に欠かせないオフィスのIT環境のすべてにワンストップで対応します。

コラム
専門家による連載コラム。 シンガポールでのビジネスや生活で役立つ内容をわかりやすく解説。お役立ち情報が満載です。
この記事を書いた人
KawatecによるPC Support コラム ーvol.27ー
施設名
カワテック
電話番号
6743-4530
アクセス
420 North Bridge Rd. #03-20 North Bridge Centre, (S)188727
公式サイト
https://kawatec.com/
備考
[Mail] info@kawatec.com