子育てスペシャル ベテランママ・パパ向け

image
2019月2月15日(金)

子どもと一緒の旅を楽しむための工夫を、現役ママにインタビュー。

アジアを代表するハブ空港として君臨する、ここシンガポールのチャンギ国際空港。東南アジアをはじめ、多くの国に直行便が就航しています。せっかくならシンガポールにいる間に色々な所に旅行したいと思っているママたちも多いのではないでしょうか。でも、小さな子を連れての旅はやはり大変なもの。 そこで今回は実際に小さなお子さんを持つ4人のママたちに、実際にどんな風に旅の道中を乗り切っているか、子どもと一緒に行くのにおすすめな旅行先はどこかなどを聞いてみました。


ママたちの紹介

【Aさん】 来星3年目。日系幼稚園に通う3歳の女の子のママ。現在妊娠中で、間もなく第2子を出産予定。

【Bさん】 来星6年目。5歳と2歳の男の子を持つ2児のママ。お兄ちゃんはローカル幼稚園に通園中。

【Cさん】 来星8年目。5歳の女の子と2歳の男の子を持つ2児のママ。お姉ちゃんは日系幼稚園に通園中。

【Dさん】 来星3年目。3歳と0歳の男の子を持つ2児のママ。お兄ちゃんはローカル幼稚園に通園中。


小さい子どもを連れての飛行機の旅。 何か工夫していることはありますか?

【Aさん】 子どもが小さく、さらに現在妊娠中のため、日本への帰省以外は飛行機を使う旅行はあまりしたことがありません。一時帰国する際は、昼間の便を利用することにしています。深夜便にして寝てくれなかったら悪夢なので(涙)。航空会社によってはシートベルト着用サインが出たら、子どもでも必ず一人で座らせないといけないところもあるそうなので、できるだけ融通がきくところを利用できたらいいな、と思っています。

【Bさん】 1年間にだいたい4回くらい飛行機に乗ります。日本に2回、海外旅行に2回です。私は早朝便があれば早朝便を利用するようにしています。出発の2時間前に空港に行くとして、ぐっすり眠っているところを無理やり起こして空港に(笑)。変な時間に起こされて変なテンションになっているから空港ではしっかり起きていますが、飛行機に乗ったらすぐに寝てしまいますよ。

【Cさん】 飛行機の中で寝てほしいから、できたら深夜便を利用したいと思っています。だけど、娘は耳と鼻の調子があまりよくないほう。だから耳抜きをちゃんとさせたいんです。深夜便で寝てしまうと水を飲ませたり、ものを食べさせたりしにくいので、気を遣います。耳抜きがうまくできないと、耳を傷めたり、鼓膜に傷が入ったりすることもありますから。

【Dさん】 日中の便にするか、深夜の便にするか、あまりこだわっていません。乳児は授乳すれば割と寝てくれるので楽ですよね。上の子もテレビを長時間見られるようになってきたので、どの便でもだいたい大丈夫です。


機内ではどんな風に乗り切っていますか? 必ず持っていくものはありますか?

【Bさん】 お菓子はとにかくいっぱい持っていきます。あとは機内食をあまり食べないことが多いので、おにぎりも。遊ぶものとしては2歳の子には折り紙、シールブック、ぬり絵ブックを。最近はこどもチャレンジの「しまちゃん」グッズを持っていくと喜びます。専用の紙以外には色が付かないペンも便利ですよ。5歳のお兄ちゃんは、アイパッドがあれば何も要りません!上のお姉ちゃんが小さいとき飛行機の中でお腹を壊してしまい、下着を頻繁に替えないといけなかったことがあります。それ以来、旅先で捨ててもいいような着替えを何着か入れています。

【Cさん】 何と言ってもお菓子はいっぱい持っていきます!また、お絵かき道具、シールブックなどのおもちゃ。おもちゃは無くなっても仕方ないと思えるものを持って行くようにしています。目新しさでたっぷり遊んでもらえるように、普段は家で遊ばせないようにしたり、1カ月くらい前から隠したりするようにしています。アイパッドがあればお絵かきやぬり絵ができて、しかもペンでシートを汚すこともなく、ペンを下に落とすこともないからおすすめです。「しまじろう」の教材は音が出て、音量調整もできるので便利ですよ。

【Dさん】 0歳の子には下に大きな吸盤が付いていてテーブルに固定できるおもちゃを持っていけば、落とすこともなく遊んでくれるので助かります。上のお兄ちゃんには子ども用のヘッドフォンを必ず持っていきます。ずれないし、よく聞こえるので、テレビを見るときにぴったりです。


子どもと一緒に行くのにおすすめの旅行先はありますか?

【Bさん】 私がおすすめするのはやっぱりリゾート!子どもは一日中プールや海で遊べるし、大人はのんびりできるし。タイならサムイ、プーケット、クラビなどのビーチリゾートに行きました。ベトナムならリゾート地のダナンと街歩きができるホイアンを組み合わせて。街歩きだけでは子どもが飽きちゃうんです。他におすすめしたいのはオーストラリアのパース。海で遊べるほか、カンガルーファームに行ったり、海沿いを走る電車に乗れたりで、子どもたちは大満足です。もう少し大きな子たちには、サイクリングができる島があるのだとか。ワイナリーやおしゃれなカフェもあるので大人も楽しめますよ。

【Cさん】 主人がサーフィンをするため、海がある所によく行きます。11月~2月に、多くて5~6回。近々マレーシアの新リゾート・デサルーに行く予定なんですよ。でも、個人的にはアジアは小さな子を連れていくのにはちょっと抵抗があります。生水、虫刺され、食中毒が心配で。階段が多く、ベビーカーを使用しにくいので、気も遣います。子どもが小さいうちはオーストラリアがおすすめ。ブリスベンに行ったのですが、コアラなどの動物と簡単に触れ合うことができて、子どもはとても喜んでいました。人もみんな優しいし、オーガニック食品なども多くて安心です。

【Dさん】 オーストラリアのパースがおすすめです!上の子が小さいときに一度行って、つい先日、再訪しました。自然が多くてゆっくりできて空気が美味しいんです。コアラにさわれる動物園もあって、子どもたちもうれしそうでした。パース郊外に行くと、もっと自然に触れられるとか。また行ってみたいです。それと東南アジアのリゾートホテルもいいですよ。今までビンタン、バタム、バリ、プーケットなどに行きました。ホテルにもよりますが、だいたい無料の託児所で子どもを預かってくれるんです。3歳以下の小さい子だと有料でベビーシッターを雇うことになりますが、それでもやっぱりアジアは比較的安い!その間に大人はビーチやプールでのんびりできて、おすすめです。


みなさん、それぞれのお子さんの性格や好きなものなどに合わせて、様々な工夫をしながら旅を楽しんでいるようですね。 普段は大忙しのママたちが、非日常を味わえる旅行。子どもたちとの旅行がより楽しく快適で、明日からの活力になりますように。

ベテランママ・パパ向け
子どもとの旅を楽しむためのヒント