編集部ブログ 編集スタッフF

image
2021月11月5日(金)

シンガポールでクリスマスを楽しむ!(準備編)

もう11月ですね~。2021年もあと少し😌

オーチャードのイルミネーションの点灯、もうすぐですね。

民族国家のシンガポールは、1年中さまざまな民族や宗教のお祝いなどがありますが、特に12月のクリスマス、1月の新年、2月の旧正月の3カ月間は特に、長い期間お祝いムードに包まれます。

2021年を振り返ると、いろいろな面で我慢することも多かったので、これからは明るい気分で元気をつけたいもの!今回はシンガポールのクリスマス準備編として、マンゴスタッフ一同から、楽しい気持ちで過ごせる準備をご紹介します。

🍴食べる:ごちそうの予定を立てる

➀レストランの予約

何はともあれ、お祝いに欠かせないのは特別メニューのごちそう!レストランでの食事なら、シンガポールは予約文化なので、必ず事前にオンライン等で予約を。各レストランが特別メニューを展開中です。グルメ大国シンガポールのクリスマスはお店も本気です✨

ぜひ、マンゴスティン倶楽部Webのカテゴリーのグルメから、お好みのお店をピックアップして最新メニューをチェック!

➁お家でデリバリー・テイクアウト!

お家パーティーなら、生活にすっかりなじんだデリバリーやテイクアウトが便利ですが、ちょっとグレードアップしたいもの。お客様用の素敵な食器を出して、トリュフなどの高級食材、大ぶりのお肉、エビなどのシーフードはどうでしょう?

イタリアン、日本食、アジア料理、軽食&カフェはコチラから!

➂手作りデザートで「作る」楽しみも最近は、無印良品などで簡単に作れるお菓子の手作りキットもありますね。ぜひお子さんや家族で(パパも巻き込んで)焼き菓子を作るプランを立てませんか?

材料を準備するだけでなく、クッキーならアイシングのデザインを考えておけば、今から楽しみ~!メッセージを書いてもいいですね。

🎆飾る:お家時間を盛り上げる、飾り付けグッズ

大きなツリーを置くのは難しいので、日系貨店やデパートでクリスマス雑貨を1つでも手に入れたいところ。

オススメはスノードーム!雪のないシンガポールを一瞬にして12月の雰囲気に。赤色などのクロスなどを敷くとさらに馴染みます。

電池式のキャンドルなら、お子さんがいるおうちでも安心。1つよりもいくつかあると雰囲気が出て◎。

また、壁などにカラフルな飾り付けをするのもいいですし、コットンなど白い綿の上に、サンタさんの人形やオーナメントを置くだけでも雰囲気が出ますよ。

 

🎁買う:身近な人へのプレゼント選び

女性への贈り物は、身に着けるもの(アクセサリー、コスメ、バッグなど)が人気。

※好評だった母の日特集も参考に!

男性への贈り物なら、ビジネス小物(時計、名刺入れ、財布)や、食や趣味にまつわるもの(お酒や旅行など体験チケット)が人気です。

🌇見る:イルミネーションや巨大ツリーの下見!

シンガポールのクリスマスに欠かせないイルミネーションやツリー。予約を入れたレストランの近くで、見ごたえのあるものをチェックするのもいいですね。

年によって開催状況が変わりますので、最新情報は直接お店や施設に確認を。参考までにスタッフ撮影の昨年の参考例はこちら!

▼City Hall(2020)の駅前

▼マリーナベイサンズ(2020)のホテルロビー

▼StarVista(2020)窓の部分がキレイ。最寄りはMRTのBuona Vistaです。

クリスマスのリースもいいですね。こちらはレストランのAltemisの2020年のもの。センスの良さが際立っています。

いかがでしたか?シンガポールのクリスマスまであと少し!

もうすっかり、11月というより12月の気分に飛んでしまったかもしれませんね🤩

12月の本番編もお楽しみに!!

編集スタッフF
来星歴はまだ2年未満。日式スパとグルメ、お酒が好き。在宅勤務中はずっとお茶を飲んでいます。オススメはフェンネルのハーブティー。
この記事を書いた人
編集部スタッフブログ|もう11月!クリスマス準備編(#シンガポールライフあれこれ # お祝い月続くよ)