編集部ブログ マンゴ編集部

image
2021月5月1日(土)

2004年、ウルフギャング・ズウィナー氏がニューヨークで創業し、現在は世界各国で18店舗を展開している極上ステーキの名店「ウルフギャング・ステーキハウス」。

シンガポールには2017年10月、ロバートソンキーにあるインターコンチネンタルホテル2階にオープンし、多くの美食家たちが足繁く通うお店として知られています。

今回は、日本人のファンも多いというこちらのお店の「知られざる魅力」に迫ります!

シンガポールでステーキを食べるならここ! Tボーンステーキが有名

こちらのお店で提供されるのは、アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級の品質と認定された「プライムグレード」の牛肉のみ。専用熟成庫で長期熟成されたものを使用しています。

牛肉は熟成が進むと酵素の働きで柔らかく変化し、旨み成分のアミノ酸が増してさらにおいしくなるのです。

中でも特に人気が高いのが「Tボーンステーキ」。
専用熟成庫で28日間ドライエイジングされたステーキは、900℃の高温で丁寧に焼き上げられます。ジュージューと肉汁をたたえた状態でサーブされる様子はまさに圧巻!

隠れた人気ランチメニュー・ハンバーガー&カツサンドは試す価値あり!

隠れた人気メニューが、ランチタイムにオーダーできるプライムビーフ100%のハンバーガー。
わざわざこのハンバーガーを食べに来るお客さまもいらっしゃるそうです。
ランチタイムしか頼めないかと思いきや、実は夜もバーエリアでオーダーできます!
ハンバーガーの他に日本人の方におすすめなのが「プライムビーフ カツサンドイッチ」($42)。
パン粉をまぶしたテンダーロインのフィレに、ポテトチップスを添えたクラシックなサンドイッチです。
シンガポールで、しかもこんな高級カツサンドが食べられる機会はなかなかありません。
気になるハンバーガー、サンドイッチのメニューはこちらからご覧ください。

チョコレートがとろっと出てくるLAVA CAKEはマストトライ

「ステーキ食べて、もうお腹いっぱい……ごちそうさま」となる前に知っておいていただきたいのが、こちらには極上デザートもあるということ。

ステーキなどはテイクアウトできるので、可能であればお腹のスペースをちょっと残し、こちらの「LAVA CAKE」($22)をお試しいただくことを強くおすすめします!

LAVA=溶岩というだけあって、中からとろっと温かいチョコレートが流れ出してくるこちらのケーキ。
ふわっとしたスポンジと、カカオ70%の風味豊かなチョコレートとのコラボレーションが絶妙!

チョコレートの温度管理が難しく、このように絶妙な感じで流れ出てくるよう調整するのは至難の業だそうです。

なんとレシピは従業員にも知らされておらず、シェフの秘密だとか。
リピートしたくなるおいしさだそうです!(実際に食べたマンゴスティンスタッフHの証言)

ちなみに、食べきれずにテイクアウトしたお料理には、家でおいしく食べる温め方の説明書をつけてくれます。しかも素材によっておすすめの温め方が違う! 細やかなサービスに感動です。

お酒好きを満足させる豊富なワインの品ぞろえ

「甘いものよりもお酒が好き」という方の期待にももちろん応えてくれます。ステーキに合うお酒といえば、ワインですよね。

こちらのお店では、世界中から集められた300以上のワインリストから、あなたの好みに合ったワインが必ず見つかります。

ワインセラーには水冷システムが内蔵されており、すべてのボトルがワインの保存に適した摂氏15~19℃の均一な温度に保たれています。

特別な日をさらに特別にするプライベートルーム

プライベートルームで特別な日の特別な食事をセッティングするのもおすすめです。
防音構造になっているので、会議やパーティーなど、大きな音を気にせずに楽しみたいときに最適です。

なお、個室には$1000~1万の最低利用料金が設定されています。予約する時間帯や曜日によって異なるので、直接お問い合わせください。最大収容人数は、政府の規制により現在8名となっています。
結婚記念日や誕生日に、ご夫婦おふたりでご利用される方もいらっしゃるそうですよ。

おまけ

オイスター好きにはたまらない。
期間限定、しかもあるかどうかは行ってみないとわかりませんが、出会えた方はラッキーです。


 

極上のステーキ、インテリア、そしてサービス。
最高のおもてなしで、他にはない特別な時間を過ごすことができます。

王道のステーキとワインのマリアージュを楽しむもよし、隠れた人気メニューのハンバーガー、カツサンドを楽しむもよし、秘伝のレシピのLAVA CAKEを楽しみに訪れるのもよし、特別な日にプライベートルームを予約するもよし。

目的に合わせてさまざまな楽しみ方ができる「ウルフギャング・ステーキハウス」。

まだ訪れたことのない方も、訪れたことがある方も、ぜひ今回ご紹介した「知られざる魅力」を体験しに行ってみてくださいね。

お店の情報はこちら

マンゴ編集部
誌面制作でのこぼれ話や、誌面未公開情報、編集部が独自に入手したお得情報などを更新します!皆さんのシンガポール生活の心強い味方であり、毎日のささやかな楽しみになることを願って。Thank you lah~!!
この記事を書いた人
Wolfgang’s Steakhouse Singaporeの知られざる魅力
施設名
ウルフギャング ステーキハウス by ウルフギャング ズウィナー シンガポール
電話番号
6887-5885
アクセス
1 Nanson Rd. #02-01 InterContinental Singapore Robertson Quay, (S)238909
営業時間
月~金 11:30-23:30
土日 11:00-23:00 無休
公式サイト
https://wolfgangssteakhouse.sg/