編集部ブログ マンゴ編集部

image
2020月7月6日(月)

東京生まれの日本酒、ロンドンに続いてシンガポールで販売 & プロモーション第2弾スタート!

家飲みにピッタリのサイズ&お財布に優しい価格がうれしい「TOKYO Z1」

今年の5月に「TOKYO Z1」が、ロンドンに続いてシンガポールでも販売を開始しました。
TOKYO Z1は、「普段あまり日本酒を飲まない人にも楽しんでもらいたい」と生まれた海外限定ブランドの日本酒です。日本の農畜産物を海外に展開する全農インターナショナルと、東京を代表する日本酒ブランド「澤乃井」を製造する老舗酒造メーカーの
小澤酒造がタッグを組み、誕生しました。

TOKYO Z1の特徴は1本180mlという飲みきりサイズ。
住んでいる地域を問わずつながることができるいわゆるZoom飲み会や仕事終わりのリラックスタイムにピッタリ。飲み残しで味が変わるという心配から飲みすぎた、なんていうこともなくなるでしょう。

また、お財布に優しいのもうれしいところ。
アルコールがとにかく高いシンガポールでは、「たまには家で日本酒を」と思っても値段を見て手を引っ込めたことがあるのでは? 
TOKYO Z1は、サイズに合わせた価格設定なので、とてもリーズナブル。日々の生活に彩りを添える日本酒として気軽に楽しむことができます。

老舗の蔵元が取り組んだ新しい日本酒、「TOKYO Z1」

「ゼロを1に」。
TOKYO Z1の名前は、日本酒を飲んだことが「ゼロ」の人に、おいしい日本酒体験をしてほしいという願いからつけられました。

TOKYO Z1を開発した小澤酒造は、1702年から300年以上続く老舗で、東京に残る数少ない造り酒屋のひとつ。自然あふれる東京・奥多摩の清らかな水を使って酒造りを行っており、「澤乃井」が海外のコンペティションで受賞するなど、国内外から高く評価されています。

そんな実力派の酒造メーカーが、利酒師コンクール優勝者監修のもとで作っているため、TOKYO Z1のおいしさは折り紙付き。

本醸造酒で辛口に仕上げたことで、スッキリとしていてバランスの良い味を実現。どんな料理と合わせても、おいしく楽しむことができます。
例えば、新鮮な生牡蠣はTOKYO Z1が素材の旨味を引き出しますし、チーズならばフレッシュなものから熟成の進んだ濃厚なものまで種類を選ばずに楽しめます。さらに、ローカルのスパイシーな料理にもマッチする、まさに万能選手。

飲み方も冷蔵庫でキリッと冷やすのもいいですし、ぬる燗にしてまろやかな口当たりを楽しむのもおすすめです。

今ならオトクなプロモーションを実施中!

そんなTOKYO Z1を多くの人に飲んでもらうため、7月6日からプロモーション第2弾がスタートします!!

以下の販売店舗でTOKYO Z1を1本以上購入の上、3問のクイズにお答えください。
抽選で豪華賞品が当たります。期間は8月7日まで。奮ってご応募ください!

【販売店舗】
フィッシュマートさくらや (West Coast Plaza店、Parkway Parade店、Anchorpoint店、Seletar Mall店)
いろはマート(Plaza Singapura店)
EVERY  Potong Pasir店、Havelock店)
DON DON DONKI(Orchard Central店、100AM店、 City Square Mall店、Clarke Quay Central店、J-Cube店)

【応募方法】
応募先のリンクからクイズに回答し、名前と連絡先を入力して送信
★応募先:ここをクリックしてクイズに回答!

【締切】
2020年8月7日

【賞品】
島内日系小売店で使える商品券($200相当)  3名様

マンゴ編集部
誌面制作でのこぼれ話や、誌面未公開情報、編集部が独自に入手したお得情報などを更新します!皆さんのシンガポール生活の心強い味方であり、毎日のささやかな楽しみになることを願って。Thank you ah~!!
この記事を書いた人
クリアでキリッとした辛口の日本酒TOKYO Z1