編集部ブログ マンゴ編集部

2020月1月7日(火)

シンガポールの幼稚園制度とは

現在の日本では、幼稚園、保育園、認定こども園の3種類がありますが、
シンガポールではチャイルドケアセンターが7歳未満の子供に対して、
ケアプログラムを提供しています。これがローカルの幼稚園で、
スタートする年齢は早ければ18カ月から可能。時間も半日と終日とにわかれています。

こうしたローカルのチャイルドケアセンターに加えて、
日系の幼稚園やそれ以外のインターナショナルスクールが運営するプレスクールもあり、
それぞれが特色を持った保育及び教育を行っています。

幼稚園は、子どもにとっては、親元を離れ、
保育士や同じ園の子どもたちと触れ合うという社会性を身につける第一歩。
そこで、今回の特集では、対象年齢や授業時間、使用言語などとともに、
各校の特色をポイントとしてまとめました。ぜひ、幼稚園選びの参考にしてくださいね。



 

英語・中国語のバイリンガル教育と
IB カリキュラムで国際精神を育む

「ヒルサイド ワールド アカデミー(HWA)」は2006年に開校した国際バカロレア(IB)認定校。英語と中国語のバイリンガル教育を実践し、現在39ヵ国もの国々からやってきた児童たちが幼稚園からグレード12まで、一貫したIBカリキュラムを学んでいる。少人数制のアットホームなクラス体制とレベル分けにより、英語や中国語に自信がない子どもでも抵抗なく授業と向き合える環境だ。これからの時代を生き抜くために欠かせない「言語能力」、「テクニカル能力」、「コミュニケーション能力」をバランスよく高めるカリキュラムが享受できるのは同校ならではの魅力。インター校が初めてという新入生も大歓迎!学校見学も随時受け付け中だ。

1. 英語と中国語で真のバイリンガルイマージョン教育を提供
中国・北京のBeijing Huijia Private Schoolを母校にもち、日々の学習のなかで活きた中国語と英語をしっかりと学びながら世界に通用する言語スキルを磨くことができる。

2. 12年間の一貫したIB教育で国際的なスキルを養う
39ヵ国にも及ぶ多国籍な生徒がともに学ぶ環境のなかで、
プライマリーから一貫したIB教育を提供。
21世紀を生き抜くために必要なスキルが自然に身につく。

3. カウンセラーが常駐&少人数制の徹底したサポート体制
少人数制の授業を初め、校内には4~5人のカウンセラーが常駐し、
子どもたち一人ひとりをケアしながらサポート体制を整えているので新入生でも安心。

ヒルサイド ワールド アカデミー
Hillside World Academy

☎ 6254-0200
11 Hillside Dr., (S)548926

詳細はコチラ


 

子どもの好奇心を引き出し
創造力と知識を育む

子供たちが好奇心を持つことが学ぶことへの第一歩であると信じ、遊びを通して創造力、知識を育てている同園。毎日の活動の中での小さな発見を、さらに好奇心・探究心へとつなぐカリキュラムを取り入れ、一人ひとりが自らの視点で粘り強く学べるように導いてくれます。ローカルプレスクールとして英語や中国語のバイリンガル教育を取り入れながら、日本語もしっかり学べます。幼児の時期こそ、楽しくのびのびとした環境の中で心身共に豊かな体験をさせたい!そんな願いを叶えてくれるスクール。

1. 有資格日本人先生による週3日の日本語クラス
日本人園児向けに常駐する日本人の先生が日本語クラスを実施。
親しみやすい教材や季節の行事や製作など楽しんで取り組む。

2. 英・中2人体制のバイリンガル教育
ローカルスクールの強みを生かし、英語と中国語の教師2人体制で授業を行う。
日本語だけでなく、英語と中国語を身近に感じながら「語学の耳」を育てる。

3. 充実のアクティビティ
アートやダンスなど、全身を使って想像力を育てるアクティビティが充実。
子どもの“好き”や“得意”を見つけて伸ばす機会がたくさん!

キディウィンキースクールハウス
KiDDiWiNKiE SCHOOLHOUSE

オーチャード校
☎ 6235-3303 (日本語可)
15 Scotts Rd. Thong Teck Building #02-01, (S)228218
ニュートン校
☎ 6734-0390
420 Clemenceau Ave North #01-01, (S)229492

詳細はコチラ


 

日本語の基礎と文化を身に付け
英語に親しみながらのびのび成長

1989年4月にシンガポール政府教育省の認可を受け設立された初めての日本人向け私立幼稚園。シンガポールのウエストコーストに位置し、10,576㎡(約3,205坪)もの広い敷地で300人以上の園児が学ぶ。園庭にはマンゴーやバナナなどたくさんのトロピカルフルーツが実り、中庭には色鮮やかな全天候型トラックフィールドが子どもたちの体力向上に大貢献。3ヵ所の砂場や大きなプールからは、毎日にぎやかな声が聞こえてくる明るい雰囲気が人気の秘密だ。全クラス日本人教員が担任を務め、日本と同等以上の教育を目指す。海外生活を経験できるチャンスに恵まれた子どもたちが、さまざまな行事や体験を通して日本人としてのアイデンティティを確立できるよう全力で支援している。

 

1. 文部科学省「幼稚園教育要領」に基づいた保育内容
日本人有資格教諭による日本語での保育を行い、年中児より文字と数の指導も開始。
幼少期に母語をしっかり培うことで将来の思考力を磨き、成長の基本土台を育む。

2. 日本古来の伝統文化や行事を体験
日本の伝統や文化行事を多く取り入れ日本人としてのアイデンティティの土台を築き上げる。

3. 英語教師による遊びや歌で英語に親しむ
イングリッシュレッスンでは、毎日簡単な会話や歌を楽しみながら学習。
午後からのイングリッシュファンタイムでは学んだ英語でゲームやアクティビティーを行う。

4. 年齢に合った体力づくり
専任教師がそれぞれの年齢に合ったプログラムを取り入れ、器械体操·縄跳び、鉄棒、跳び箱など
楽しく体を動かし子どもの体力づくりを促進する。

5. 音やリズム遊びによる情操教育
ピアニカを導入し、一人ひとりが楽しみながら音楽と触れ合い、遊びを通して身につけ表現する能力を養う。


シンガポール日本人幼稚園

☎6779 3434 Fax : 6777 1830
251 West Coast Rd. (S)127390

詳細はコチラ


 

楽しみながら自ら学ぶ高水準の早期教育が人気

教育水準が高いと言われるシンガポールの指導要領に基づき、 読み書きまでを含む主要4教科(英、
中、算、理)の基礎固めを実現するカリキュラムを実施。詰め込み型ではなく、子どもの好奇心を引き
出しながら、楽しく学ばせる学習スタイルに定評がある。小学生向けに長期休み期間など、家庭の都
合や予算に合わせて日程が組める学童保育を当地で初導入。学童保育はゴールドヒル校のみで、6
歳~ 12 歳が対象。ホリデー期間や1 日単位のショートステイも可能。英語によるスピーチやランゲージ
アートなど内容も盛りだくさん。一人ひとりの個性を引き出すカリキュラムの中でもアートを応用して考えを表現する「 Language Art」は子どもたちにも好評。オプションで音楽や体操教室、日本人以外の子どもも参加できる日本語ワークショップなどを行う。幼児の時から自ら学習する姿勢を身に付け、自主性を高めるきめ細やかな制指導に定評あり。

1. 主要4教科(英、中、算、理)の基礎固めを実現する
英、中、算、理の主要4教科をしっかり定着させるカリキュラムを採用。

2. 音楽や体操に親しむ
オプションで音楽やスポーツ、日本語ワークショップに参加可。

3. 学童保育制度が充実
休暇中の小学生向け学童保育や1日単位の預かり保育もあり。

ラッフルズ ハウス プレスクール
Raffles House Preschool

ゴールドヒル校 MRT STEVENS 駅より徒歩9 分/ MRT NEWTON 駅より徒歩13 分
☎6732-1455  9 Goldhill Ave.( S)3090075
ロビンクローズ校 MRT STEVENS 駅より徒歩2 分
☎6836-7959  15 Robin Close,( S)258297

詳細はコチラ


 

グローバルな 子どもを育成

シンガポール指導要領に基づき、読み書きまでを含む主要4 教科の高水準の早期教育が受けられるグレースハウス幼稚園。日本語クラスでは英語環境の中で自らのアイデンティティを確立できるよう、日本人の習慣や文化、挨拶などを学び、思いやりの心を育むことを重視。ローカル校でありながら情操教育が完璧と、トムソン校に続き、タングリン校でもスタート。

グレース ハウス キンダーガーテン
Grace House Kindergarten

トムソン校
☎ 6255-0111  45 Thomson Rd.
タングリン校
☎ 6262-3585  355 Tanglin Rd.
ブキバト校
☎ 6899-8851  1 Bukit Batok West, Ave 4

詳細はコチラ

 

 

マンゴ編集部
誌面制作でのこぼれ話や、誌面未公開情報、編集部が独自に入手したお得情報などを更新します!皆さんのシンガポール生活の心強い味方であり、毎日のささやかな楽しみになることを願って。Thank you ah~!!
この記事を書いた人
シンガポールのチャイルドケア大特集