編集部ブログ マンゴ編集部

image
2022月9月16日(金)

リゾート気分を味わうのにおススメの場所!

周囲を海に囲まれたシンガポール。

リゾート気分を味える場所の1つにヨットハーバーがあり、Sentosa Coveが先に浮かぶ人も多いと思いますが、ちょっと隠れ家的でおしゃれな場所ならシンガポール島の南にあるMarina at Keppel Bayもおススメです!

1.Marina at Keppel Bay はどこにあるの?

上記は公式サイトより。シンガポールの南、ハーバーフロントエリアのVivoCityとラブラドールパークの間で、VivoCityからは徒歩でアクセスできます(暑いのでバスがおススメ)。

大きな高級コンドミニアムから道沿いを海に向かって歩くこと10分、ぱっと視界が広がります!

高級コンドミニアムの前に整然と並ぶ船。ケッペル島は、国際的な高級ヨットの停泊地として開発された歴史ある私有地で、住まいやグルメ、アクティビティが融合した場所です。都市部の喧騒から離れ、落ち着いたエリアは晴れた日の散歩にはうってつけ!

2.食事をするなら

 

ダイニングができる施設もそろいます。1Fにはこんなオブジェも。空や海を反射してきれいです。後ろ姿?が海を眺めているみたいな趣。

ダイニング施設にはPriveなどカフェレストランのほか、和食レストランも。今日は予約したイタリアン、Ristorante Palermoさんにお邪魔しました。

窓に近い席からはハーバーを見下ろせます。お酒を飲みながら食事を待つ時間、贅沢~。

メニューは幅広く、ピザ、パスタ、リゾット、前菜、ワインなど多種多様。イカ墨も気になったのですが、今回初めてだったので王道にピザはマルゲリータを注文。薄い生地のピザはパリッパリ!チーズもしっかり目の味。

特に美味しかったのはアサリのリングイネのパスタ。ニンニクしっかりでありつつも上品で、うま味が後を引きます。これはまた次回食べたくなる味。お酒に合います。

3.まとめ

 

さて、お腹いっぱいになったら、青い海を見ながらゆっくり戻りの道を。

週末でも大混雑せず、隠れ家的に過ごしたい方におススメです。

別スタッフが過去に行った記事もぜひチェック!

***

マリーナ・アット・ケッペルベイ公式サイトのFacebookにも素敵な写真がたくさんありますよ。

Instagramには海の面白い生物写真もアップされてます。ダイビング好きな人はぜひチェックを!

マンゴ編集部
誌面制作でのこぼれ話や、誌面未公開情報、編集部が独自に入手したお得情報などを更新します!皆さんのシンガポール生活の心強い味方であり、毎日のささやかな楽しみになることを願って。Thank you lah~!!
この記事を書いた人
隠れ家的なおしゃれヨットハーバー、マリーナ・アット・ケッペルベイに行ってみた #シンガポールライフあれこれ