編集部ブログ マンゴ編集部

image
2022月1月14日(金)

【シンガポールの英会話スクール】シンガポール在住中に、英語を上達させた4人の生徒さんにインタビュー!

シンガポールで英会話スクールに通いたいけれど、どこに行っていいかのわからない…。そんな時、スクール情報だけではなく、実際にそこに通って、見事に上達した人たちの体験談はとても参考になるもの。今回は、Canadian Education Collegeに通われている(もしくは通われていた)生徒さん4人のインタビューと、講師の方に伺った「生徒が英語を上達させる方法」をご紹介します。

本校はオーチャードという好立地にあり、基礎英語や会話コースのほか、ビジネス英語やキッズ向けなど多彩なコースを選べます。第2外国語としての英語を教える経験が豊富なネイティブの講師が、一人ひとりの課題に向き合いながら丁寧に指導してくれるため、初心者の人も中級者の人も上達が速い!と評判です。また、講師の在籍期間が短くても1年半〜2年、そして長い人は10年ほどということもあり、生徒と講師との関係性を築きやすく、授業後に気軽に質問できる環境が整っているのも上達しやすいポイント。

日本人の生徒も多く通っているので、日本人の苦手分野や学習パターンを把握したうえでの指導をしてくれる、頼れる学校です。


Keikoさん(主婦)

【在籍期間】
2020年12月〜2021年2月(約3カ月間)

【在籍クラス】
ジェネラル・イングリッシュ(フルタイム)/週5日

【入学時レベルと現在のレベル】
Upper Intermediate →Advanced

【コメント】
今まで英単語だけで何とかやり過ごしてきましたが、来星に伴い、日常生活での言葉の壁をなくしたいと思い、学校に通い始めました。Canadian Education College (以下CEC)の決め手は、他の学校と比べて多国籍な生徒が在籍していること、生徒の目的別に合わせた様々なコースがあったためです。同じようなマインドを持った生徒と一緒に学ぶことが出来るため、多国籍の友達も出来やすく、レッスン以外でも連絡を取り合い、さらに英語を使う機会が増えました。

講師・受付の方ともに、話しやすく、英語はもちろんのことシンガポール在住の先輩としても様々な情報を教えてくれます。CECに通い始める前と比べて、英語への抵抗は減っています。日々の買い物・修理業者の対応時、話せないからとりあえず笑顔でYesと回答することは、なくなりました。日本語なら出来ていた当たり前のことが出来たとき、改めてCECで勉強して良かったなと思います。


杉山彩子さん(主婦)・聡真君・亮真君(元インター生、卒業生)

【在籍期間】
2015年〜2020年2月(約5年間)

【在籍クラス】
彩子さん:会話クラス、ジェネラルイングリッシュ、プライベートレッスン

聡真君・亮真君:グループキッズクラス→プライベートレッスン

【コメント】
シンガポールに駐在していた期間のほぼ全て何らかな形で通わせていただいていました。きっかけは子供達に英語に慣れてほしくて始めたキッズのグループレッスンでした。1年ほど経ち、子供達がインター校に通うのをきっかけに、私も必要性を感じグループレッスンに参加しました。子供達は段々とレベルアップすると同時にインター校の勉強、宿題が難しくなり、それをサポートしてもらいたくプライベートレッスンに変更しました。日本人スタッフの方が留学経験があり、つまり、英語を学ぶ時にぶつかる壁、やるべき事をよく分かっていらして、色々教育方針について相談できるのも強みでした。

我が家は幸いとても気の合う先生に出会い、長くレッスンをさせて頂き感謝しています。


鏑木大地さん(金融機関勤務)

【在籍期間】
2018年〜現在(約3年間)

【在籍クラス】
プライベートレッスン

【入学時レベルと現在のレベル】
Upper Intermediate →Advanced(入学当初TOEICは800点台でしたが、日常・ビジネス会話に不自由するレベルでした。現在は、日常会話やビジネスで困ることはだいぶ減りました)

【コメント】
選んだきっかけはいくつかの英会話学校でトライアルを受けてみて、カナディアンが一番雰囲気が良かったからです。受講してから2人の先生からレッスンを受けましたが、どちらの方も生徒の希望を聞いてそれに応えるようなレッスンを組んでくれました。こちらから具体的な要望がない場合は、先生の方から題材を提供してくれるので、気軽にレッスンを受けることができました。なかなか短期間では語学は上達しませんが、徐々にローカルスタッフと仕事上や何気ない会話がスムーズにできるようになると、今後も継続的に英会話を頑張ろうというモチベーションになります。


本多伸也さん(建物サービス業)

【在籍期間】
2021年〜現在(約3年間)

【在籍クラス】
プライベート& ビジネスグループレッスン

【入学時レベルと現在のレベル】
Pre Intermediate →Intermediate

【コメント】
Canadian Education Collegeを選んだ理由は、交通の便がいいこと、日本人の知り合いから紹介があったこと、そしてフリーペーパー(名称不詳)でスクール紹介記事を見たことです。また、通い始めて8ケ月ほどたちますが、レッスン開始前に比べ、同僚や顧客(共にシンガポール人)の話していることが理解できるようになり、英語での会話が以前よりもスムーズにできるようになったと感じています。講師の方も皆ネイティブかつフランクな方々で楽しく、正しい英語を学ぶことができています。レッスンもテキストに沿うだけでなく、日々の生活やビジネス面での様々な疑問&質問等へも臨機応変に対応してもらえることは良い点だと思います。受付スタッフの方も非常に親切で、レッスン等の疑問&質問に迅速に対応していただいていること、とても助かっています。


 講師からのコメント

Canadian Education Collegeの講師をしているジェシーです。

生徒が英語を上達させる方法とは?

1. 実践あるのみ!

クラスで学んだことは、学校以外の日常生活でもどんどん使うことが大切です。シンガポールに住んでいて、英語を使える環境にいるのですから、お店で英語を使ったり、日本人以外の方と積極的に話をしたり、雑誌や本を読んだりして、1日1時間くらいは生きた英語に触れ、英語を使うようにしてください。

2. 教材は自分のレベルに適したものを

多くの生徒さんは、音楽を聴いたり、映画を見たり、本を読んだりして勉強されていますが、たいてい、内容が難しすぎるか、時には簡単すぎるものを選んでしまいがちです。効果的な教材は、約80%程度理解できるくらいのものがよいでしょう。内容が簡単すぎると学習効果は薄れ、逆に難しすぎると、教材の翻訳に時間がとられてしまい、内容の理解が難しくなります。

3. 間違いを恐れない

生徒さんは、たいてい間違えることを恐れる傾向があります。実は、間違えることは上達の過程です。間違えたことで、より記憶に定着させることができます。正しく使えるようになるまでは、間違えた内容を何度も使うことが大事です。

4.できればクラスメートや友達と練習する

同じ目標をもったクラスメートや友達と一緒に学ぶことは、英語を学習する上でモチベーションになります。お互いに励まし合うことで、楽しく学ぶことができます。

5. あきらめない!

学習内容が難しくなってくると、何も学んでいないように感じることがあるかもしれません。ですが、あきらめず続けることが大切です。そうすれば、必ず英語は上達します。


 

いかがでしたか?

Canadian Education College で学ばれた皆さんは、通学後、着実に英語力を身に着けている様子です。同校は、平日は日本人スタッフがいるので、困ったことは日本語で相談できるのも安心。英語を効果的に学べるのはもちろん、さまざまな国の生徒が集う国際色豊かな場であることも同校の特徴。クラスメートとの交流を通じて、英語を話す機会が増えたという生徒さんの声も多いとのことなので、Canadian Education College で学べば、英語に自信がつき、友だちも増え、シンガポールライフを楽しめそうですね。

Canadian Education Collegeに通学されて、英語を習得した生徒さんの体験談はこちらでも紹介しています。またマンゴスティン俱楽部オフィシャルブロガーの眞方富美子さんも、Canadian Education Colleageに通われた経験を前編後編にわけてブログで紹介しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

気になった方は、ぜひ個別説明会、レベルチェックテスト(要事前予約)にお申込みください。

日本語でのお問い合わせはこちらから→japan@canadian.edu.sg |日本人スタッフ常駐 (担当:小山)

学校の詳細はこちら

政府登録校 ERF Reg.No.200309720D   28/08/2019-27/08/2023

マンゴ編集部
誌面制作でのこぼれ話や、誌面未公開情報、編集部が独自に入手したお得情報などを更新します!皆さんのシンガポール生活の心強い味方であり、毎日のささやかな楽しみになることを願って。Thank you lah~!!
この記事を書いた人
Canadian Education College で英語を学ぼう