編集部ブログ シンガポール マンゴ編集部

image
2021月12月1日(水)

家族で行こう!Snow City(スノーシティー)で氷と雪の世界を体験!

海外には行かずに、シンガポール国内で家族で過ごす冬休みも、もう2年目。お子さんのお出かけプランも悩みどころですが、今年はSnow City(スノーシティー)で、家族みんなで氷や雪の世界を楽しみませんか?

ジュロンエリアにあるSnow Cityには、2021年11月3日に一般公開されたばかりのアイスホテルがあり新名所に!マイナス5度の氷の世界でドリンクを満喫できるアイスバー、氷の彫刻のギャラリー、写真撮影スポットが盛りだくさん。他にも、アイスバンパーカーの乗り物やシューティングゲームなど、子どもも大人も夢中になるアクティビティが目白押し。これは行くしかない!

 


氷のアートの世界へ迷い込む

17メートルもある雪原に広がる最新のアトラクションでは、シンガポールの有名な氷の彫刻家、ジェフリー・ング(Jeffrey Ng)によって丹念に作られた5つのテーマ別の氷と雪のアートが楽しめます。 ここでは、ほんの一部をご紹介!

▼繊細な彫刻は、見れば見るほどその技術力に感心してしまう

▼シンガポールならではのスポットも氷の彫刻に!

▼躍動感ある彫刻と照明が相まって幻想的な世界。

アイスホテルのアイスバーでくつろぐ

氷で出来たホテル、アイスホテル。ここのアイスバーでクラフトビールを楽しんだり、ホテルルームで1日体験(daycation)したり、ダイニングルームで美しい写真も撮れます。毎日暑いシンガポールで、ソファ、テーブルすべてが氷という場所は、他にはありません!

氷と雪のアクテビティ三昧!

氷上を走るバンパーカー!疾走感とゲームのような感覚で、大盛り上がり!何度も乗りたくなりますよ。

他にも、本物の雪で覆われた高さ3階建て相当、長さ60メートルの斜面を滑り下りたり。これは、大人もはまってしまう楽しさ。他に雪遊びもできます。

また、14歳以上であればシンガポール国内で最も寒い中で楽しむシューティングゲームも。ターゲット射撃のクイックゲームやチームを組んで相手のターゲットを倒すバトルでは、寒い中でもついつい熱くなってしまうはず。参加条件の詳細はコチラ

いかがでしたか?

シンガポールならではの新名所で、家族みんなで冬休みを楽しもう!

 

【Special Admission Bundles】プロモーションあり!※2021年12月末まで

⛄️バンドルA:大人2名+子供2名のチケットで20%割引

⛄️バンドルB:大人2名+子供1名のチケットで15%割引

⛄️バンドルC:大人1名+子供1名のチケットで10%割引

 

※SnowCityのご利用には条件があります。最新情報は、Snow Cityのwebサイトをご覧ください。

※来訪時の服装ガイドラインについてはコチラ

マンゴ編集部
誌面制作でのこぼれ話や、誌面未公開情報、編集部が独自に入手したお得情報などを更新します!皆さんのシンガポール生活の心強い味方であり、毎日のささやかな楽しみになることを願って。Thank you lah~!!
この記事を書いた人
Snow City(スノーシティー)でアイスホテル体験と氷と雪の世界で遊ぼう
電話番号
6560-2306
アクセス
Snow City Singapore, 21 Jurong Town Hall Rd., Snow City Building, (S) 609433
営業時間
10:00-17:00 火~金
10:00-18:00 土日祝

※最終入場時間等は以下も参照
http://www.snowcity.com.sg/visitor-info/operating-hours/
定休日
公式サイト
http://www.snowcity.com.sg/