編集部ブログ 田中大輔

image
2022月11月22日(火)

シンガポールにお住まいの、自分で稼ぐ力をつけたい方は必見!【永久保存版】ゼロから副業・起業を始める時の3つの鉄則をついに公開! 海外在住者こそ、副業・起業に取り組むべきワケとは?

起業・副業で多数の実績を持つSlinky社のコンサルタント、田中大輔による連載コラム。シンガポールで起業を考えている方だけでなく、海外での起業・副業を考えているすべての人に必読の教科書、今回は最終回です!


 

■最終回に田中コンサルが伝えたいこと

こんにちは、田中です。

いやー、ようやくほぼマスク無しで過ごせる様になってきましたね。日本へもPCR検査無し(ワクチン接種済み前提ですが)で入れる様になったり、だいぶ元の生活に戻ってきました。

そして、12回目を迎えたこのコラムですが、、なんと!!今回で最終回となります。

今まで、本当にたくさんのご質問やご意見をいただき、ありがとうございました。ただ、連載が終わっても、ご相談等は引き続き受け付けていますので、お気軽にこちらからどうぞ。

slinky@slinkygroup.com

今まで11回の連載コラムでは、毎回、ウチの起業スクール受講生の実践事例を取り上げてきました。(詳しくはコチラ

今回は、最終回ということで、様々な受講生の実践事例を用いながら、ケーススタディとして、ゼロから副業・起業を始める際に、多くの方が陥りやすい失敗しがちな点、逆に成功させるために絶対外さないでほしい、鉄則3つをまとめました。

本当に自信を持って公開する、初心者がゼロから副業・起業をスタートする時の必勝パターン【永久保存版】ですので、お見逃しなく!

 

ケース12:【永久保存版】ゼロから副業・起業を始める時の3つの鉄則:海外在住者こそ、副業・起業に取り組むべきワケとは?

「『好きを仕事に』は甘いでしょうか?」

「趣味を活かしてビジネスにできないでしょうか?」

といったご相談をよくいただきます。

確かに「好き」なだけでは、ビジネスにはできません。だけど「好き」だからこそ、ビジネスにできる可能性は高い、と思っています。

せっかく本業以外の時間を使って、新たに副業や起業に取り組むのに、わざわざ、やりたくもないことを選ぶ必要はありませんよね?

副業や起業の立ち上げ当初は、新たに覚えることや、自分でこなさなければならないことも多かったりするので、気がついたら日付が変わっていた、なんていうこともあったりします。

「好き」なことだったら、夢中でやってしまいますが、嫌々やっているのだとしたら、苦痛でしかないはずです。

どちらの方が成果が出やすいか?…明白ですよね。

✋鉄則1 「好き💗」からビジネスアイデアを!

「お金をもらえるレベルの好きなことなんてない…」って言われる方がほとんどだと思います。実際、ウチのスクール受講生で結果を出された方も、最初はそう言われていたところから、コンサルティングを通じて、アイデアを具現化して、ビジネスを成功させていきました。

たとえば、2月号の西川さんと3月号の中島さん。

西川さんは年間グランプリを受賞! 詳しくはコチラ

中島さんは、予約が絶えない入会待ちの料理教室を運営しています。詳しくはコチラ

✋鉄則2 お客さんから選ばれる、2匹目のドジョウを狙え!

次に、「好き」から発想したビジネスアイデアを実現していく際、必ず調べていきたいのは、あなたのアイデアが、どれだけの数(市場規模)の、どういった人(ターゲット)の役に立てるのか? です。

あと、忘れてはならないのは、すでにそのアイデアをビジネスにしている、ライバル(競合他社)が、ある程度いるかどうか。

全くライバルがいないと、そもそも世の中のニーズがない…っていう可能性が高いですね。

今まで、世の中になかった、全く新しいアイデアで新市場を創る!なんていうことは、大手企業に任せておいて、僕たちスタートアップにオススメなのは2匹目のドジョウを狙え!です。ちょっと、聞こえは良くないかもしれませんが、既に成功しているビジネスモデルに、少しポジショニングを変えて参入していくのが、ビジネスを成功させる、一番の秘訣です!

さらに、この質問に答えられるレベルまで、ポジショニングを仕上げられればバッチリです。

~お客さんがあなたの商品やサービスを選ぶ理由を一言で言うと?~

ライバルと比較して、空いてるところのポジションを取る。難しく考えずに、これも聞こえは悪いかもしれませんが後出しジャンケンの感覚で、相手がいないポジションを考えていきましょう。

4月号の岩木さん8月号の渡邊さんは、しっかりとターゲットを決めて、ポジショニングを取ることで、結果を出していきましたね。

マーケティング用語や具体的なステップは、それぞれの記事で詳しく説明していますので、ご覧ください。

✋鉄則3 致命傷を負わないテストマーケティングから始めよう!

そして、ポジショニングが固まったら、あとは構え・撃て・狙えです。普通は「構え・狙え・撃て」の順だと思いますが、まずは「撃って」みてから、反応を見て修正していくスピード感で取り組まないと、チャンスを逃すことにもなりかねません。

特にこのスピードは、大手企業には真似できないスタートアップの強みでもありますので、絶対に意識してほしいポイントです。

その際に重要になるのが致命傷を負わないことです。

受講前の面談で「退職金を突っ込んで、飲食店の店舗を契約をしようと思うんですが」とか「ソフトの開発費で200万円を出資する予定です」といったご相談を受けたこともありますが、全力で止めました💦

鉄則1、鉄則2の手順を踏んだら、まずはテストマーケティングで需要を先につかんでから、リリースしていくことで、致命傷を負わずにビジネスをスタートしていけます。

5月号の戸谷さんが実践したSNSや、6月号の伊藤さんのクラウドファウンディングなど、ゼロからでも始められる、テストマーケティングに最適なツールもたくさんあります。

SNS集客に成功した英会話教室運営の戸谷さん

他にも、テストマーケティングによって事前に需要があるかどうかを確認し、成功した先輩方もたくさんいます。

オンライン書道教室を運営している石母田さん

 

訪問看護ステーションを運営している矢崎さん

 

【田中コンサルの目👀】海外在住者こそ、副業・起業に取り組むべきワケとは?

そして最後に、海外在住者こそ、副業・起業に取り組むべき理由についてお話しして、締めたいと思います。

それは、ひとことで言うと、

圧倒的に成功しやすい からなんです。

僕たちの起業スクールでは、日本にもたくさんの受講生の方がいますが、最初のアイデア出しの段階では、海外在住者の方が、圧倒的にアイデアが出てきやすいです。なぜかというと、海外にいるって言うだけで、すでに、地域や情報の格差が利用できるので、そこにビジネスのヒントが、転がっているからなんです。

シルクロードの時代から、地域による格差でビジネスは成り立ってきています。

日本で成功してるモデルを海外に持ってくる、海外で成功しているものを日本に持っていく、現代では、情報の格差を活かすだけでも、いろんなビジネスアイデアが浮かんできます。

是非、今いらっしゃる、圧倒的にビジネスで成功しやすい環境を、活かしてくださいね。

そして…その環境を活用して、チャレンジしてみたくなったあなたに朗報です。

シンガポールで、実に3年ぶりとなるリアルセミナーを、9/24(土)シンガポール日本人会で開催します!
さらに、20名限定にはなりますが、参加費無料です。
定員になる前に、お早めにお申し込みください。

※シンガポールのリアル会場で実施されたセミナーが、オンラインでも開催されます! こちらのページからご参加ください!

↓ ↓ ↓

https://slinkygroup.com/la/seminar/?id=mg

では、セミナーでお会いしましょう!ありがとうございました!

 


田中大輔(たなかだいすけ)

SLINKY PTE. LTD. 代表取締役

年間180件以上の起業・副業相談をこなす現役コンサルタント。東証一部上場企業の商社部門において、10年以上にわたり、東南アジア、中国、インドでの新規事業を立ち上げ。手腕を買われ、初代シンガポール支店長として赴任、その間も副業を多数経験し収益を上げる。

44歳でシンガポールで独立起業。副業から起業へつなげるノウハウを教える学校、英会話等の講座を運営する傍ら、日系企業の海外進出サポートなども手がけ、年商5億円規模に成長。現在は時間的に自由な働き方で、十分な収入を手に入れる生活を実現。家族との時間を大切にし、娘たちの教育にも関わっている。さらなる目的達成に向け、自身の新規事業も積極展開中。

副業・起業コンサルタント田中大輔
SLINKY PTE. LTD. 代表取締役。年間180件以上の起業・副業相談をこなす。商社部門でアジア各国の新規事業を立ち上げ、初代シンガポール支店長として赴任、その間も副業を多数経験し収益を上げる。44歳でシンガポールで独立起業。副業から起業へつなげるノウハウを教える学校や英会話等の講座を運営する傍ら、日系企業の海外進出サポートなども手がけ、年商5億円規模に成長。現在は時間的に自由な働き方で、十分な収入を手に入れる生活を実現、自身の新規事業も積極展開中。
この記事を書いた人
敏腕コンサルが起業・副業を本音で語る!おうちビジネスの教科書 in シンガポール(vol.12)【最終回】
施設名
スリンキー
電話番号
8281-9020(田中)
アクセス
176 Orchard Road, #05-05, The Centrepoint(S)238843
公式サイト
https://slinkygroup.com/
備考
[Mail] slinky@slinkygroup.com