編集部ブログ るこたん

image
2019月1月8日(火)

るこたん、バングラデシュに行ってきた!

皆さん、こんにちは!

お久しぶりでございます。

 

元気いっぱい!笑顔いっぱい!のるこたんです!

旅行記第弾【るこたん、バングラデシュに行ってきた!】

 

絶対誰もが行かないであろう、バングラデシュ(ダッカ)に行ってきました。
すごく古い機体に揺られ、シンガポールから約4時間。
バングラデシュのシャージャラル国際空港に到着。

ビザを調べたところ、事前に大使館までいかないとと取れないなど
よくわからなかったので、アライバルビザに賭けてみることに。

アライバルビザの申請場所は、金属探知機をすぐ右にあります。

 

 

まず、ここで日本人であることを大いにアピール!!!

そうしないと、冷たくあしらわれ、質問も厳しく、泣きそうになります。
そして日本人は、ビザが無料になります!(通常US$50)

招聘状があれば、すんなりと行くものの
るこたんは持っていなかったので
パスポートと機内で書いた入国カードを提出するように言われ・・・


【ビザ申請書】

【入国カード】

 

※バングラデシュで滞在する「ホテルの名前」「住所」「電話番号」は必ず入国カードに書かなければいけません。
書いてないと必ず聞かれるので、事前に調べてどこかにメモしておいてください。

提出すると質問の嵐!

「バングラデシュの書類(招聘状など)ある?」
「友達はバングラデシュにいるの?」
「友達の連絡先は?」
「一応、もう一人のも書いて」
「バングラデシュで使える携帯の電話番号は?」
「バングラデシュでの滞在先は?住所は?」
「仕事は?」
「バングラデシュには何しに来たの?」
「なんでバングラデシュに来たいと思ったの?」
「どこ行くの?」
「何日いるの?」
「バングラデシュの後にどこか行くの?」

上手く答えられないと、どんどん質問が増えていきます。
皆さま、質疑応答の練習していきましょう!

第一関門突破し、入国ゲートへ。
同じような質問をされ、14日間のビザをもらい、何とか入国できました!ふう

なんにもすることがなく、異世界を味わいながら3日間過ごしましたとさ。

 

 

 

以上、るこちゃんでした!

 

 

るこたん

るこたん
在星歴2年目。元気いっぱい!笑顔いっぱい!がモットー。チャームポイントはセクシーな無造作ロングヘアとこんがり焼けた小麦肌。週3~4でジム通に通うことがルーティーン。
この記事を書いた人
るるるん旅行記#3