編集部ブログ アイザック

image
2022月1月28日(金)

お洒落すぎるKopiとこだわりのハンドドリップコーヒーを求めに!

こんにちは!鉄道マニアのアイザックです。
久しぶりの投稿になってしまいました。あっという間にChinese New Yearももうすぐ。色んな場所で旧正月ソングが流れていますね!

お洒落な雰囲気でKopiを楽しむ
さて今日の停車駅はシティホール。
「Singapore coffee」へ行ってきました!Raffles hotel内という立地とおしゃれな雰囲気から、知っている方も多いのではないでしょうか。
この素敵な店内でなんとローカルコピが味わえると聞き、興味津々でやって来ました。


本当にコピやテタリなどのローカルの飲み物がある!それに加えてオリジナルブレンドのコーヒーをサイフォン式やハンドドリップで提供していたり、エスプレッソベースのコーヒーメニューも豊富です。


今日はコピとオリジナルブレンドのRed Monkeyをドリップで注文してみました。僕がシンガポール人だからなのか?注文の際に店員のお姉さんに「コピは至って普通のコピよ!」と言われました…もちろんホーカーのコピと単純比較するつもりはないけれど、値段が5倍以上すると思うと少し複雑。。


味は…確かに普通のコピ。笑
慣れ親しんだ味だけれど、美味しいコピをおしゃれな雰囲気で飲むのは新鮮でした!

オリジナルブレンドをハンドドリップやサイフォンで
ドリップコーヒーは、バーカウンターから淹れるところをじっくり眺めることが出来ました。店員のお兄さんと豆の配分について話したり、楽しいひと時。

蒸らすのが大事…

おぉー、味はとてもユニーク。僕の好みはもう少し正統派のコーヒーだけど、強すぎず飲みやすかったかな。酸味が強いコーヒーが好きな人にトライしてみて欲しい!

シンガポールでハンドドリップのコーヒーが楽しめる場所、なかなかないよね。僕のお店、新宿喫茶鉄道ではすべてハンドドリップでコーヒー提供しているんだけど、ローカルのシンガポール人にはドリップコーヒーに馴染みのない方がまだまだ多くて。

スタバやカフェなどで提供されるコーヒードリンクはエスプレッソベースが圧倒的に多い。
ラテやカプチーノ、アメリカーノ、ロングブラック、フラットホワイト…これらはすべてエスプレッソベース。
シンガポールのコピは煎る際に豆にバターやマーガリンを加えて深くローストしているので、かなり味が強い。そのため味の濃いコーヒーを好む人が多く、味の強いエスプレッソベースのコーヒーのほうが受け入れられやすいのかも。豆ごとの違いや繊細な味わいを楽しむことに関心がある人はまだまだ少ない印象です。
このブログで数少ないハンドドリップコーヒー巡りしても面白いかも?
Singapore Coffeeではサイフォン式のコーヒーも提供しているので、僕は次回はサイフォンコーヒーを飲みに来ようと思います。

デザートや食事のメニューも豊富
コーヒーだけのつもりがデザートの誘惑に負けて、Melted ChocolateとWaffleもオーダー。食事メニューもナシレマやサテなどのローカルメニューとバーガーやパスタなどのカフェの定番メニューどちらもありました!


アイスの乗ったチョコレートケーキに、店員さんが2種類のソースをかけてくれました。
つい写真を撮りたくなるおもてなし。

雰囲気がとても素敵だったので、海外からのお客さんを案内したり、デートなどで来るにはすごく良い場所だと思いました!



まだまだ東と西が未開拓

 

【本日のおすすめのお店】

Singapore Coffee

所在地:328 North Bridge Rd, Singapore 188719
営業時間:月~金 8:00-17:00
土・日 8:00-18:00
電話番号:+65 8878 7093
ホームページ:Singapore Coffee

それでは、本日もご乗車いただきありがとうございました。
また次の停車駅でお会いしましょう!!

 

Official Bloggerアイザック
日本とコーヒーと鉄道が大好きなシンガポール人。幼い頃から電車に興味を持ちSMRTへ入社。愛知県瀬戸市の「コーヒーサクラ」のコーヒーに衝撃を受け、シンガポールへの輸入ビジネスを開始。日本語は車内アナウンス等で自学&語学学校で習得。2021年9月に鉄道ジオラマと焙煎コーヒーの店「新宿喫茶鉄道」をオープン。シンガポールのコーヒー情報をマニアックな視点でお届け! 店舗インスタ:@shinjuku_kissa_tetsudo もチェックを
この記事を書いた人
鉄道マニアアイザックの気ままなコーヒー旅 vol.8