編集部ブログ ステイケーション 眞方富美子

image
2021月4月21日(水)

子連れも安心して楽しめる!セントーサ島でステイケーション

先日、家族と2泊3日のステイケーションでセントーサ島に行ってきました🏖。

 

これまでU S Sや水族館に行くためにしか訪れたことがなかったため

ゆっくりとセントーサで過ごすのはこれが初めて。

島内は自然豊かで子どもが喜ぶアクティビティも充実したとっても魅力的な場所。

今回の旅で印象に残ったスポットや出来事をレポートします🎤。

【HOTEL】

今回泊まったのは

Sofitel Singapore Sentosa Resort & Spa

チャイニーズニューイヤーの時に、1泊購入1泊無料というお得なプロモーションをしていてここに決めました。

MRT HarbourFront駅からホテルまで無料のシャトルバスが出ているので、アクセスも便利です。

ソフィテルホテルについては以前タンジョンパガーの

Sofitel Singapore City Centreも宿泊で利用したことがあり、

可愛いロボットがルームサービスをしてくれるのが印象的でしたが、

Sofitel Singapore City Centre

Sofitel Singapore City Centre

セントーサのソフィテルはまた全く雰囲気が異なります。

 

ホテルの廊下から見えるお庭がとても素敵なのです。

美しいプルメリアの花や緑が出迎えてくれます。

国内から出てはいないものの「あ〜東南アジアに旅行に来たんだ〜」という

旅気分・非日常感を味わえます。

【Sofitel Sentosaの朝食🍽】

朝食会場はホテルロビー隣にあるレストラン    Kwee Zeen

店内は天井が高く開放感があります。

テラス席もあって私たちは両日テラス席を選びました。

中華・洋食を中心に様々なメニューがあります。

シンガポールのローカルフード、ラクサのほか

お粥などもあるので小さな子どもから大人まで安心して食べられます。

【Activity】

セントーサ1日目。

ホテルに荷物を置いてから向かったのが、

「SKY LINE Luge SENTOSA」

ファミリーで楽しめるアトラクションが数多くある中、

身体の重さを利用して斜面を滑り降りするスリル満点のリュージュは操作が簡単!

6歳以上で身長110cm以上のお子さんであれば1人で乗る事ができます。

それ以下の子どもも大人が同乗すれば体験可能なので家族みんなで楽しめます。

私たちが訪れたのは平日だったので、並ぶことなくスムーズに乗車の順番がやってきました。

SKYLINE Luge SENTOSA HPより

レディ・・・ゴー🚗!

スタートして途中でコースがいくつか分かれるので回数券を購入するといろんなコースが楽しめます。思ったよりスピードが出ます!スリルを味わいながら風を切って走るドライブ、最高でしたよ!

リュージュを滑り終わった後はスカイライド。およそ5分間の空中散歩です!

スキー場のリフトのようです笑!

息子が怖がらないかヒヤヒヤしましたが、全く怖がらずに・・むしろ、私が一番怖がっていたかもしれません。空からの眺めは特に背景に見える海の景色が美しいです。

一番背景の美しいところで記念撮影してもらえます(有料)。

両足ぶらぶらなので履物など落とさないよう注意が必要です。

このLuge付近にはSiloso beachがあり、

ビーチの隣には子どもが夢中になって楽しめる有料のプレイグランド

Nestopia ネストピアがあります。

私が訪れた時は週末でしたが、早い時間帯はスムーズに入れました!我が家の3歳児は夢中になって遊んでいましたよ。ただし、小さな子どもは大人の付き添いが必要です。常夏のシンガポール。灼熱の太陽の下で暑さとの戦いが待っていますsun.gifsweat01.gif。プレグラ内には椅子やちょっとした休憩スペースがあるのでそこで休むこともできますよ!遊び疲れたら隣のイタリアンレストラン Trapizzaで腹ごしらえというプランも良さそう!

ビーチを眺めながら乾杯🍷!っていうのも至福の一時ですね♪ただ、週末はレストランは混雑するため事前予約がおすすめです。

幸い、ビーチの近くにはセブンイレブンがありますし、マッサージチェア&遊具付きのカフェ

CO+NUT+INK

もあります。ここではココナッツの実がたっぷり入ったフレッシュドリンクも楽しめます。

ビーチやプレグラで遊び疲れた後は涼しいカフェでひと休みhappy01.gif

シロソビーチの周辺には様々なアトラクションがあり、バンジージャンプに挑戦する人たちやジャングル・ビーチの上を時速60kmで飛んでいくメガジップラインを楽しむ人たちの様子も見られるので、子どもがもう少し大きくなったらメガジップを一緒に体験してみたいなあと夢が膨らみました♪

MEGA ADVENTURE PARK HPより

【島内の移動手段】

さて、セントーサ島内の移動についてですが、交通手段が色々とあるのが魅力的です。

ケーブルカー(有料)は眺望が素晴らしく、子どもも大のお気に入りですが、

特に今回の旅で一番お世話になったのが島内を無料で走っているシャトルバスです。

セントーサのお土産でも人気のオレンジ色のバスと

ドア無しのカラフルなバス。

息子は特にドアレスのバスが大のお気に入りでした。

旅の途中、そのバスでサービス精神旺盛な運転手さんに出会いました。

必ず発車前「Are you ready?」 と号令をかけてくれます!

客席から「Yeah!」と返し出発すると、「プップー」と声でクラクションのマネ♪

これに我が家の3歳児は大喜び!

彼のことがとっても気に入って、「Are you ready」「Yeah!」

「プップー♪」を各停車場ごとにコール&レスポンスhappy02.gifnote.gif

こんな運転手さんの心遣いがまた旅気分を高めてくれました♫

ドアレスのバスに乗ると島内様々なビーチにも連れて行ってくれます。

こちらは無料バスで訪れたタンジョンビーチ🚌

バスはゆっくり走るので、特に目的地が無くても途中で気になった停車場で降りるというのも楽しいものです🚌。

私たちはビーチにかかる橋が気になって、パラワンビーチで降りてみました。パラワンビーチは本格的なウォータープレイも併設されているので平日でもお客さんで賑わっていました。

このパラワンビーチから島にかかる橋。渡ると、その先にあるのは

Palawan Island パラワン島」

実はこのパラワン島、看板を見てびっくり!

“アジア最南端の島”だというのです。

「Oh!Really!?」

看板近くで行き交うお客さんからもそんな声が聞こえてきていました。

 

橋自体は何十mかで渡り終えてしまう短い橋ですが、

海の表面と近いギリギリのところに橋がかけられているので、ちょっとしたスリルも味わえます。

島には展望台もあって眺望も良いし、何より開放感があります。

シティの方ではあまり見かけない植物にも出会えましたよ♪

そして、写真には残せませんでしたが、このエリアで全身が黄色い鳥を発見chick.gifshine.gif

とてもハッピーな気分になれました🍀happy02.gifheart04.gif

自然豊かな植物や生き物に出会えるのもまたこの島の魅力ですね。

 

と言えば、この島で一番よく見かけたのがこちら。

孔雀の仲間でしょうか。

ハンバーガーのお肉が肉厚でとっても美味しかったレストラン。

「The Garden」

食事中、窓の外からこんな美しい鳥がご挨拶してくれました。

 

朝食会場のテラス席でもこんな場面が・・・。各テーブルを回って「おはよう!」を言いに来てくれたのでしょうかcoldsweats01.gif間近で鳥たちを観察できたのは子どもも大喜びで貴重な体験でした。

 

個人的には最終日の夜、

ちょっと足を伸ばして港町セントーサコーブのスペイン料理店 Sabio by the sea

夜風に当たりながらの晩ご飯の時間も楽しかったです。

港にはたくさんの船が停泊していて、港に沿うようにオシャレな飲食店が軒を連ねています。

港に停泊した個人所有のクルーズの上でパーティーをするバブリーな外国のお客さんたちの姿も見られ、ここでも非日常の空間を楽しめました。

旅の最後、スペイン料理店で息子はオレンジジュース、大人はCAVA(スパークリングワイン)で乾杯!「さあ、また明日からそれぞれ頑張ろ〜!」と、一致団結して2泊3日の旅を締めくくりました。

セントーサ島でステイケーション。シティからちょっと車で足を伸ばせば、豊かな自然、楽しいアクティビティ、オシャレな飲食店。行くたびに楽しい出会いが見つかりそうです🌺🍹🏖!

 

 

 

 

Official Blogger眞方富美子
夫の駐在帯同で2020年9月、3歳目前の息子を連れて初のシンガポールへ。2週間の隔離施設滞在を終えて、ようやく始まった新生活。鮮やかな花に彩られ、独自の文化を持つ魅力いっぱいのこの国で知りたいことが沢山!お得な生活情報、グルメ、美容、子育て……、日々の暮らしで気になるシンガポールのあれこれを母、主婦、女性目線で直撃レポートします。一緒にシンガポールライフを楽しみましょう♪
この記事を書いた人
眞方アナの教えて!シンガポール vol.17