編集部ブログ 仕事・生活情報 眞方富美子

image
2020月11月9日(月)

シンガポールの住宅事情〜ヤモリ対策〜

シンガポールに住んで1か月。

隔離施設滞在中に部屋にアリが大量発生するという衝撃的な経験をしてから
シンガポールの生活にアリはつきものという理解があったので、
自宅でアリに遭遇するという現象にはある程度免疫がついていていました。
(隔離中に起きた”アリの大量発生事件”について書いた記事はコチラ<外部リンク>です)
・・・が、問題はヤモリ

我が家に訪れたヤモリ
音も立てず、どこからともなく気付けばそこにヤモリーヌ…foot.gifsweat01.gif
一体どこから入ってくるんだろう。最初は不思議でした。
我が家の場合、原因の一つは玄関のドアの底にできている隙間🚪でした。

ドアの底に隙間…

ここから家の中に忍び込んでいた…ヤモリからすれば迷い込んでいたのですsweat01.gif
日本ではヤモリ“家を守る”縁起の良い生き物だと
昔から言われているし、
害虫を食べてくれる大切な存在でもあるし・・・
というのは理解しているものの、
やっぱりできれば出会いたくない!!!
ヤモリからしたってこんな巨体(ニンゲン)に会いたくないよねcoldsweats01.gif??
もちろんヤモリ撃退スプレーやゴキブリホイホイのようなヤモリにトラップを仕掛ける商品
存在するけれど、なるべくならヤモリを傷付けずに自然に出会わないようにしたい!

ヤモリ対策関連商品の例

友人に相談したところ、良いアイテムを教えてくれました!
「door bottom seal」
インターネットで検索するとネットショピングLazadaなどで色々関連商品が出てきますし、
シンガポールのホームセンター
selffix D.I.Y
というショップに行くと
いくつかの種類が置いてあります。

MRTサマセット駅近くのSelffix DIY Centre Point

大きく分けて底がブラシになっているものとなっていないものと2種類ありましたが、
ブラシタイプじゃない方がよりお手入れ楽なのでわたしはそちらを選びましたicon_smile.gif

左側がブラシ付き、右側がブラシ無し

 

もし、これから購入したい!という方、購入する前にしっかりドアの幅🚪を測っておく事をおすすめします

幅より短いものを買ってしまうと結局隙間ができて意味がないので、ピッタリの物がない場合は長めの物の方がベターです!サイズに合わせて簡単にハサミで切り落とせます✂️shine.gif

シールを剥がしてドアの底にペタっと貼れば、あっという間に完成icon_lol.gifsign01.gif

Door Bottom Seal を貼ると床までしっかりガードされ隙間が無くなりました♪

これを貼ってからは今のところ部屋でヤモリは見かけていません。ゴキブリも!
まずは一安心。
しかし、対策としてこれはほんの一例です。
家の中でヤモリに遭遇した人たちから出没情報を聞いていると、エアコン周りや換気のために開けるシャワールーム(風呂場)の窓など様々なところにヤモリが出入りできるような場所がありそうですsweat01.gif
今後こういった場所のチェックをしながらヤモリを家に寄せ付けないようにする対策が必要だと思いました。
在星歴が長い皆さんはどんな対策をしていますか?
シンガポール🇸🇬で新生活を始めた方や
同じような内容で困っている方々の役に立つ情報になれば嬉しいですhappy02.gif
眞方富美子
夫の駐在帯同で2020年9月、3歳目前の息子を連れて初のシンガポールへ。2週間の隔離施設滞在を終えて、ようやく始まった新生活。鮮やかな花に彩られ、独自の文化を持つ魅力いっぱいのこの国で知りたいことが沢山!お得な生活情報、グルメ、美容、子育て……、日々の暮らしで気になるシンガポールのあれこれを母、主婦、女性目線で直撃レポートします。一緒にシンガポールライフを楽しみましょう♪
この記事を書いた人
眞方アナの教えて!シンガポール vol.3