MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

Hijupが切り拓くジャカルタのムスリマファッション

by あるま クルーニー,木曜日

  • 2016年11月17日

君はキレイになった….

 

お久しぶりです!ムスリマ研究家のオマールです。
(※ムスリマとはイスラム教徒の女性のことを指しています。)

 

 

先週3年ぶりにジャカルタを訪れ感じたのが
道行くムスリマの女性達が「オシャレ」に「キレイ」になっていること。

あんまりじっと現場を観察していても「Mata Keranjan (ちょっとスケベね)」っぽくなってしまうので、ジャカルタのムスリマのトレンドをサービスの発展から見つめてもいいかしら?

 

 

ムスリマ女性のトレンドの変化を劇的に変えたのはやはりこのサービスの台頭でしょう。

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-%e5%8d%88%e5%be%8c10-50-07

 

 

「Hijup」

https://www.hijup.com/sg/

 

HijupはDiajeng Lestriが、2011年に立ち上げたムスリマ向けに特化したファッションEコマースサイト。
ターゲット層の女性は10代ー40代で国内ムスリマデザイナーとコラボしてののファッションブランド。ハラール化粧品で有名なWardah、スカーフ、バック、アクセサリーなど86以上のブランドのほか、ムスリムファッション雑誌や本など含め約1000以上アイテムが紹介されているのよ。

 

Hijupのサービスで特徴的なのが、ムスリマファッションのネット販売だけでなく、ヒジャブの巻き方の最新トレンドを配信したり、ムスリムモデルコンテストを定期的に開催したりと、イスラム女性市場の需要創出を積極的に展開していること。そんなサービスが出来たことで、ムスリマ女性の財布の紐も大開花♪

 

 

私の友人が運営しているムスリマショップのお店も1着5万円から10万円ほどのスカーフが飛ぶように売れています。

 

【Bawalの製品はSwalovskiのビーズ宝石が散りばめられてすごく綺麗!!】

 

bawal

Bawal Exclusive
http://bawal.com.my/

 

 

イスラム的な美徳を守って、オシャレを楽しみたい女子の潜在需要は大きいわね。一ファンとして今後のHijupの東南アジア市場、中東市場への展開が楽しみ〜♪

ページトップへ