MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新記事

大人の習い事 陶芸にハマる!

by ボースン

  • 2018年5月17日

みなさん、こんにちは sun.gif

お酒は大好き!!しかし弱い・・・という悲しい体質。

最近は、ビール1杯で普段はなりを潜めている「お調子もん」の別人格がスパークしてしまっている、らしい。

その姿を見た同僚まりんこすから「夢に出てきた」という理由で「夢子」と命名され、ぐうの音も出ない証拠動画を突きつけられ、「次回からは気をつけよう、次回から」と小さく反省する木曜日担当のボースンです。

 
 
 
さてさてさて。
いつもは地味すぎて震える生活を送っている私ですが、ふと思い立って陶芸を習ってみることにしました。
 
 
 
 
 
 
ここに決めた理由は、先生の作品がとてもすてきだったから!
あとは家からのアクセスが良かったことや、定員6名という少人数制も大きなプラスでした。
 
場所はホランドビレッジ駅から徒歩3分。 雰囲気の良い一軒家が並ぶエリアにある工房は、看板を掲げているわけではなく、知らなければ通り過ぎてしまうほど。
 
 
 
2018-05-17 15-1.58.53_preview
 
 
 
週1回x4週間の初心者向けのクラスでは、最初の2週で土練り+ろくろを使っての成形、残りの2週で削り(トリミングや高台作り)、釉薬がけまでの基礎を習います。
 
作りたいもののイメージはいくつかあったものの、最初のうちは出たとこ勝負というか、なにかしらの形になったらラッキーぐらいのライトな気持ちで挑むべし。
 
 
 
2018-05-15 16.34.25
 
 
 
先生はとてもチャーミング、そして穏やかで優しい女性。最初の「土練り」でいきなり躓いた劣等生の私を見捨てることなく、舌打ちもせずicon_wink.gif、何回も丁寧に教えてくれました。
 
ちなみに、クラスは英語で行われますが、先生は日本に留学、創作活動をしていたことがあるので日本語が話せます。困ったときは日本語で会話ができるのも心強いポイント。
 
 
 
2018-03-31 12.31.42-1_preview
とりあえず、なにかができた♪
 
 
 
陶芸というと、心を落ち着かせて静かに作るものという印象がありますが(実際はたぶんそう)、慣れないうちは余計な力が入ったり、なかなか言うことを聞いてくれない土との熾烈な戦いを繰り広げることになるので、工房を出るころには汗だく&ぐったり(工房は半屋外ですsweat01.gif)。
 
土練りの翌日には筋肉痛になるくらいのハードな一面も併せ持っているので、爪はもちろん、メイクもミニマムに留めておくのがベターです。
 
 
 
2018-05-15 16.35.31
素焼きした後
 
 
 
2018-05-15 16.36.21
釉薬がけ終了
この時点ではできあがりを想像できず、「もしかして、やっちまったんじゃないか?」感でいっぱい
 
 
 
本焼きが終わり、ついに完成品とご対面〜!!
 
 
 
2018-05-15 16.05.24
なかなかよい、くるしゅうない
 
 
 
4週間の初心者クラスの料金は$300。
類稀な才能が開花するわけでもなさそうな私が趣味として続けるには決して小さい出費ではないけれど、がんばった時間が形として残るのはとても楽しい。理想的な焼酎カップ(ペア)ができるまで、もう少し続けてみようと思っています。
 
 
興味がある方は こちら をチェックしてみてくださいね。
 
 
それでは、またいつかの木曜日に。
ごきげんよう paper.gif

ページトップへ