MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最新記事

みちのくひとり旅 in 盛岡

by ボースン

  • 2017年11月30日

みなさん、こんにちはsun.gif

風邪の諸症状をかれこれ2週間ほど引きづっている木曜日担当のボースンです。

 

 

本日ご紹介するのはこれっ!!

 

 

写真 2017-11-18 9 39 54_preview

 

 

燦々と光り輝くゴージャス極まりないイクラさん。

もはやアートですheart.gif

 

詳細はブログ終盤にて。

いざ待て!

 

 

 

 

という訳で、犬と旦那をシンガポールに残して久しぶりに日本への一時帰国。11月のとある日、はやぶさに乗って盛岡に行ってまいりました。

 

 

写真 2017-11-18 17 41 57_preview-1 写真 2017-11-18 17 45 37_preview

 

 

盛岡名物といえばわんこそばじゃじゃ麺、そして盛岡冷麺

まずは、地元の人にも人気(駅前喫茶店のマスター談)らしい盛楼閣で腹ごしらえ。

 

 

写真 2017-11-18 17 40 38_preview

 

 

辛口を注文するも、拍子抜けしてしまうほど辛くない。

麺は予想以上にモッチモチのムッチムチ、あまりの弾力に噛み疲れてしまうほど。あっさりしているけれど、コクのあるスープを絡めていただく盛岡冷麺は美味しゅうございました。

 

 

 

お腹が膨れたら、盛岡をサクッと観光。

盛岡市内はどこまで行っても運賃100円の巡回バス「でんでんむし」で移動しました。

 

 

写真 2017-11-26 11 30 06_preview 写真 2017-11-26 11 36 41_preview 写真 2017-11-29 20 30 25_preview

 

 

東京駅と同じ辰野金吾が設計した旧盛岡銀行や、南部鉄器を扱う釜定、カゴ・ざるなら!のござ九・森九商店をまわり、狙っていた南部鉄器の鳥の置物とざるをお買い上げ。

 

 

写真 2017-11-30 14 37 08_preview 写真 2017-11-30 14 37 51_preview-1

 

 

その後は自家焙煎のコーヒーをいただけるクラムボン(ブレンドは苦味とコクのバランスが最高です!)、宮沢賢治の「注文の多い料理店」を出版した光原社に隣接した可否館でひと休みし、向かいのモーリオにて鎌倉土産のクルミッ子よりも素朴な味わいのくるみクッキーを購入しました。

 

 

写真 2017-11-29 21 05 19_preview 写真 2017-11-18 18 56 34_preview 写真 2017-11-29 20 02 47_preview

 

 

なんとなく、盛岡は長野県の松本に雰囲気が似ているな、という気がします。

城下町、きれいな川、民芸品や雰囲気が良い喫茶店があるというなんともアバウトな共通点だけれども、ゆったりとした時間が流れているところがそう思わせるのかも。

 

 

 

 

初の東北、せっかく盛岡まで行くのならゆっくり温泉に浸かりたいと思い、一人でも泊まれる温泉宿を事前にリサーチ。プチ贅沢な料金でおなかも心も大満足な旅館を予約しました。  

 

 

 

 

そこは・・・

安比八幡平の食の宿 四季館 彩冬                          

 

 

 

 

盛岡駅からIGRいわて銀河鉄道で約1時間、のどかな風景をボーッと見ながら最寄駅の赤坂田駅に向かいます。

駅から旅館までは徒歩でも15分程度だそうですが、到着の1時間前までに連絡を入れれば車で迎えにきてもらえます。

 

 

写真 2017-11-18 19 01 22_preview 写真 2017-11-18 19 02 58_preview 写真 2017-11-30 0 13 48_preview      

 

赤坂田駅周辺は「あら、何もない」という印象でしたが、館内には足湯処、地元の情報誌を読みながら自家製の甘酒やコーヒーがいただける寛ぎ処、水の流れる音に癒されるラウンジなどがあるので退屈することはなく、むしろワクワクしながら探索しました。

 

 

写真 2017-11-19 21 19 11_preview 写真 2017-11-19 21 24 10_preview 写真 2017-11-18 19 14 48_preview

 

 

館内はどこもとても清潔に保たれていて、ステンドグラスや、かわいらしく温かみのある小物が至るところに飾られていてとっても和みます。

 

 

写真 2017-11-19 21 23 27_preview 写真 2017-11-19 21 21 56_preview 写真 2017-11-29 20 37 44_preview 写真 2017-11-29 20 36 54_preview 写真 2017-11-11 8 16 50_preview      

 

 

特別室は禁煙ですが、愛煙家には嬉しいいっぷく処もありますよ。

 

 

写真 2017-11-19 21 24 35_preview

 

 

ひとり旅ということもあり、予約したのはエコノミー客室。

8畳のこじんまりとしたお部屋ですが、ひとりで過ごすには十分。エコノミー客室の中で101のお部屋にはトイレ、洗面台、(今回は使いませんでしたが)お風呂もあるので不便に感じることもなく、快適に過ごせました。朝晩は気温がグッと下がるので外には1度しか出ませんでしたが、小さなお庭はなんとも落ち着く場所でした。

 

 

写真 2017-11-29 20 36 06_preview 写真 2017-11-18 19 04 08_preview 写真 2017-11-18 19 12 29_preview

 

 

温泉の写真はありませんが、大浴場、露天風呂、貸切風呂があります。

内湯にぬるめと熱めの2種類のお風呂があるのは、熱いお湯が苦手な私にはとても嬉しいポイントでした。

 

 

 

この旅館を選んだ理由はいくつかありますが、その1つがお料理の評価。予約サイトのクチコミや個人ブログをいくつか見ましたがどれも評価が良く、それを見て即決したほどです。そしてお料理だけでなく、スタッフのみなさんがいかにもマニュアル通りという接客ではなく、気さくに親切に接してくださることもこの旅館が人気の秘訣なのだと思います。

 

 

 

それでは、高評価のお料理に移ります。

夕食は基本の懐石(エコノミー客室用)からスタート。まずは盛岡の地ビールで乾杯です。

それぞれが小さいポーションながら、先付、酢物、前菜、造り、吸物、煮物、揚物と続き、この時点でお腹は八分のラインを越えました。

 

 

写真 2017-11-18 19 06 43_preview 写真 2017-11-18 17 47 00_preview 写真 2017-11-19 21 26 09_preview

 

 

だけどここからが本番!

選べるメイン料理4品が次々と迫って来ます。

 

 

写真 2017-11-18 17 48 24_preview 写真 2017-11-18 19 10 57_preview 写真 2017-11-18 19 10 01_preview 写真 2017-11-18 19 04 58_preview

 

 

左から前沢牛サーロインステーキあわびの陶板焼き八幡平サーモン陶板焼き杜仲茶豚豆乳しゃぶしゃぶ

 

どれも本当に美味しかったです!

 

美味しいものをたらふく食べたい方は絶対満足すると思いますが、夜はお酒を片手にちょこちょこつまみたい年齢に差しかかった私には、正直言うとちょっと辛いものがありました。軽めのものと組み合わせられるような選択肢があれば嬉しいな。

 

 

 

そして翌朝。

朝ごはんはビュッフェスタイルですが、野菜たっぷりの惣菜が並んだテーブルを見てテンションが上がります。

素朴な田舎の朝食とありましたが、これこそが何よりのご馳走でした。

 

 

写真 2017-11-18 17 49 30_preview

 

写真 2017-11-18 17 50 00_preview 

 

写真 2017-11-18 17 51 05_preview

 

写真 2017-11-18 9 39 54_preview

 

 

1杯目は雑穀米、2杯目は白米(ひとめぼれ)にイクラをザザーッと乗せていただきました。これがもう至極のときでございました。

 

美味しいごはんを誰かに作ってもらい、後片付けや次の日の仕事や家事のことを考えずにただただ怠けること・・・たった1日ではありましたが、リラックスした時間を過ごすことができました。

 

機会があれば今度は新緑の季節に、盛岡のまた違う一面を見に来たいと思います。

 

 

 

盛岡まんぷくの旅に興味がある方は、ぜひウェブサイト↓をチェックしてみてくださいね。おすすめですぞ!!

 

四季館 彩冬

岩手県八幡平市赤坂田254-9

Email: info@saito-appi.jp

Web: http://saito-appi.jp/index.html

Fb: @shikikansaito

 

 

 

長々と失礼いたしました。

それでは、またいつかの木曜日に。

ごきげんようpaper.gif

ページトップへ