MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

 エンタメ・イベント page2 

タンジョンパガー商店街キャンペーン始まる!

/ by アブドラ・キャサリン

  • 2018年4月28日

まいど アブドラです。

なんか南国らしい暑い日がつづきますな~。

皆さん安生やってはりますか~

さて、タンジョンパガー、ラッフルズプレイスあたりに

務めてらっしゃる方はもうマンゴスティンクラブの姉妹紙「WAttention」

をご購読いただいた手ご存知かもしれませんが、今年も「タンジョンパガー商店街」

キャンペーン始まりました。

1

あれ、せっかくとった写真縦にならへん。

悪いけど頭まげて読んだって~。

で、なんでこんなんやってるかというと、

マンゴの姉妹紙の「WAttention」(隔月で4万部発行)では、シンガポールの方に日本や、シンガポールでの「日本」を紹介しているんですな。

その一環で、わが社がお世話になっている「タンジョンパガー」を盛り上げるべく昨年から開始しているのが、このタンジョンパガーを商店街に見立てた「キャンペーン」なんですな。

 

商店街といえば、→コミュニティー→コミュニティーの楽しみ→お祭り→福引

ってなわけで、マンゴステインクラブ&WAttention同時企画で、「スタンプ集めて楽しい福引キャンペーン」を始めたわけです。

自分でいうのもなんですが、景品結構すごいですよ。総額9千ドル以上ですな。(まだ増えます)

日本行きのペア航空券、旅行バウチャー、日本製360度開くスーツケース、レストランバウチャー、お酒等

楽しみですね。

ちなみに、タンジョンパガー周辺はこんな感じ

2

参加店の詳細はこんな感じ

3

一足お先に、WAttentionでは特集でプロモなどもご紹介してます。

5月5日にはマンゴでも解禁するのでぜひFBや雑誌で

情報収集して下さいね。

新しく始まったマンゴスティンクラブのライン情報というのも

あるらしいので、キャンペーン期間に登録すると、1回6月1日から7日までの福引期間内に、1回無料でくじがひけるんだとな~。

これで、航空券とか、レストランバウチャーとか当たっちゃったらどーします。

 

さー、ぼーっとしてないで、まずはタンジョンパガーで、お買い物~。

 

ほな、お後がよろしいようで

 

どうしてももっと知りたいという方は、マンゴスティンクラブの姉妹誌のWAttentionのFBをみてくださいな。

ちなみに、マンゴスティンクラブも、ウエブの右隅のほうに、

ウエブ版があるので、手元に雑誌がなくても、それで写メすれば、大体のプロモは使えるんですよ。

では~ ほんまに 失礼しますぅ~。

 

 

 

アブ

 

スーパー・ブルー・ブラッドムーン見た?シンガポール 天体ショー

/ by アブドラ・キャサリン

  • 2018年2月2日

まいど アブドラです。

安生やってはりますか?

 

1月31日の朝、いつも通りNHKさんを見るとはなしにつけておりましたら、素敵なアナウンサーさん(お天気お姉さんだったか?)が、「今日晴れていたら皆既月食が10時ごろ見れるようですよ」となにやら言ったようなので、耳をダンボにして聞いておりましたら、どうやら満月で皆既月食という絶好のコンディションではあ~りませんか?

 

 

確か日本との時差は1時間なので・・・、でも緯度が違うから、どうなん?と思いながら

ワクワクして会社に行くと、元天体部の「ちぇるちぇる」が、「アブさん今日見れますね?」と嬉しそう。

なんでもお友達の家で、お月見するそうな。 いいーなー私も望遠鏡で見たーい。

 

 

シンガポールでは、一般に望遠鏡での観察会を開いているサイエンスセンター、ギャラクシーセンターの2か所で望遠鏡で観察することができるのですが、今日は平日、おりしもアブドラ2世のテストも近づいているため、せっかくの機会なのに自宅で観察することにしました。

 

 

事前に知っているのは、たぶん9時半ぐらいがマックスか?といううろ覚えの予想。

携帯で撮ってみたことこ、肉眼と違って、ぼんやりしすぎてがっかり。

 

 

でも、ちぇるちぇるが望遠鏡を通して撮った写真を譲ってくれたので、公開しますね。

 

1)月食になって  2)もっと月食が進んで 3)ブラッドムーンになるとこ 4)ブラッドムーンになったとこ

 

 

image1

 

 

1  image2 image3

 

さすが、望遠鏡使うと、肉眼で見たのに近い感じの映像ですね。ありがとうちぇるちぇる。

今度流星群とか見に行こうね。

 

 

で、せっかくの機会なので、宿題をしているアブ2世にも、とりあえず来るように何度も誘ったのに、「宿題の方が大事、邪魔しないで」とのこと。

 

一見至極まっとうなお返事に、「いいから来なさい」と言えず。

 

一人鑑賞会をしていたら、ご近所の方も、わらわらといらっしゃいまして、妙な連帯感が漂いました。(だって肝心のブラッドムーンが雲でよく見えなくなったりしたから、やきもきしましたね)

後で知ったら、今回は皆既月食と、満月がひと月に2度訪れる「ブルームーン」が重なった上に、満月が地球に近い位置にいることから通常より大きく見える「スーパームーン」が同時におきたようですね。

 

 

皆既月食の次の日、昨夜とは打って変わって、快晴の夜空に、ほぼ満月がかなり大きく出ていたので、寝る前のアブ2世の機嫌を伺いながら、「お月様大きくてきれいだから見てみようよ」と誘ったところ、大感激しておりました。

 

 

昨夜は、つれない返事だったので、「大自然に対する畏敬の念がないんか!」とイラっとしていたアブドラですが、親子仲良く月夜を眺めておりました。

 

すると、満月の光に照らされた、月の周りの雲が、虹色に!

 

 

こんなことってあるんですね~。皆既月食は見れなかったけど、こういう自然の作った奇跡のような瞬間を覚えていたくれたらいいな~と願ってやまないアブでした。

 

 

※だから親のゆうことはとりあえず聞いとけゆーてんねん。月食には後5分は効かへんねん。時計はあんたのためだけに回っとんじゃないんやから、親が「これはチャンスやでー」ゆうたら、とりあえず耳かしとって。

 

 

※次の皆既月食は10年後ぐらいだから、お母さんとかじゃなく違う人と見てるんかな~、等と複雑な気持ちになりました。

 

 

はあ、心の叫びを吐き出しました。

 

 

最後にシンガポールで星を見たい方へ、情報を下記に記載します。

 

 

ぜひ興味のある方、こんな都会のコンクリート&ガラスジャングルのシンガポールですが、ぜひ宇宙を感じで見てください。

 

※サイエンスセンター

http://www.science.edu.sg/Pages/SCBNewHome.aspx

※ウッドランド ギャラクシー CC(最寄り駅アドミラリティーのコミュニティセンター内です)

https://www.onepa.sg/cc/woodlands-galaxy-cc

 

ほな、おあとがよろしいようで。

アブ

 

 

Ramen Revolutionのインスタ始めました~!

/ by アニー

  • 2018年1月15日

こんにちはー。

 

アニーです。

 

大のラーメン好きが高じて昨年はシンガポール初の野外ラーメンフェス「Ramen Revolution 2017」を開催し、

 

こちら、イベントレポート↓

 

 

今年もイベント第二弾が無事決定しそうです!!

 

それに先立ちまして、インスタ始めました~

 

rr ig

 

@ramenrevolutionsg

 

まだ始めたばかりですが、アニーがマジで実食したものばかりをお届けしています~

 

フォローしていただけると嬉しいですlovely.gif

 

アニー

財布を盗まれた?!教訓をシェア!!

/ by Skye

  • 2017年10月1日

f1

 

先々週末はF1一色でしたね!!

 

私も日本から友人が来たので、

 

3日間毎日行ってきましたよー♪♪

 

f2

 

Baygrand standという、

ザ!シンガポールな景色を見渡せる席にて観戦!

 

今年はスタート直後に事故などもあり、

大いに盛り上がりました♪ 

 

初めてF1観戦した友人も大興奮!!

 

f3

 

個人的にはこのお店のケバブが

めちゃ美味しかったです♪

 

f4

 

 

Suntec Cityに展示されてる生のF1カーも

見に行きましたよ♪

 

 

ライブも大満足なラインアップで、

最高の思い出になりました!!

 

 

 

っていう感じで終われればよかったのですが。。。

 

 

 

 

なんと友人の一人がF1会場で財布を紛失。。。

 

 

 

 

その時の状況から落としたり無くしたり

するような感じではなかった為、

 

盗難の可能性が高いと判断。

 

 

 

ちょうど友人は鞄を新しく変えたばかりで、

そういう時にこういう事って起こりやすいんですよね。なぜか。

 

 

 

 

とりあえず落とし物コーナーへ。

 

「財布上がっていませんか?」

 

と聞いたら1個も上がっていませんでした。。

 

 

こんなでかい会場で、1つも!!!

 

 

 

 

さすが海外ですね。

 

日本とは違います。

 

 

 

 

結局警察にも被害届を出しに行ったのですが、

今だに見つかっていません。

 

 

 

シンガポールはとても安全な国なので、

 

私の身の回りでこれまで

盗難被害にあったことがある人は全然いませんでした。

 

 

でもF1は世界中から観光客が来るので、

状況は違う、ともっと強く認識すべきでした。

 

 

財布落として戻ってくる奇跡的な国は

世界でも日本くらいでしょう。

 

 

海外に旅行する際や、こういう大きなイベント時は要注意です!

 

 

 

ちなみに、私も昔海外旅行中に財布を盗まれたことがあります。

 

 

 

財布を無くすと、一番先に心配するのは何でしょうか?

 

ほとんどの人はカード類じゃないでしょうか?

 

私もそうでした。

 

 

 

 

でも、発見が早ければクレジットカード類は

電話一本ですぐ止められます。

 

カード会社も慣れているので、

すぐ手続きをしてくれ、大体翌週には新しいカードが届きます。

 

なので、実はそこまで心配しなくて大丈夫です。

(もちろん使用限度額などを設定しておくことは大前提ですが。)

 

 

 

 

実は、一番怖いのは、

 

何が入っていたか覚えていない

 

という状況なんですね。

 

 

 

 

 

 

財布にパンパンにカードを入れていませんか?

 

 

 

 

 

 

覚えていれば、すぐに色々手続きできますが、

覚えてないと、何も出来ません。

 

 

 

 

あと、意外と色々と面倒臭いのは、

身分証や資格証明カードの再発行ですね。

 

 

クレカと違って電話一本で、というわけにはいきませんので、

証明書によっては、大使館や学校や、該当施設に足を運び、

一から全部書類を準備して手続きし直すことになります。

 

 

 

カードの枚数が多いと、本当に時間も労力も取られ、気が遠くなります。

中には再発行に料金がかかるものもありますしね。

 

 

 

なので、そういうカード類は財布の中に入れず、

別途まとめて持ち運ぶことをお薦めします。

 

 

ちなみに今回の友人はICカード以外の会社のIDや資格証明カードは

ストラップ付きカードホルダーに全部入れていて、

自宅に置いてきていた為、無事でした。

 

余計なものをイベント会場に持っていかない、というのも大事!

 

 

 

昔は財布を盗まれたら、中に入った現金を心配する人が多かったと思いますが、

最近はカードでどこでも支払えるので、

財布の中に多額の現金を入れている人も少ないでしょう。

 

 

 

今回、本人が一番ショックを受けていたのは、財布自体!!

高級ブランドの新しい財布だったんです。。

 

 

カード類は再発行できますが、

無くした財布は戻ってこないですからね。。

高価な財布を持つのも考えものです。。

 

 

 

 

ちなみに今回友人が無くしたのは、以下。

 

シンガポールのICカード(再発行には100ドルくらいかかる)

クレカ2枚(電話で即ストップ、翌週再発行)

スタバカード(お店に行ったら、すぐに再発行手続きしてくれた)

現金80ドルくらい

 

 

現金も100ドル以下だし、カードも少なくすぐ再発行できたので、

新しい財布を無くしたという点以外は、割とラッキーだったと思います。

(ICの再発行料は痛いですが。。。)

 

 

 

というわけで復習!

 

 

①財布の中のカードは最小限に!

 

②財布に身分証や資格証明証は入れない!

 

③多額の現金を持ち運ばない!

 

④海外旅行や大きなイベントに行く際は、普段使っているブランド財布は持っていかない!

(私はどうでもいい財布やポーチにいつも入れ替えてます。)

 

 

 

 

以上です!

 

皆さんも十分お気をつけください。

 

 

 

 

Skye

 

 

アートな休日のおすすめ(草間彌生とChildren‘sBiennale)

/ / / / by アブドラ・キャサリン,卒業生

  • 2017年6月11日

まいど アブドラです。

何やこのところ妙に暑っうありませんか。

全然痩せへんけど。

 

 

まいどマンゴ名物の写真無しブログの始まり始まり。

(いっぱいとったんやけど、なんかうまくダウンロードできへんねん。すまんのー)

さて、気を取り直して、6月に入って子アブはローカルスクールなので、すっかりホリディ気分ですわ。

 

宿題あるんだかないんだか、いまいちようわからんけど、日本みたいに自由研究とかやらせへんのが不思議。

 

めっちゃIT偏重なのに、理系強いはずやけど、なんかこう地に足がついてない感じがするんですわ。

シンガポールの教育って。

 

小学生の理科なんて、生命っておもろいな思ったら、儲けもん。命大事やからあんたも頑張り、というついでに命をつないでる親をもっと尊敬しーへん?

そこが教育の肝やろうと思うんですが、休み前の科学のテスト問題見てアブドラ驚きました。

だって問題が論理的過ぎて、子供気なさすぎ。

 

具体的に言うと、ガラスの蓋をした水槽に、バッタがおったげな。好物の草と水があったけど、2日後に天に召された。なんでやねん?

というような問題。おかしいやろ。シンガポールでバッタ、うちの子見たことないで~。北海道で見たっきりちやうの。

答えは空気が足らんようになったからやけど、かわいそうやね。殺す前に助けたって。

 

 

ほかにも、砂漠にダチョウを持ってきたら死によった、なんでやねん?というようなシュールな問題が続々と、論理的考察力を伸ばすためか知らんけど、せめて助けるためにどうしたらええかとか問いかけかけたって。

 

ほんまは、空気や水がなくて死ぬんやから、空気、水とか大切にせなあかへんな。資源も大切にして空気を汚さんようにせなあかんから分別って大事やなとか、そっちにいかなあかんちゃうのー。

 

と、成績は棚に置いておいて、ホリディ前に「このままじゃ頭でっかちの子になってしまう」と危機感を勝手に強めたアブドラは、今年の週末は鬼のごとく、「科学体験、自然に触れ合う、芸術に触れさせて感性を刺激する」をモットーに課外活動にいそしんでおります。

 

 

その一環で最近足しげく通っているのはシティーホールにある「National Gallery Singapore」。

かつての国会と、裁判所の建物を使った巨大アートスペースは一日ではちょっと回れへん。

そんな素敵空間で、なんと10月8日まで子供のためのアート祭が開かれております。

 

しかも先週からは日本を代表する草間彌生さんの東アジア初の個展も開催。草間さんの作品でもめった外に出ない作品も多く、見ごたえありますよ。

 

草間さんの特別展以外のエリアでも、チームラボさんによるバーチャルお絵かきやら、物語のお部屋など

子アブがエキサイトして動かず、アブドゥーラ氏がたまらず、外のベンチで爆睡しだすといった有様。

手作りのお花が青いお部屋で迷路のようになってたり、ガラスの中橋の下をのぞいたり、いわゆるインタラクティブなアートが多く紹介されているので、子供を連れていくには最適な展示がありがたいです。

今回の草間さんの展示に合わせて、入り口で2ドルのシールを買うと、白い家具付きの部屋に、思い思いに様々な色や大きさの丸いシールを張れるアートエリアもあって、いつもはアート会場で手持ちぶたさにしているアブドゥーラ氏もセルフ撮りにいそしんでおりました。

 

ただ、草間特別展をメインに連れて行って、子アブの人生にどれぐらい影響あるだろうと思ってわくわくしていたのに、帰りに「今日何が一番好きだった?」と聞いたら、「とんかつ!」と言われ意気消沈しているアブドラです。

 

子アブの感性を磨く旅の道のりの遠さに、アブドラと頑張って荷物持ってくれてたアブドゥーラ氏は寡黙に家路を急いだのでした。

 

でも、この美術館のすごいところは、金曜、土曜、祝日の前の日はいつも7時の閉園時間がなんと10時までになること。

 

あと、草間さんの特別展の期間中に、1回のカフェで、代表作のかぼちゃにちなんだメニューなどが食べれること、傘や靴下、ピンバッチなど作品にインスパイヤーされた商品も購入できること。しかも完成度が高いのに意外とお手頃価格。 ピンバッチや靴下などは売れきれたものもあるとのこと。

 

週末は何かと塾やら、行事やらでまとまった時間がとれないアブ家にとっては、ひとときの非日常体験を楽しめる貴重な場所です。

 

ぜひどうぞ。

 

ほな お後がよろしいようで。

アブ

 

 

 

 

 

   

ページトップへ