MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最新記事

ジャカルタ出張の際のグルメ情報

by セバスチャン

  • 2016年9月10日

こばんは、セバスチャンです。

 

先日ジャカルタに出張に行ってきました。

 

とにかく、生活環境、という点では、

シンガポールが恵まれすぎているので、

ジャカルタは仕事するだけで、

特にその他のことは期待していなかったのですが、

いやいやどうして。

 

今回は老舗のお店や新しいお店をいろいろと紹介いただき、

フリーマガジン屋としては充実した体験となりました。

 

鮨清(プラザセナヤン)

 

IMG_8617

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポールの野川、マレーシアの勘八、そしてインドネシアの鮨清。

東南アジア在住歴30~40年という、大御所、ご意見番の皆様からすると、

この3店舗が東南アジアにおける日本食レストラン黎明期を代表する店舗で、

日本食を広めた開拓者とのこと。

「熟成寿司」というブームが来る前から、当たり前のように、

ネタが美味しくなるタイミングを見計らいひと手間も二手間もかけて

供する寿司は、これを食べる為だけでもジャカルタに来る価値があると思わせる完成度。

余り詳しくは紹介できませんが、黄金アナゴや富山湾の白えびなどなど、素材も最高級。

 

千秋(フェアモントホテル)

 

IMG_8614

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体的に空間を贅沢にゆったりと使った造りが印象的な五つ星ホテル、

フェアモントの中に、料亭をそのままこしらえたようなレストラン。

割烹、寿司、鉄板焼き。特に鉄板焼きはプライベート感がある大小の

個室で楽しめるので、接待には最適ですね。

 

寿司カウンターでは、シンガポールの某店でも握っていた職人さんが

いるので、シンガポール話にも花が咲きます。

 

うな兆(プラザセナヤン)

 

IMG_8624

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドネシア産の養殖ウナギを世界に広めよう!ということで、

その第一歩目として「まずは食べてもらうこと」を目的にした鰻専門店。

驚くのは、ふわふわで肉厚なウナギのクオリティとリーズナブルな料金設定。

日本人料理人が鰻だけではなく、そのほかの一品料理からデザートまで

繊細に丁寧に作り上げていて、女性客も多いお店。

 

というわけで、次回からの出張が楽しみになりました!

ページトップへ