MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

アンコールワット!

by パロ

  • 2017年3月13日

皆さん、最新のマンゴスティン倶楽部3月号見ていただけましたか?今回の特集は「帰国前にしてよかった&されてうれしかったこと クチコミ総まとめ」。本誌元スタッフや人気ブロガーの皆さんのクチコミを元にシンガポールにいる間にしておきたいことをまとめた大特集です。

 

IMG_4840_R

 

その中にこんなコーナーがありまして…。アンケートを見ているとやはりみなさん在星中に近隣諸国をかなり旅されたようです。シンガポール在住の醍醐味ですよね!

 

私も今年こそ近隣諸国を全制覇しようと、まずは旧正月に念願のカンボジア、アンコールワットへ4泊5日で行ってきました!

 

1日目はホテルでゆっくりして、2日目は朝5時起きで、トゥクトゥクに揺られかの有名なアンコールワットの日の出を拝みに…。アンコールワット遺跡群のチケット売り場にまず立ち寄り、列に並び(たしか10分くらい)アンコールワット3日券を購入。その後まだ暗いうちにアンコールワットに到着し、ひたすら朝日を待ちました。じわじわ明るくなるにつれ、アンコールワットの輪郭が浮かび上がるようにじんわり出現します。朝焼けとのコントラストはなんとも言えない神聖さ!美しかったです…!

IMG_4542_R IMG_4565_R

 

旧正月ということもあってかかなり多くの人で賑わっており、スマホの明りが少しだけ気になりました…。後から聞いたのですがアンコールワットに向かって右側サイドの方が静かにみられる穴場なんだとか。

 

その後、一度ホテルに戻り朝食を食べて、アンコールトムをトゥクトゥクで見て回りました。ホテルはザ・プリビレッジ フロア@ロータスブランというところに泊まりました。

 

729491_15080715250033863157 

tropi-coco

poolside-coco-bar

※写真は公式サイトから

 

 

とある旅行サイトのセールで4泊2人でS$674と、旧正月にもかかわらず1泊1人約S$85だったので「値段なりかな…」と、あまり期待していなかったのですが、清潔だし、建物もかわいいし、ホテルの皆さんがホスピタリティに溢れとてもいい滞在になりました!何が一番よかったって、朝ごはん!1階レストランのビュッフェか、好きなものをオーダーできる2階テラスのどちらかを日替わりで選べます。“旅の楽しみは朝ごはん”と言っても過言ではない私、この絶妙な二つの選択肢がかなり気に入りました♡ プールも広くてバーのピニャコラーダ(旅先では必ず頼む!)もおいしかったので、かなりおすすめです!

 

3日、4日目はタ・プローム周辺の遺跡をトゥクトゥクで見て回りました。とにかく木がすごい!壁をも突き抜けて生えるその力強さに、感動しました。

 

IMG_4655_R

IMG_4623_R

IMG_4635_R

 

 

4日目の夕方には、アジア最大の湖、トレンサップを見晴らせるプノンクロムという山へ夕日を見に。25分ほど歩いて頂上についたときには曇っていて「これは見られないな…」と思ったのですが、雲と雲の合間に沈む貴重な一瞬を見ることができました!これだけでも来たかいがあった!待っている間にホスピタリティを学んでいるという地元の若者たちに茹でた蓮の実(椎実みたいでおいしかった!)を分けてもらったのもいい思い出…。

 

IMG_4839_R

 

パブストリートやナイトマーケットのあるシェムリアップ市街地も私はすごく好みでした。その一角にあるジェラートラボというところのジェラートがおいしすぎて、滞在中毎日通いつめました笑。アートのように傘が並べられたかわいい通りにあります♡

 

IMG_4586_R IMG_4595_R

 

 

そのほかフランスの植民地だったこともあり、フレンチもおいしかったですし、地元のクメール料理も新鮮でした!というわけで、やはりアンコールワットは噂にたがわぬ素晴らしさでした!次はマレーシアのキナバル山かベトナムのダナンに行こうと思っているパロでした★

 

 

 

ページトップへ