MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

最近のはまりごと~マンガ

by チャーリー

  • 2016年6月16日

子どもの頃、うちの母は本ならいくらでも買ってくれたけど、マンガは禁止で、家に一冊もありませんでした。

だから、従兄の家に遊びに行って、「巨人の星」(梶原一騎)を読み始めたらはまってしまって。面白かったな~

 

そして最近は、iPadでマンガをダウンロードして読むのがお気に入り。

 

 

先日一気読みしたのは、 「とめはねっ!鈴里高校書道部」(河合克敏)です。

帰国子女で、どこか抜けているけど書道の才能抜群の大江縁(ゆかり)くんと、柔道ではインターハイ優勝、でも書道が大好きになってしまった望月結希ちゃんが繰り広げる青春ドラマ。

 

望月結希ちゃんが、竹を割ったような真っ直ぐな性格で、とっても可愛いです。

 

blog manga photo1

 

部活の先輩たち、加茂ちゃん(上の絵、中段の右はじ)や三輪ちゃん(その隣)も、いい味出してます。

 

恋愛模様も描かれているんですheart01.gif

 

別の高校の書道部の宮田さんは大江縁くんが好き。

大江縁くんは望月結希ちゃんが好き。

望月結希ちゃんは、幼なじみの一条くんが気になる。みたいな。

 

私、「あすなろ白書」(柴門ふみ)世代だし、ドラマに男女のすれ違いや三角関係は欠かせないですね。「とめはねっ!」では、恋愛模様がちっともドロドロしていなくて微笑ましくて、それがとてもいいです。

 

 

blog manga photo 2

 

望月結希ちゃんは体育会系で、恋愛に疎く、かつ負けず嫌いなので、書道の才能溢れる大江縁くんに、ただただライバル心を燃やしているのも面白いicon_lol.gif

 

そして最終巻、大江縁くんの書道作品を見た時は、涙がじわじわっ、と、きてしまいました。

 

大人になってから書店でオトナ買いしたマンガは、「天上の虹」(里中満智子)と、「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子)の全巻。でも、本屋さんで買うの、ちょっぴり恥ずかしかった。

 

それに比べて、iPadでダウンロードすれば恥ずかしくないし、持ち帰るのに重いこともないし。

 

そして、iPadさえ持ち運べば電車の中でもすき間時間でも、いつでも読めますね。

 

でも正直言って、もしもシンガポールに住んでいなかったら、日本なら書店にコミックは並んでいるわけで、iPadでマンガ読もう、なんていう発想はなかったかも。

 

 

さて、次は何を読もうかな。「大奥」(よしなが ふみ)とか、「ちはやふる」(末次由紀)とか、読んでみたいな。

 

子どもの頃、禁止だったマンガ。ちょっと逆噴射してるかも coldsweats01.gif

ページトップへ