MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2020年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最新記事

こだわりぬいた子供たちへの贈りもの

by

  • 2018年3月10日

こんにちは。土曜日の梓です。

今月のマンゴスティン俱楽部はもう手にとって頂けましたか。

今月号が出たばかりですが、来月号の予告です。来月号は『子育て特集』です!

それに先立って、私が子供たちに選んだ贈りものの幾つかを紹介したいと思います~。

 

 

・アルビスブラン(Albisbrunn)積み木

 

私が一番こだわったおもちゃは、ずばり積み木です。

積木には集中力や想像力が育つなど様々なメリットがあり、昔からある最もクラシカルでシンプルなものだからこそ真剣に熟考しました。

積み木を選ぶ最重要ポイントは「正確さ」です。正確でなければ積み上げていくときにズレが出てしまうからです。

 

最初はボーネルンドの色がついた積木を検討していたのですが、色がついていると想像力を阻害すると後に読み、木本来の色と質感が楽しめるものを選ぶことに。

アルビスブランの積み木は『ブナとカエデの2種の木が用いられており、その自然な2色を使うことにより、遊びの幅も広がる』ですと!

バイカラーの積木はまさに私好み~。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

実はこれ、地元の友達数人が集まって一人目の出産祝いにと贈ってくれた大切なものなのです。

私がこの積み木を欲しいと指定したのですが、まさかこんな一番大きいセットを贈ってくれるとは思わず、ただただ感動。

このセット、中身は3段になっていて10キロはあります。まさに木の塊です。

 

 

・プラステン(PLUS10

 

これも積み木の進化版のようなものです。

5本の棒に5色のリングが10個ずつあり、積み重ねて模様を作ったり数を数えたり。

付属の紐とサイコロを使えば遊び方はもっと広がります。これも地元友達からの贈り物。

しかし子供が小さいときはあちこちに投げて転がって、何度家具の下に入り込んだことか。

その度にため息をついてだんだんイライラしていったものです。今も。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プラステン2

プラステン3

 

 

・ボルブスのゾウ

 

こちらはボーネルンドで親から贈ってもらいました。

見た目に可愛いだけでなく、遊び方も様々。ひっくり返してシーソーにしたり、横に倒して椅子代わりにしたり。

子供がハイハイの時は入ってほしくない部屋のドアの前においてふさいだりしていました。

夫が床に座りこの上にラップトップを置いて机代わりにしていた時はイラっとしましたね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

・机とイス

 

子供が1歳半くらいになった時にそろそろ机とイスが必要だと思い、クリスマスプレゼントとこじつけて贈りました。(まだその歳だと、何が欲しいとか言わないしね)

 

実はこれIKEA製です。

あまりここにお金をかけたくなかったのでIKEAで調達しましたが、チープな見た目が気に入らずペンキを塗ろう(塗って)と夫に提案(命令)しました。

もちろん塗るのは夫なので、あまり気が進まなさそうな夫とIKEAで喧嘩したのは嫌な、いえ、いい思い出です。

 

ペンキ屋に出向いて色を探すも既製品で気に入った色が見つからず、わざわざ調合してもらいました。

こだわり過ぎもいいとこです。自分でも疲れます。

 

これ、完成するのに3週間くらいかかりました。(夫が)

組み立てて、ベースを塗って一日乾かして、次にペンキを1度塗ってまた一日乾かして、2度目を塗って乾かして、としていたら、夫は週末しかできないのでそれくらいに。いやはやご苦労様。

 

今は落書きだらけの傷だらけになってしまっていますが、歴史が刻まれているようで思い入れの深いものです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

・ドナ・ウィルソン(Donna Wilson ) のお皿と人形

 

数年前に、英国人アーティストであるドナ・ウィルソンの小さな個展がスコッツスクエアの3階の「K+」という場所で開催されたときに購入したものです。

展示中は色んなアイテムの彼女の作品が置いてあったのですが、今は他の人の作品と一緒に数点だけ置いてあります。

 

彼女の作風は愛らしさとシュールさが共存する独特の世界観を持ったもので、動物や子供の何とも言えない表情が癒されます。

こちらのお皿は女の子の顔ですが息子用に買いました。いま娘用に猫の顔のものを狙っています。

私はプラスチック製の食器を子供にも使わないので、割られやしないかいつもヒヤヒヤしています。

なので子供はフォークでガチャガチャとお皿を突いたりしたら叱られることになります。可哀想ですね~。

ちなみに他の食器はいくつも割られています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

このコーデュロイ素材のキツネちゃんもお気に入りです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

・YellowKornerの写真とジョージネルソンの掛け時計

 

息子が4歳の誕生日に、おもちゃは十分にあるし特に買ってあげたいものがなかったので、写真を贈ることにしました。

日常からアートに囲まれる環境を作るってやつですよ。

 

購入先は「YellowKorner 」という、若手から著名作家まで幅広いラインナップのアートフォトを手頃な価格で気軽に日常に取り入れようと提案しているフランスのブランドです。

日本や世界中で販売されていて、シンガポールではIONの4階にショールームがありますが、ネットでも購入できます。

 

しかし、、、息子は特に気に入った様子でもなく。。。幻想的過ぎたか。。うん、キリンとは認識してる。

かなり自分本位な贈り物となりましたが。。。まぁ大きくなった時に記憶に残ればいいくらいの感じで。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

隣の掛け時計はヴィトラ社(VITRA)から出しているジョージ・ネルソン作の「Omar the Owl(オマー ザ オウル)」。

ジョージ・ネルソンは言わずと知れた著名なデザイナーですね。いくつもの素晴らしいデザインを世に送り出していますが、一般的には時計と照明のデザインが有名かと思います。

 

娘の出産祝いに何が欲しいかと地元友達に聞かれて、息子にそろそろ時計の概念でもと思いこれを指定しました。娘の出産祝いなのに。

 

有名な作品につきものなもの。それは盗作。

こちらの時計、数々の模倣品が出回っていて探せば簡単に4000円程度で手に入ります。

ぶっちゃけ言わなきゃ分からないくらい本物そっくりですが、本物志向の私はもちろん正規品しか手に入れませんよ。その正規品を製造しているのがヴィトラ社です。

縁起の良いフクロウに見守ってもらいましょう。

 

 

・ネフ社(NAEF)のレインボウ

 

こちらも積み木の進化版です。

虹色のアーチがとても美しく、色んな高度な遊び方があるようですが、どちらかというと飾っていても絵になるおもちゃとして、親に贈ってもらいました。

 

ピースの数はそれほど多くないのに割と高価なものなので、子供が遊ぶときにヒヤヒヤしたり、落とされたらイラっとする心臓に悪いおもちゃです。

因みにネフ社からも数々の素晴らしい積み木が作られています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

・ネフ社のマグネフ

 

こちらも上のレインボウと同時に親に贈ってもらいました。

外出時のちょっとした待ち時間(ご飯が出てくるまでとか車の中とか)の時間つぶし用です。

黒いボードの中にあるボールをマグネットのスティックで引き上げて、点や線を描いて遊ぶのですが、大人もハマる気持ちよさ。

小さいので持ち運びに便利で気に入っています。

 

ネフ社の製品は、フォーラムショッピングモール2階の「Playhao」という小さなお店に置いています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

これくらいにしておきましょうかね。

この世に粗雑なおもちゃはごまんとあるので、確かな目を持って選んでいきたいものです~。

 

ここに書きながら気づいたこと。

子供のためを思って与えていながら、よくイライラしてる私。。。

こだわり過ぎると人生損だわ。

ページトップへ