MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2020年8月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新記事

みんな大好き、メルベン!

/ by アニー

  • 2012年10月22日

こんにちは。月曜担当アニーですvirgo.gif

 

 

タイトルのメルベンですが・・・

 

 

これだけでピンと来た方いますか?

 

 

ちなみにメルセデスベンツの略ではないです。

 

 

メルベンとは・・・

 

 

メルベン・・・

 

 

メル・・・

 

 

 

 

 

 

ベベベベン!

 

ドーーーーン!

 

 ドーーーーン!

ドーーーーン!

 

 

そうです。

 

シーフード屋です。cancer.gif

 

泣く子もだまるメルベンといえばMellben Seafoodのことです。

 

 

シンガポールといえばチリクラブをはじめとした蟹料理が有名ですが、とりあえず初めての方はLong beachとかNo SignboardとかRed Houseとかお約束でよいと思いますが、アテンドするほうにしてみりゃどうせハサミのでかい部分はゲストにもっていかれるし、足の部分は食べづらいし、そのくせちょっと飲んで食べただけなのに簡単に一人$80とかいっちゃうし、自腹で行くにはちょっと気乗りがしない感じですが、このメルベンはそんな不満を持った在住者でも満足できるシーフード屋なのです

 

 

理由その1.

シグネチャーがチリクラブやペッパークラブといった定番ではなくCrab Bee Hoon(クラブビーフン)とButter Crab(バタークラブ)という、なんか在住者もはしゃげる内容である。

 

理由その2.

店自体がHDBの下にあり、ローカル感もたっぷりなので、特にシンガポール2回目以上の人から「え~こんなところあるの知らなかった~!」と喜びの歓声があがるに決まっているから結果アテンド側のポイントアップにもなる

 

理由その3.

 味もさることながら注目すべきはそのお値段。アニーは計3回ほど行きましたがいずれもたらふく食べて一人$30~$40くらいでした。がっつり飲んでも$50~$60とか。

 

 

多少不便な場所にあるし、いっつも待たされるし、メニューに値段が書いていなくてちょっとビビるけど、これも有名店ならでは。諦めましょう!じゃなくて、ちょっと早めに行きましょう!

 

 

クリーミィで濃厚なクラブビーフンがあなたを待ってますよcancer.gif

 

むふふ

 

Ang Mo Kio店
Blk 232 Ang Mo Kio Ave 3 #01-1222 
6285-6762
17:00-22:00

Toa Payoh店
211 Toa Payoh Lorong 8, #01-11 to 15
 6353-3120
Mon-Fri 13:30-22:45(L.O.)
Sat&Sun 15:00- 22:45(L.O.)

 

アニー

ページトップへ