MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新記事

スーパー・ブルー・ブラッドムーン見た?シンガポール 天体ショー

/ by アブドラ・キャサリン

  • 2018年2月2日

まいど アブドラです。

安生やってはりますか?

 

1月31日の朝、いつも通りNHKさんを見るとはなしにつけておりましたら、素敵なアナウンサーさん(お天気お姉さんだったか?)が、「今日晴れていたら皆既月食が10時ごろ見れるようですよ」となにやら言ったようなので、耳をダンボにして聞いておりましたら、どうやら満月で皆既月食という絶好のコンディションではあ~りませんか?

 

 

確か日本との時差は1時間なので・・・、でも緯度が違うから、どうなん?と思いながら

ワクワクして会社に行くと、元天体部の「ちぇるちぇる」が、「アブさん今日見れますね?」と嬉しそう。

なんでもお友達の家で、お月見するそうな。 いいーなー私も望遠鏡で見たーい。

 

 

シンガポールでは、一般に望遠鏡での観察会を開いているサイエンスセンター、ギャラクシーセンターの2か所で望遠鏡で観察することができるのですが、今日は平日、おりしもアブドラ2世のテストも近づいているため、せっかくの機会なのに自宅で観察することにしました。

 

 

事前に知っているのは、たぶん9時半ぐらいがマックスか?といううろ覚えの予想。

携帯で撮ってみたことこ、肉眼と違って、ぼんやりしすぎてがっかり。

 

 

でも、ちぇるちぇるが望遠鏡を通して撮った写真を譲ってくれたので、公開しますね。

 

1)月食になって  2)もっと月食が進んで 3)ブラッドムーンになるとこ 4)ブラッドムーンになったとこ

 

 

image1

 

 

1  image2 image3

 

さすが、望遠鏡使うと、肉眼で見たのに近い感じの映像ですね。ありがとうちぇるちぇる。

今度流星群とか見に行こうね。

 

 

で、せっかくの機会なので、宿題をしているアブ2世にも、とりあえず来るように何度も誘ったのに、「宿題の方が大事、邪魔しないで」とのこと。

 

一見至極まっとうなお返事に、「いいから来なさい」と言えず。

 

一人鑑賞会をしていたら、ご近所の方も、わらわらといらっしゃいまして、妙な連帯感が漂いました。(だって肝心のブラッドムーンが雲でよく見えなくなったりしたから、やきもきしましたね)

後で知ったら、今回は皆既月食と、満月がひと月に2度訪れる「ブルームーン」が重なった上に、満月が地球に近い位置にいることから通常より大きく見える「スーパームーン」が同時におきたようですね。

 

 

皆既月食の次の日、昨夜とは打って変わって、快晴の夜空に、ほぼ満月がかなり大きく出ていたので、寝る前のアブ2世の機嫌を伺いながら、「お月様大きくてきれいだから見てみようよ」と誘ったところ、大感激しておりました。

 

 

昨夜は、つれない返事だったので、「大自然に対する畏敬の念がないんか!」とイラっとしていたアブドラですが、親子仲良く月夜を眺めておりました。

 

すると、満月の光に照らされた、月の周りの雲が、虹色に!

 

 

こんなことってあるんですね~。皆既月食は見れなかったけど、こういう自然の作った奇跡のような瞬間を覚えていたくれたらいいな~と願ってやまないアブでした。

 

 

※だから親のゆうことはとりあえず聞いとけゆーてんねん。月食には後5分は効かへんねん。時計はあんたのためだけに回っとんじゃないんやから、親が「これはチャンスやでー」ゆうたら、とりあえず耳かしとって。

 

 

※次の皆既月食は10年後ぐらいだから、お母さんとかじゃなく違う人と見てるんかな~、等と複雑な気持ちになりました。

 

 

はあ、心の叫びを吐き出しました。

 

 

最後にシンガポールで星を見たい方へ、情報を下記に記載します。

 

 

ぜひ興味のある方、こんな都会のコンクリート&ガラスジャングルのシンガポールですが、ぜひ宇宙を感じで見てください。

 

※サイエンスセンター

http://www.science.edu.sg/Pages/SCBNewHome.aspx

※ウッドランド ギャラクシー CC(最寄り駅アドミラリティーのコミュニティセンター内です)

https://www.onepa.sg/cc/woodlands-galaxy-cc

 

ほな、おあとがよろしいようで。

アブ

 

 

ページトップへ