MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年11月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新記事

 ボースン 

喉にクゥーッとくる!!おすすめ【強】炭酸水

by ボースン

  • 2018年7月26日

みなさん、こんにちは sun.gif

かれこれ20年近く情熱を傾けるバンド(現役!)の知名度が一向に上がらず、そのバンド名を口にすると途端にあたりは静寂に包まれます。共感共鳴は期待せずに、これからも私の脳内でひっそりメラメラと愛を育んでいこうと誓った木曜日担当のボースンです。

 
 
 
さて、いきなりですが炭酸水は炭酸が好きです。
 
 
日本ではいろいろなメーカーがこぞって喉ごしがストロングな炭酸水を発売しているけれど、シンガポールでよく見る炭酸水はちょっと目を離すと水になってしまうような慎ましやかなものが多く残念に思っていました。そんなことをランチタイムに愚痴ってみたらば、我らが編集長から有益な情報をゲットすることができました。
 
 
 
「炭酸水といったらこれだよ!」
 
 
 
soda
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タイのビールと言えばシンハービール!
その醸造所が作っている炭酸水 SINGHA SODA WATER です。
 
 
重い+かさ張るまさかの瓶入り。そして要栓抜きなところが難点ではあるけれど、確かにキメが細かくてお酒と割っても負けない強めの炭酸がファンタスティック。
 
redmartではSchweppesの炭酸水が12本で$9.50、F&Nが24本で$15.80、Singhaが24本で$17。悪くない。家ではもっぱら缶ビール派の私ですが、これでハイボールなどなど「家飲み」のメニューも広がる気配です。
 
 
お酒を飲まない方も、甘酒や飲むお酢と割ったりするのにもきっと重宝するはず。お試しあれ。
 
 
 
 
 
えらいことになった!
 
 
待望のイベントラーメンレボリューション2018がいよいよ明日27日(金)から29日(日)まで Resorts World Sentosaで開催されます。日本から2店舗出店 + シンガポールで人気のラーメン店のイベント限定メニューが食べられる!とくればこれは見逃せない。
 
ラーメンレボリューション 公式HP
 
 
おのおの抜かりなく!!
 
 
 
 
 
 
 
それでは、またいつかの木曜日に。
ごきげんよう paper.gif

ランチ限定 「おにぎり定食」 in おにぎりや

by ボースン

  • 2018年6月28日
みなさん、こんにちは sun.gif
W杯は、日本がめでたくグループリーグを突破しましたね!!ポーランド戦はちょっとがっかりな内容でしたが、ぜひ決勝トーナメントsoccer.gifでこのモヤモヤを晴らして欲しいと切に願う、疲れマックス&笑顔少なめの木曜日担当のボースンです。
 
 
 
さて、今日はランチのお話。
 
 
 
飲食店がひしめき合うタンジョンパガー。
ランチの選択肢は山ほどあれど、ついつい足を運んでしまうお店が「おにぎりや」です。
夜は美味しい酒と肴と癒やしを求めてやってくる働くオトッツァンズで賑わう小料理屋「いな穂」が、平日のお昼は「おにぎりや」に名を変えて、美味しいおにぎりランチを提供しています。
 
 
IMG_7228
 
 
unnamed
 
 
メニューは3種類。
A:おにぎり2個、豚汁 $11.90
B:おにぎり2個、ハーフサイズのかけうどん $13.90
C:おにぎり2個とお吸い物 $12.40
※すべてのセットに3種のお惣菜がついてきます
※おにぎり、豚汁、お吸い物のアラカルトメニューもあり
※豚汁はおかわり無料
 
 
おにぎりの具は22種類の中から選べます。
定番の梅、おかか、昆布、鮭、明太子のほか、鶏そぼろや、豚角煮マヨ、ポークカレー、豚生姜焼きなど日本人以外にも楽しんでもらえる変わり種もラインナップ。私は定番のどれか+高菜しらすや岩のり佃煮を合わせるのがお気に入り。ヤングな同僚には、和風ツナマヨや鮭バター醤油も好評です。
 
 
IMG_7230
 
 
注文を受けてから握るので、できたてほっかほか~なおにぎりに思わず顔がほころびます。
お米にもこだわって、使っているのは北海道米のななつぼし。つやつやむっちりなお米で作るおにぎりは美味しくないわけがない。
 
 
IMG_6890
 
 
おにぎりはもちろんのこと、野菜たっぷりの熱々の豚汁がこりゃまた美味い!疲れた体に染みわたります。欲張っておかわりしてパンパンに膨れたお腹も、胃もたれすることなくすーっと消化できるのがシンプル和食の良いところ。糖質、炭水化物制限なんてなんのその!!おにぎりを頬張って今日も一日がんばります!
 
 
おにぎりや
60A  Duxton Road
11:30-14:30 (ラストオーダー 14:00)
 
 
それでは、またいつかの木曜日に。
ごきげんよう paper.gif

大人の習い事 陶芸にハマる!

by ボースン

  • 2018年5月17日

みなさん、こんにちは sun.gif

お酒は大好き!!しかし弱い・・・という悲しい体質。

最近は、ビール1杯で普段はなりを潜めている「お調子もん」の別人格がスパークしてしまっている、らしい。

その姿を見た同僚まりんこすから「夢に出てきた」という理由で「夢子」と命名され、ぐうの音も出ない証拠動画を突きつけられ、「次回からは気をつけよう、次回から」と小さく反省する木曜日担当のボースンです。

 
 
 
さてさてさて。
いつもは地味すぎて震える生活を送っている私ですが、ふと思い立って陶芸を習ってみることにしました。
 
 
 
 
 
 
ここに決めた理由は、先生の作品がとてもすてきだったから!
あとは家からのアクセスが良かったことや、定員6名という少人数制も大きなプラスでした。
 
場所はホランドビレッジ駅から徒歩3分。 雰囲気の良い一軒家が並ぶエリアにある工房は、看板を掲げているわけではなく、知らなければ通り過ぎてしまうほど。
 
 
 
2018-05-17 15-1.58.53_preview
 
 
 
週1回x4週間の初心者向けのクラスでは、最初の2週で土練り+ろくろを使っての成形、残りの2週で削り(トリミングや高台作り)、釉薬がけまでの基礎を習います。
 
作りたいもののイメージはいくつかあったものの、最初のうちは出たとこ勝負というか、なにかしらの形になったらラッキーぐらいのライトな気持ちで挑むべし。
 
 
 
2018-05-15 16.34.25
 
 
 
先生はとてもチャーミング、そして穏やかで優しい女性。最初の「土練り」でいきなり躓いた劣等生の私を見捨てることなく、舌打ちもせずicon_wink.gif、何回も丁寧に教えてくれました。
 
ちなみに、クラスは英語で行われますが、先生は日本に留学、創作活動をしていたことがあるので日本語が話せます。困ったときは日本語で会話ができるのも心強いポイント。
 
 
 
2018-03-31 12.31.42-1_preview
とりあえず、なにかができた♪
 
 
 
陶芸というと、心を落ち着かせて静かに作るものという印象がありますが(実際はたぶんそう)、慣れないうちは余計な力が入ったり、なかなか言うことを聞いてくれない土との熾烈な戦いを繰り広げることになるので、工房を出るころには汗だく&ぐったり(工房は半屋外ですsweat01.gif)。
 
土練りの翌日には筋肉痛になるくらいのハードな一面も併せ持っているので、爪はもちろん、メイクもミニマムに留めておくのがベターです。
 
 
 
2018-05-15 16.35.31
素焼きした後
 
 
 
2018-05-15 16.36.21
釉薬がけ終了
この時点ではできあがりを想像できず、「もしかして、やっちまったんじゃないか?」感でいっぱい
 
 
 
本焼きが終わり、ついに完成品とご対面〜!!
 
 
 
2018-05-15 16.05.24
なかなかよい、くるしゅうない
 
 
 
4週間の初心者クラスの料金は$300。
類稀な才能が開花するわけでもなさそうな私が趣味として続けるには決して小さい出費ではないけれど、がんばった時間が形として残るのはとても楽しい。理想的な焼酎カップ(ペア)ができるまで、もう少し続けてみようと思っています。
 
 
興味がある方は こちら をチェックしてみてくださいね。
 
 
それでは、またいつかの木曜日に。
ごきげんよう paper.gif

お別れ & やる気スイッチのギフト

by ボースン

  • 2018年4月5日

みなさん、こんにちは sun.gif

海外に暮らしていると避けられないことではありますが、シンガポールで出会った友人たちとそう遠くないいつか離れてしまうことを想像すると、センチメンタルモードが全開になってしまう木曜日担当、緑茶好きのボースンです。

 

 

 

 

【春は別れの季節】

 

先日、お世話になった方の本帰国が決まり、ささやかなギフトを用意することになりました。キーワードは(1)男性に贈る (2)シンガポールならではの (3)懐にやさしく (4)かさばらず (5)他の人とかぶらない(にくい)もの。

 

シンガポールのモチーフが入った錫製のフォトフレームや有田焼のお皿、プラナカンの食器などすてきなものは色々とあるのですが、すべてのキーワードを満たすもの、特に予算的なところで躓きまくり、どうしたものかと途方にくれていたときにアイツの存在を思い出しました!

 

 

 

 

Happy Socks

 

 

 

 

2018-03-24 08.53.58

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Happy Socksはスウェーデン発のブランド。ポップでカラフルなソックスは日本でも人気ですが、Duxton Roadにある『アメリカ西海岸の風を感じるおしゃれなカフェ』 MONUMENTでは、同ブランドに特注したショップハウス柄のソックス(メンズサイズのみ、$28)を販売しています。

※MONUMENTについては、はるキタさんのブログをチェック!

 

 

 

ラブリーなピンクとブルーというカラーリングは男性には少しハードルが高いかもしれないという不安がつきまといますが、ソックスを履く機会が増える日本ではきっと活躍してくれる、はず。

 

 

 

MONUMENT 

75 Duxton Road

http://www.monumentlifestyle.com

 

 

 

 

 

【春はなにかを始める意欲がほんのりと湧く、

・・・ような気がする季節】

 

体の可動域が狭くなってきていることを痛感するたびにヨガを習おうと決心するのですが、かれこれ1年近く己のぐうたら欲との闘いに敗れ続けて今に至ります。そこで、まずはヨガウェアを新調して、ヨガに行かなくてはならない理由を作ってみることにしました。

 

 

 

やる気が芽生える、テンションが上がる、かわいいレギンスを買う!!

 

 

 

 

2018-04-02 09.48.05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入したのは、Linda Works のレギンス。

残念ながらシンガポールには取扱店がないので、今回は転送サービスを利用して日本から送ってもらいました。

 

 

ブラジルでデザイン、生産された色鮮やか個性的ハッピーなヨガウェア。どのプリントもかわいくて、どれか1つに絞るのが難しい。

でも、Linda Worksの魅力はデザインだけではないのです。

 

 

 

➤ストレスフリーなフィット感

ボトムスは、カプリとフルレングスの2つの丈のレギンスに加えて、ヒップと太もも周りにゆとりのあるデザインで、気になるラインがカバーできるスローチーパンツの3種類。

 

重力をまざまざと感じ始めた下半身を晒すことに抵抗があり、最初はレギンスよりやや割高なスローチーパンツを愛用していましたが、一度賭けに出てレギンスを購入してみたところその履き心地に悶絶。

 

やわらかく、ストレッチ性が高いので、体にピッタリとフィットするのに食い込みや締めつけられるような不快感が全くなく、とにかく履き心地が最高なのです。

体のラインがスッキリと見える(ような気がする)し、鮮やかな色や大きな柄は気になるところをぼかすための目くらまし効果がありそう。

 

 

➤着る人にも、環境にも優しい素材

速乾性が高く、色あせや摩擦に強い上に、生分解性のある環境にも優しいナイロン繊維はUPF50+(紫外線保護指数50+)。見た目だけではないこだわりがすてき。

 

 

 

➤毎月リリースされる新作

毎月新しいデザインが販売されますが、どれも基本的には売り切れ御免で再販はしません。そのレア感が物欲をくすぐります。

 

 

 

現時点では海外への発送についての記載はないのですが、購入前に相談してみても良いかもしれません。

 

 

 

Linda Works

http://lindaworks.net

 

 

 

 

それでは、またいつかの木曜日に。

ごきげんよう paper.gif

ひつまぶしとビールの週末

by ボースン

  • 2018年2月22日

みなさん、こんにちは sun.gif

毎週日曜日にはフジテレビの「ザ・ノンフィクション」にチャンネルを合わてしまう、木曜日担当のボースンです。

 

 

 

とある週末、Duo Galleriaにある「鰻満 2号店」に、大人気のひつまぶしを食しに行ってきました。

 

 

 

11時半に開店ということで11時10分の到着を目指して向かったところ、お店の前にはすでに列が!

それでも開店と同時に入店することができました。

 

 

 

2018-02-03 11.42.08_preview

 

 

 

ふっくらと焼かれた鰻はもちろんのこと、米も美味い。

そして生わさびに大興奮。

 

 

 

一口目はタレがちょっと甘いかな?と感じたのですが、薬味を足したり、お茶漬けにして楽しんでいるうちにあっという間に完食。

ごちそうさまでした!美味しくいただきました!!

 

 

 

その後、腹ごなしを兼ねて近所をジャラン・ジャラン。

怪しくそびえ立つParkview Squareの中の知る人ぞ知るThe Parkview Museumで、心がざわつく作品を見て回りました。

 

 

 

2018-02-23 19.20.43_preview

 

 

 

中は・・・

 

 

 

2018-02-03 12.15.32_preview

 

あぁ、バブリー。

 

 

 

2018-02-03 12.25.52_preview 2018-02-03 12.21.09_preview 2018-02-03 12.22.45_preview

 

この日に展示されていたのは、精神をフラットにして見ないと、不安定な気持ちが込み上げてくる作品たち。

 

 

 

2018-02-22 21.08.54_preview

 

 

 

建物の外にも、おそらくアーティスティックなのであろう作品が。

 

 

 

2018-02-23 19.20.08_preview

 

 

 

 

続きまして、気分を変えてハジ・レーンに移動。

3年ぶりくらいに来てみたのですが、初めましてなお店もチラホラありました。

 

 

 

2018-02-22 21.11.20_preview

 

 

 

お茶でもしようかと良さげなカフェを探して歩き始めたものの、あまりの暑さに途中でギブアップ。

コーヒーではなくてシュワシュワした飲み物に心変わりして、Blue Jazz Cafeの外席にて乾杯。

 

 

 

2018-02-03 13-1.03.03_preview

 

 

 

2018-02-22 21.13.19_preview

 

 

 

このあたりはインスタ映えするスポットとして人気があるようで、ポーズを取って写真を撮りまくっている女の子たちもたくさんいました。

 

 

 

2018-02-03 13.21.42_preview

 

 

 

特にあてもなく街歩きをすることからはめっきり遠のいていたけれど、久しぶりに行ってみると新しい発見があるものなのだと実感した1日でした。

 

 

 

それでは、またいつかの木曜日に。

ごきげんようpaper.gif

   

ページトップへ