MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

 あるま クルーニー page2 

食のタブー マレーシアのノンハラール事情

by あるま クルーニー

  • 2016年9月24日

マレーシアはイスラム圏でも例外的に養豚産業が発展してきた地域である。イスラム圏を見渡してみても、これほどまでに豚の生産が行われている地域があるだろうか?人口約2800万人のうち、マレー系(イスラム教徒)が約6割、中華系が約3割を占め、複雑な肉に関する食文化が醸成されてきた地域でもある。イスラムで厳しく禁じられるブタ、華人の食文化の中心を占めているブタ。ブタを中心マレーシアの現在を垣間見てみた。

 

 

 

 

 

マレーシアでは豚肉市場は厳格に他の生鮮市場と隔離されている。タイやシンガポールと比較して、マレーシアでの豚肉に対しての忌避意識は図抜けて高い。それは1980年代以降の政府のイスラーム化政策、1998年の人獣共通感染症の二パウイルスの発生にも起因してくるのだろう。KLの豚市場には38もの豚肉商店が軒を連ねる。スーパーやハイパーマーケットでは生鮮豚肉が手に入らないので、華人にとってはこういったローカル市場のみが豚肉を手に入れる場所となる。

 

 

  

 

 

マレーシアではレストランが豚肉やアルコールを扱う場合、ノンハラールの標識が出され、イスラム教徒が立ち入らないようになっている。さらにスーパーなどではノンハラール専用のレジが用意され、中華系の店員が対応する。豚やアルコールをイスラム教徒のレジに持っていくことは禁止されている。

 

 

  

 

 

イスラムの戒律で禁じられているアルコール飲料や豚肉製品はノンハラールコーナーの一角に陳列されている。
KL市内のハイパーマーケット。アルコール飲料や豚肉の缶詰などが並べられている。缶詰は主に中国からの輸入による。ノンハラールコーナーでは、専用のレジカウンターがある。ノンハラール製品の支払いはこの専用のカウンターで行われる。

 

日本人には当たり前の豚肉やお酒だが、ここマレーシアではそれらに関して非常に繊細な食文化が形成されている。地域にもよるが、マレーシアではハラール食品よりも、ノンハラール食品を見つけるほうが難しくなってきている。食におけるイスラム文化が体感できるのもマレーシアならではの魅力だ。

シンガポール人の演歌歌手 アマちゃん

by あるま クルーニー,日曜日

  • 2016年8月28日

日本で活躍しているシンガポール人の演歌歌手がいるってご存知でしょうか?

 

 

7713_10207955023467922_9206515739955799195_n

 

アマちゃんことアマットさん

 

シンガポール人ながら日本で演歌歌手としてデビューし、

その愛嬌ある日本語と甘い歌声で全国の歌謡ショーに引っ張りだこ。

特に60〜70代の女性に人気があるらしいです(笑

 

アマちゃんとは東京ジャーミィで出会ってから連絡を取り合う仲。

ちょうど、日本での公演を終えてシンガポールに来るというので

ハラール料理の老舗店「イスラミック」でディナーを食べることに。

 

3566_10153736972316101_1745298570353334178_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イスラミックはその名の通り1921年創業の歴史あるイスラム料理店。

初代シンガポール大統領も食べに来たとかで、アマちゃんが子供の頃からめちゃめちゃ有名とのこと。

 

初期のシンガポール移民で財をなしたアラブ人のアルサゴフ家の料理人を務めた人が、この店を始めて今は3代目。特に当時の味を受け継いだナシ・ビリヤーニが絶品です!

 

 

 話はアマちゃんに戻りますが、シンガポール人演歌歌手という怪しいバックグランドを紐解くと彼の家族は

 

な、なんと

 

芸能一家!!

 

 1937167_10153736972201101_7920841479677075762_n

 

シンガポールの美空ひばりこと、Rahimah Rahimさんもお目見えしました。

まるで生けるクジャクですね〜

 

スクリーンショット 2016-08-28 午後6.14.48

 

 Rahimahさんはマレー系の間では相当な知名度で、歩行者に何度も写真を撮られるほどの有名人。ブルネイ国王に招聘されたり、テレビ番組の歌謡ショーでも見かける大御所なのです!

 

 

そんなアマちゃん一家ですが、シンガポールでの歴史を振り返ると並大抵の苦労ではなかったとのこと….

 

1960年代後半から展開されるリークアンユーの「マレー化政策」撤退により映画スタジオの廃止や国内のマレー系マーケットが縮小し、国外での活動を余儀なくされるのです…アマちゃんが日本で演歌歌手をやっているのもそこに理由があるのかもしれません。

 

 

リー政権下の激動の時代を生き延びたマレー系芸能一家との出会い。

今宵はRahimahさんの唄がより一層心に沁みますね〜

 

rahimah rahim _ bintang sukanku (versi jepun)

 

   

ページトップへ