シンガポールのWhat's New

シンガポールのWhat's New

  • オールジャンル
  • グルメ
  • ビューティー
  • 学校・習い事
  • 仕事・生活情報
  • ショッピング
  • 遊び・観光
  • イベント・エンタメ

エリッククー監督、斎藤工さん主演の映画「RAMEN TEH(ラーメンテー)」が3月29日から一般公開

イベント・エンタメ

2018年3月27日

先週3月22日、マリーナベイサンズにて、シンガポール、日本、フランスの合作映画「RAMEN TEH(ラーメンテー)」の記者会見およびガーラプレミア試写会が行われ、主演の斎藤工さん、松田聖子さんが登壇しました。

 

FAp_Ramen Teh Poster 2_LR Reference

 

実は昨年の7月、本作品にスチール担当として参加した有名シンガポール人写真家のレスリーキーさんの独占インタビューをしていた我々編集部。

 

↓その時の取材記事

写真家レスリー・キーと映画監督エリック・クーがタッグ!映画『ラーメンテー』2018年春公開決定~主演は松田聖子&斎藤工

 

あれから約9カ月、ようやく3月29日(木)から映画が一般公開となります!

 

公開に先立ち、先週22日に行われた記者会見やレッドカーペット試写会の様子をお届けします。

 

 

▽記者会見の様子

左から、ジネット・アウさん、斎藤工さん、エリック・クー監督、松田聖子さん、マーク・リーさん

左から、ジネット・アウさん、斎藤工さん、エリック・クー監督、松田聖子さん、マーク・リーさん

 

本作品は、シンガポールの肉骨茶(バクテー)と日本のラーメンをテーマに、シンガポールと日本の家族の絆を描いた物語で、監督はアジアを代表するエリック・クー監督、主演の真人(まさと)役にはシンガポール観光大使でもある斎藤工さん、現地在住のフードブロガーのミキ役に松田聖子さん、父親役に伊原剛志さん別所哲也さんと何とも豪華。

 

現地のキャストは、シンガポール人コメディアンのマーク・リーさんにシンガポール人女優のジネット・アウさん。マーク・リーさんは先に行われたベルリン国際映画祭でも大絶賛だったという、シングリッシュばりばりのザ・シンガポール人おっちゃん役で、劇中はおろか、記者会見やレッドカーペット中もずーーーっと止まらないジョークでメディアと観客を楽しませてくれました!

 

作品と同様、撮影期間を通してキャストの皆さんとシンガポールクルーメンバーが本当の家族のような関係になっている様子が見受けられ、主演の斎藤工さんも「何より本当にシンガポールの人々に魅せられた。自分にとってシンガポールは第二の故郷」と言うくらい、非常に温かい、アットホームな会見でした。

 

 

▽グループインタビューの様子

FullSizeRender

左から、マーク・リーさん、ジネット・アウさん、斎藤工さん

 

続いてキャストを二手に分けたグループインタビューに移り、ここでもマーク・リーさんを中心に、話はもっとディープな内容に。

 

斎藤さんがカヤトーストが好きだと言ったら「世界一うまいカヤトーストを食べさせてやる」と言って連れてこられたのがマーク・リーさんが経営するお店でただの宣伝だったという笑い話だったり、斎藤さんもコメディを経験したことがあることから、二人がすぐに仲良くなったこと、寝る間を惜しんで働く日本と違って、シンガポールでは労働法が厳しいことから深夜まで撮影をすることはなく、撮影のあとにディナーに招待されたり、映画を見に行ったりと、深呼吸をしながら撮影に挑むことができたことなど、楽しく語ってくれました。

 

約3週間ほどシンガポールに滞在されたそうで、この期間に役柄の真人のように、シンガポールに魅せられ、シンガポールに温かく受け入れられ、「シンガポールに家族ができたみたい。この作品は僕にとっては映画ではなく、ドキュメンタリーです」と語っていた斎藤さんの柔らかな表情が印象的でした。

 

そして・・・・・

IMG_2389

 

 

マリーナベイサンズシアターで行われたレッドカーペット!

 

IMG_2368

IMG_2365

 

ちょうど3月27日がエリック・クー監督の誕生日だったため、サプライズでラーメンケーキが登場!

 

さらにサプライズ(というよりもマーク・リーさんの無茶ぶり笑)でなんと松田聖子さんによるバースデーソングのプレゼントもnote.gif

 

 

そしてこの夜はキャストも一緒に皆で「RAMEN TEH」映画を鑑賞しました。

 

恐らくシンガポールに住んでいる日本人であれば誰もが楽しめる素敵な映画です。そして特に、自らの意志でシンガポールという国を選び、シンガポールに住み、シンガポールの人々とともに生きている人にとっては、きっと心の琴線に触れる、愛情溢れる内容となっています。

 

 

実は、我々マンゴスティン倶楽部にとっても大変縁の深い本作品…。

 

 

というのも・・・

 

 

今年の8月でマンゴスティン倶楽部は創刊20周年を迎えます。

 

 

そして、20年前の8月、創刊号の表紙を飾ったのはなんとエリック・クー監督なんです!

 

 

MANGOSTEEN_COVER_VOL1

 

IMG_2352

創刊号を手にするエリック・クー監督と編集長宮崎。

 

この時のインタビューの様子はまた別の機会にお届けします!

 

それでは皆様、3月29日(木)の一般公開をお楽しみにheart.gif

 

シンガポール各映画館にて公開中↓

Golden Village: https://bit.ly/2pKrKMR
 Cathay Cineplexes: https://bit.ly/2I9g90s
Filmgarde: https://bit.ly/2usfwx6
WE Cinemas: https://bit.ly/2pQ8Rrd

 

 

 

 

 

 

ページトップへ