シンガポールのWhat's New

シンガポールのWhat's New

  • オールジャンル
  • グルメ
  • ビューティー
  • 学校・習い事
  • 仕事・生活情報
  • ショッピング
  • 遊び・観光
  • イベント・エンタメ

SAM at 8Qで開催中の大人向けアート鑑賞

イベント・エンタメ

2017年12月20日

 

数カ月前に親子で楽しめるアートについてレポートしたのですが、

今回は、がっつり大人向けのアートを鑑賞してきたので

レポートしたいと思います!

 

 

「オーチャードやサマセットの人混みにつかれた」

「そんなに時間はないけど、隙間時間にアートを見て癒されたい」など、

休日の過ごし方がワンパターン化したものの、

新しいネタがない!そんな方におすすめです。

 

 

今回、SAM st 8Q では「CINERAMA」というタイトルで

アートの展示が行われています。

 

「CINERAMA」というのは

「CINEMA」と「PANORAMA」をミックスした造語。

映像はコミュニケーションの手段だということを、

東南アジアのアーティストの10点の作品から

紐解いていくのがコンセプト。

 

そのなかで、9つの作品をダイジェストでご紹介します~!

 

ピクセル、デジタル動画を利用した

インドネシアのアーティストの作品。

IMG_9887 IMG_9888

 

インドネシアの世界がピクセルアニメ風に描かれています。

よくよく見ると、

排気ガスの中でジョギングしている人なども描かれているそう。

 

映写機のイラストから

映像が投影されていえるような仕掛け。

IMG_9892 IMG_9894

フィリピンのアーティストが作ったこの作品は、

ストップモーションやハイパーラプスが使われているのが特徴。

 

 

インドネシア3人組の「zsa zsa zsu」という作品。

IMG_9901 IMG_9896

たしか「ザーザーズー」って発音していたと思います。

「ビビッと来る!」という意味なんだとか。

12キログラムのプラスチックボタンを使って作られたMVは

ローテクとハイテクがミックスされて、

とてもポップでユニークな世界観が広がっていました。

 

 

かつてシンガポールで作られていた

マレー映画を元にした作品。

IMG_9902

もやっとした映像が、なんとも不思議な感覚。

シンガポール出身の作者によって作られた

温かみのある色や、光は

ノスタルジックな気持ちにさせてくれます。

 

 

サイゴン出身、アメリカ人出身の3人組によるもの。

IMG_9904

一見、氷かな?と思ってしまったのですが

これは、プラスチックに

両端から銃弾を同タイミングで打ち込んだものなのだとか。

1秒間に2万コマのスローモーションで撮影した動画と、

実際のプラスチックを展示しています。

銃弾は、アメリカ製とロシア製のものを使うことで、

両方がぶつかり合う肉体を意味しているそうです。

 

こちらはちょっとユニーク

IMG_9906

一人のアーティストが一人何役もこなし、

映画「チャイナタウン」のパロディを創り上げたもの。

空間の中には映画のセットのような

大道具がレイアウトされていて、

まるで映画の撮影現場のなかにいるような感覚に。

 

 

全部で10個のスクリーンからできているこの作品。

IMG_9907

一見すると静止画なのですが、実は動画になっているんです。

じーっと見ていたら、

微妙に何かが動いていることに気づくはず!

写真は10のうちの1つです。

 

 

カンボジア出身の作者が、

ひたすら手紙をスキャンしている動画。

IMG_9908

その手紙、というのは

大学の教授だった作者の父親が、

やむを得ず生き別れになってしまった娘(作者)にあてて

書いた手紙なんです。

何十年もの間書かれていた手紙をスキャンするシーンは、

およそ42分間続きます。

 

 

タイとアメリカに拠点を置いている作者。

 

IMG_9909 IMG_9910

音楽にあわせて映像がコラージュのようにあわさっています。

2つのストーリーを軸に構成されているのがポイント!

室内には、クッションが置かれているので、

座りながら鑑賞できるのもいいですね。

 

SAM at 8Q に行くのは2回目だったのですが

ミュージアムのサイズ感がちょうどいいので

巡っていても疲れないのと、立地も良いなと

ひしひしと感じました。

 

お出かけついでにぜひ行ってみてください!

 

 

【開催場所】

SAM at 8Q, 8 Queen st

●展示期間:3月25日(日)まで

●10:00~19:00(金曜日のみ21:00まで延長)

www.singaporeartmuseum

 

 

 

 

ページトップへ