• HOME
  • リカ通信
  • リオ五輪の米国人水泳選手に人気のカッピング療法

リカ通信

アメリカからお届けする、ファッション、美容、食、キッズのことなど、私のライフ・エッセイ

リオ五輪の米国人水泳選手に人気のカッピング療法

エッセイ

  • 2016年8月9日

先週からオリンピックが始まって以来、毎日テレビを観らずに

いられない日々。ただ残念なことに今アメリカにいるので、

放映されるのはアメリカ人選手の競技だけ。
そういえば前回のロンドンオリンピックの時もアメリカで観てたっけ。

オリンピックは自国で観るのが一番よね、、とつくづく思う。

っっっっk

 

l

さて本日のアメリカは、米競泳選手であるマイケル・フェルプス
五輪通算21個目の金メダル獲得の話題で大フィーバーでした。
タッチの差で2位になった坂井聖人の画面は全く放映されず、、、、

っっj

っっl

そして、今回マイケル・フェルプスをはじめ、
カラダに丸いアザがある米国人競泳選手たちが多く、
米メディアでも取り上げられるほど。

l

肩や背中にかけて紫色のアザだらけの

マイケル・フェルプス選手

FFB49C45-9555-49A2-BA3B-793BFD7449A2D3CEDAB1-3D4A-4724-929E-A279368BF5E7

 l

l

そしてオリンピック番組の間に「これ、どんな効果があるんですかね?」
な〜んてクローズアップもされてた。


F5A4435C-3079-45ED-A8A0-EA44B31D82CA

4E61F45A-C095-47BE-8EC1-938B5958BA1A

 

k

k

 

この報道によると「カッピングには緊張した筋肉をほぐす
効果があり、
汚れた血液を除去し、血液循環
を促します」
とかなんとか言ってたっけ。
k

l

実際、アメリカ人競泳選手の活躍はお見事だし、
マイケル・フェルプスもリオ五輪で金メダルを3つも獲得しちゃたし、
l
”カップリング効果”もあった!?
アメリカでは信じる人も少なくはないと思うけれど、、、

l

 

そもそもシンガポールにいれば、カッピングの跡を残した女性なんか
周りにたくさんいるから特に珍しいことでもない
だからカッピングと金メダルが結びつくとは思えないけれど、

 

でも、カッピングファンはシンガポールでも健在!

l

 

も20代の頃、実は何度かやっていたことがある。
その頃原因不明の皮膚病で悩まされていたのだけれど、
カッピングをやり続けていたら、その皮膚病が治った!
l
まあ、カッピングの目的は痩身であって、皮膚病のためでは
なかったのだけれど、結果、オーライ!
カッピングは、あのアザさえ1週間耐えられれば、
やってみて損はないと思う。

 

 

 

カッピングの効果は実際のところどんなものかというと

①カッピングとは西洋でも東洋でも昔から行われてきた
 伝統的な身体治療法

l

肌にカップをくっつけて真空状態にして吸引することで、
 滞った血液やリンパ液の流れをスムーズにする

l

③カッピングにより体内に溜まった毒素を皮膚表面に
 引き出し、
体外排出。汚れた血液「悪血」を除去することは
    万病の予防につながるらしい

jk

こんなような症状の人にオススメとか。

l

・朝起きるのがツライ
・生理痛が酷い
・腰痛、肩こり、痛みがある方
・慢性的な冷え症
・足腰のむくみが気になる人
・アトピーや花粉症などのアレルギー持ちの人

っk

 シンガポールには、気軽にカッピングができる
ローカルサロンも多いので、
興味のある方は一度やってみたらいかがでしょうか?

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ