• HOME
  • リカ通信
  • アメリカンヴィンテージ食器・ファイヤーキング

リカ通信

アメリカからお届けする、ファッション、美容、食、キッズのことなど、私のライフ・エッセイ

アメリカンヴィンテージ食器・ファイヤーキング

エッセイ

  • 2012年10月30日

先日はアメリカ在住の駐妻に人気のガラス食器・キャンドルウィックの

話をしたけれど、それと同様に人気なのがミルクグラスのファイヤーキングなの
 

「オーブン耐熱ガラスで乳白色のガラスが可愛いですよね〜」と駐妻さん。

アンティークの中でも奥様達は日常に使いやすいカジュアルで、手頃なガラス系がお好みのよう。

 /////////////////////////////

/////////////////////////////////////

ファイヤーキングはアメリカのアンカーホッキング社で

1942年〜1986年まで製造されていたヴィンテージのオーブン耐熱ブランド。代表色の「ジェダイ」と呼ばれる人気色の翡翠色ほか、乳白色、
クリスタル、白など、日本でも10年ほど前からファイヤーキングが市場に紹介されはじめてブームになり、今では不動の人気食器としておなじみのもの。

 //////////////////////////

/////////////////////////////////////

とはいえ、ファイヤーキングを初めて見た人は、

いったいなんでこれが人気なのかしらね?と思うはず。でも、、

と思うほど超シンプルな見てくれ。でもコレクターや愛用者の奥様達曰く、//////////////////////// 

「ひとつひとつのデザイン柄の製造期間が短く生産数が限定されているから、
その年代のものを持つ、出会った、という希少価値をひとしを感じるの」
///////////////////////////////
というように、見たくれ以上の深いものがあるのがこのブランドの魅力なの。

///////////////////////////////

昔はともかく、今は人気のアメリカンヴィンテージ食器とあって、
日本で売られものでモノによっては数万〜もするらしい。
/////////////////////////// 

 もちろんアメリカに住んでいれば、フリマやアンティークショップでお安く買えるから駐妻の心を揺さぶるんだけれどね。

//////////////////////////

/////////////////////////////

日本人に人気の「アリス」シリーズのカップ’ソーサー。
 1945年~1949年の5年間しか製造されなかった
ファイヤーキングが始まって間もない頃のシリーズで
状態の良いものを見つけるのは難しいとか。

 

//////////////////////////////
///////////////////////////// 

「アリス」シリーズのヴィトロック/ブルートリム カップ&ソーサーで、

翡翠色のジェダイが多い中、この陶器のような色はとってもレア!
陶器に見えても実際はガラス細工で、かなりノーブルなデザイン 

 

///////////////////////////////////////////////////

 

 

一番オーソドックスで、ファイヤーキングと言えばの
定番中の定番なDハンドルのコーヒーマグ
 

乳白色のDハンドルマグ。アメリカでは掘り出しものだと
10ドル以下で手に入れることも可能!
 
/////////////////////////////
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
物を手にしたい時には注意する点だと思います。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
ボコボコしたエンボスが特徴のバブルシリーズ。
定番のジェダイ 
 
底の部分もしっかりボコボコのエンボス
 
ジェダイだけでなく、クリスタルもさわやか!
 
アメリカにいらしたら、ぜひフリマやアンティークショップを訪れて
掘り出し物の食器をお持ち帰りくださいな。 

ページトップへ