リカ通信

アメリカからお届けする、ファッション、美容、食、キッズのことなど、私のライフ・エッセイ

 ハプニング 

国内イチセレブ感のある、NY的ナイトクラブ

ハプニング

  • 2012年2月27日

3月に主人の転勤が決まり、、、しかも転勤先がアメリカとあって、
今のような自由に遊べる時間もなくなってしまうのを懸念して、
ここ1ヶ月たくさん楽しいいことをしようと意気込み、
先週末話題のナイトクラブPangaeaに行ってきちゃった。

Marina Bay Sands内にある3つのナイトクラブのうち、
制覇していなかったのがココ。というか、Ku-De-TaやAvalon
ほうが話題性があったので、最近までPangaeaの存在すらしらな
かった次第。数週間前に、木曜のレディスナイト“AVALON”
編集部のみんなでゾロゾロと行ったのだけれど、あまりの静まったムード
にがっかりしたもの。

それをクラブに強い私の友人に話したら、
“アメリカ人のお洒落な友人たちはみんなPangaeaに行ってる
らしわよ”って聞き、初めて3ツ目のナイトクラブがMarina Bay Sands
にあることを知ったわけ。

ちょうどその夜はカーニバルナイトだったので、入り口でカーニバルを
装ったマスカレードのセクシーなお姉さんたちが並んでいて、エントランス
からしてもうムンムンとした熱気が漂っていた。

到着時間は零時前、入ってみるとコンテンポラリーなバーという印象で、
特にダンスフロアとかはなく、はて、本当に盛り上がるのかしらん?という感じ。

零時半、人がどんどん増えてきた。しかも、他のどこのナイトクラブよりも
本当にステキな感じの白人の女性&男性ばかりが集まってきて、
まるでここはニューヨーク?みたいな、、、お金の匂いがする!
そういえば私の友人も“Pangaeaはエントランスフィーが高めともあって、
エグゼクティブな30~40代の客層が集まってくるのよ”
といってたけれど、
まさしくそんなかんじ。

誰かがボトルオーダーをするたびに、美しい女性ウエイトレスが
花火をつけたボトルを運んでくる。
このノリ、派手さ、日本のバブル時代みたいだわ~。

午前1時
曲がいい感じに盛り上がり、気づけばいたるところでみんな踊っている。

午前1時15分
明日にひびくので、、、と盛り上がったムードを後ろに、帰宅。
(これがママ業というサガ)
や~ん、かなり目の保養ができて楽しかったな~。

ここなら年齢問わず、ちょっと大人なバー&クラブで、
気兼ねせず飲めます、踊れます。
ちなみに水曜はレディスナイト、土曜は入場料一人$40で
飲み物は$20~30(1杯)でした。

何か特別な日に、おしゃれをしてアドレナリンを高めたい日、
ぜひ、行ってみましょう!

Pangaea
Marina Bay Sands B2 Crystal Pavillion

   

ページトップへ