シンガポールの仕事・生活情報

フードセンターをどのくらいの頻度で利用しますか?

回答者のデータ:主婦63% 会社員32% 学生3% パート2%

主婦の方は「週に1~2回」「1ヶ月に4回以内」、会社勤めの方はランチで利用することが多いのか「ほぼ毎日」「週に3回以上」と、回答がほぼくっきり分かれる結果に。

よく利用するフードセンターは家や職場の近くが圧倒的に多いようですが、「Food Republic」や「Maxwell」「Lau Pa Sat」など、有名なフードセンターの名前も目立ちました。

一方「あまり利用しない」と答えた方は、食事は家で作って食べられることが多いようです。

利用する方のほとんどは「いろんなローカルフードに親しめる」「安くておいしい」という良い印象をお持ちのようですが、「油っこい」「幼児連れでは行きづらい」などの意見もちらほら。

 

一方では、「ワインやグラス等持参して、主人と海辺のホーカーズで食事しながらお酒を楽しむ」という上級者の方もいらっしゃいました。

あまり利用しないという方は「衛生面が心配」「野菜が少ない」「何を食べたらよいか分からない」という理由の他、「一人では利用しやすい」「持ち帰りには便利」という意見も。

1位

やわらかくジューシーな蒸し鶏と、鶏ガラスープで炊いたライスの名コンビ。

2位

魚の練り物や野菜などの具がたっぷり入ったシンガポール版おでん。

3位 

卵麺とビーフンの2種類の麺を使った、福建省発祥の焼きソバ。

ベスト3の他は、フィッシュボールヌードルやワンタンヌードルをはじめ、麺類が圧倒的に人気でした。

このページの情報は2012年7月31日時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページトップへ