編集部ブログ マンゴ編集部

image
2019月1月8日(火)

焼鳥から鍋まで豊富なメニューが揃う本格焼鳥屋

忘年会が一息ついたのもつかの間、つぎは新年会の予定を決めなきゃ!なんて人も多いのでは?編集部がおすすめしたいのは、日本クオリティの本格焼鳥を提供する「焼き鳥ダイニング ごっそ」。今回は、おすすめのポイントをお届けします!




ポイントその1:
川沿いの素敵な雰囲気で夜風を楽しみながら、おいしい焼鳥が食べられる

日本さながらの空気感や臨場感が楽しめる店内もいいけれど、せっかくならマリーナベイを眺めながら、夜風に吹かれて焼鳥を食べてみるのもオツ!

ポイントその2:
味も文句なし!手頃なプライスと豊富な宴会メニュー

味は良くても手頃感がなければ少し残念な気持ちになりますよね。でも同店なら、どちらも満たしてくれるのでうれしい!アラカルトメニューはもちろん宴会メニューも豊富だから人数や気分によって選び放題!
迷ったときには「厳選6種12本盛り合わせ($31)」や「宴会セット2時間飲放題付き($79~)」をオーダーしてみて。

ポイントその3:
賞味期限40秒!話題の「ごっそ玉」

中はとろっと、外はぱりっと焼き上げた鶏の白レバー。ここでしか味わうことができない「ごっそ玉」は、鶏レバーラバーならぜひ試しておくべきメニュー。なかには、鶏レバーの世界観が変わる!とまで断言するファンも。

ポイントその4:
焼鳥もだけど、鍋もあるのがうれしい!

焼鳥ばかりだと少しマンネリしてしまうのが億劫。そんな人でもばっちり楽しめる同店。創業から13年続く秘伝の焼鳥タレを使用した「焼き鳥屋の鶏すき鍋($13.90)」や「豆腐チゲ($12.80)」など、かゆいところに手が届くラインナップが◎

ポイントその5:
イベント時には花火が眺められる!

リバーサイドに店が位置しているので、心地よい風が吹くテラス席からは、なんと花火が眺められるんです!花火を眺めながら食事を楽しめる穴場スポットだから、ゆったり花火を楽しみたいときにぜひ利用してみて。




いかがでしたか?いつ誰と行っても楽しめるのが「焼鳥ダイニング ごっそ」。タイミングが良ければ、マリーナベイに打ち上げられる花火も見れますよ~!新年会や宴会はもちろん、普段の飲み会にもぜひ利用してみてくださいね!
マンゴ編集部
誌面制作でのこぼれ話や、誌面未公開情報、編集部が独自に入手したお得情報などを更新します!皆さんのシンガポール生活の心強い味方であり、毎日のささやかな楽しみになることを願って。Thank you ah~!!
この記事を書いた人
新年会はごっその焼鳥で決まり!
電話番号
6533-5152
アクセス
64 Boat Quay, (S)049852
営業時間
月~金11:30-14:30 17:30-24:00 土17:30-24:00
定休日
日休
公式サイト
http://omotenashi.sg/