編集部ブログ

image
2019月1月25日(金)

ベスト・オブ・野外プレグラに君臨するAdmiralty Park

こんにちは、梓です。icon_biggrin.gif

長すぎだったHDBのリノベーションをようやく終え、年末に遂に引っ越しましたヨ!(とは言え、まだまだあらゆる手直し継続中)

HDB抽選からここまで来るのに本当に長い道のりだったー。。。その話はまたいつか根気のある時に。

これまで7年間ずっと中心街近くに住んでいましたが、いきなりウェスト方面のローカル感溢れるエリアにやって来て、ようやくリアルなシンガポールにいるんだと実感しています~。
とにかく朝のバスが激込み!半裸のおっちゃん多すぎ!外国人ほぼゼロ!
私もそのうちローカルアンティ化していくかもしれません。

先日、ずっと気になっていたのに遠すぎて行けずじまいだった公園に遂に行ってきました!

Admiralty Park です。

こちらもシンガポールの北の果てのどローカル。海のすぐ向こう側にマレーシアのジョホールバルが見えます。

ナショナルパークに指定されていて無料shine.gifなのが有難いのですが、遠いのでタクシーで行ったら、往復に42ドルかかりました。なにー!

 

大きな公園ですが、プレグラがあるのはこの辺り。

ここの公園は
滑り台だけでも計26台あり、シンガポール1 の数!
シンガポール最長滑り台もこちらで見つけられます。



着くなり子どもが大興奮!そりゃそうだ。

色んな種類の遊びものが満載!ぶら下がってターザンにもなれる!

あちらこちらに東屋があるので、そこで持って来たお弁当を食べました。
外で食べるお弁当って美味しいよねぇ~。

このプレグラは年齢別に分かれていて、こちらは低年齢の子どもが遊べるエリア。

緑に囲まれながら森林浴ができて気持ちがいいのですが、遊んでいると暑すぎて、一時涼を求めて近くにあるRepublic Polytechnic(専門学校)に逃げ込みましたわ。



こんなに素晴らしい設備が無料だなんて、国土が小さいのにシンガポールは本当に子どもをないがしろにしていないわぁ~。
公園に限らず、住居エリアやショッピングモールには必ず小さいながらも遊び場があるしね。
そりゃ小国シンガポールの未来を担う希望ですからね。子どもには至れり尽くせりって訳なんですね。

因みにAdmiralty Park以外の、私的オススメ野外プレグラ(無料)Top3を発表!
Pasir Ris park
Bishan-Ang Mo Kio Park

Marine Cove @ East Coast Park

まだまだ知らない遊び場が沢山あるので、今後もあちこち開拓していきたいと思いまーす!
デザイナー
在星歴6年半。夫、長男長女との4人家族。衝動買いはせず、熟考する派のこだわり大魔王。何でもこだわり過ぎて自分の首を絞めてしまう日々。古いものを長く愛用するのが好き。
この記事を書いた人
飽きることなく一日中遊べる!