MangosteenClub 編集部ブログ

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

 エンタメ・イベント 

財布を盗まれた?!教訓をシェア!!

/ by Skye

  • 2017年10月1日

f1

 

先々週末はF1一色でしたね!!

 

私も日本から友人が来たので、

 

3日間毎日行ってきましたよー♪♪

 

f2

 

Baygrand standという、

ザ!シンガポールな景色を見渡せる席にて観戦!

 

今年はスタート直後に事故などもあり、

大いに盛り上がりました♪ 

 

初めてF1観戦した友人も大興奮!!

 

f3

 

個人的にはこのお店のケバブが

めちゃ美味しかったです♪

 

f4

 

 

Suntec Cityに展示されてる生のF1カーも

見に行きましたよ♪

 

 

ライブも大満足なラインアップで、

最高の思い出になりました!!

 

 

 

っていう感じで終われればよかったのですが。。。

 

 

 

 

なんと友人の一人がF1会場で財布を紛失。。。

 

 

 

 

その時の状況から落としたり無くしたり

するような感じではなかった為、

 

盗難の可能性が高いと判断。

 

 

 

ちょうど友人は鞄を新しく変えたばかりで、

そういう時にこういう事って起こりやすいんですよね。なぜか。

 

 

 

 

とりあえず落とし物コーナーへ。

 

「財布上がっていませんか?」

 

と聞いたら1個も上がっていませんでした。。

 

 

こんなでかい会場で、1つも!!!

 

 

 

 

さすが海外ですね。

 

日本とは違います。

 

 

 

 

結局警察にも被害届を出しに行ったのですが、

今だに見つかっていません。

 

 

 

シンガポールはとても安全な国なので、

 

私の身の回りでこれまで

盗難被害にあったことがある人は全然いませんでした。

 

 

でもF1は世界中から観光客が来るので、

状況は違う、ともっと強く認識すべきでした。

 

 

財布落として戻ってくる奇跡的な国は

世界でも日本くらいでしょう。

 

 

海外に旅行する際や、こういう大きなイベント時は要注意です!

 

 

 

ちなみに、私も昔海外旅行中に財布を盗まれたことがあります。

 

 

 

財布を無くすと、一番先に心配するのは何でしょうか?

 

ほとんどの人はカード類じゃないでしょうか?

 

私もそうでした。

 

 

 

 

でも、発見が早ければクレジットカード類は

電話一本ですぐ止められます。

 

カード会社も慣れているので、

すぐ手続きをしてくれ、大体翌週には新しいカードが届きます。

 

なので、実はそこまで心配しなくて大丈夫です。

(もちろん使用限度額などを設定しておくことは大前提ですが。)

 

 

 

 

実は、一番怖いのは、

 

何が入っていたか覚えていない

 

という状況なんですね。

 

 

 

 

 

 

財布にパンパンにカードを入れていませんか?

 

 

 

 

 

 

覚えていれば、すぐに色々手続きできますが、

覚えてないと、何も出来ません。

 

 

 

 

あと、意外と色々と面倒臭いのは、

身分証や資格証明カードの再発行ですね。

 

 

クレカと違って電話一本で、というわけにはいきませんので、

証明書によっては、大使館や学校や、該当施設に足を運び、

一から全部書類を準備して手続きし直すことになります。

 

 

 

カードの枚数が多いと、本当に時間も労力も取られ、気が遠くなります。

中には再発行に料金がかかるものもありますしね。

 

 

 

なので、そういうカード類は財布の中に入れず、

別途まとめて持ち運ぶことをお薦めします。

 

 

ちなみに今回の友人はICカード以外の会社のIDや資格証明カードは

ストラップ付きカードホルダーに全部入れていて、

自宅に置いてきていた為、無事でした。

 

余計なものをイベント会場に持っていかない、というのも大事!

 

 

 

昔は財布を盗まれたら、中に入った現金を心配する人が多かったと思いますが、

最近はカードでどこでも支払えるので、

財布の中に多額の現金を入れている人も少ないでしょう。

 

 

 

今回、本人が一番ショックを受けていたのは、財布自体!!

高級ブランドの新しい財布だったんです。。

 

 

カード類は再発行できますが、

無くした財布は戻ってこないですからね。。

高価な財布を持つのも考えものです。。

 

 

 

 

ちなみに今回友人が無くしたのは、以下。

 

シンガポールのICカード(再発行には100ドルくらいかかる)

クレカ2枚(電話で即ストップ、翌週再発行)

スタバカード(お店に行ったら、すぐに再発行手続きしてくれた)

現金80ドルくらい

 

 

現金も100ドル以下だし、カードも少なくすぐ再発行できたので、

新しい財布を無くしたという点以外は、割とラッキーだったと思います。

(ICの再発行料は痛いですが。。。)

 

 

 

というわけで復習!

 

 

①財布の中のカードは最小限に!

 

②財布に身分証や資格証明証は入れない!

 

③多額の現金を持ち運ばない!

 

④海外旅行や大きなイベントに行く際は、普段使っているブランド財布は持っていかない!

(私はどうでもいい財布やポーチにいつも入れ替えてます。)

 

 

 

 

以上です!

 

皆さんも十分お気をつけください。

 

 

 

 

Skye

 

 

アートな休日のおすすめ(草間彌生とChildren‘sBiennale)

/ / / / by アブドラ・キャサリン,卒業生

  • 2017年6月11日

まいど アブドラです。

何やこのところ妙に暑っうありませんか。

全然痩せへんけど。

 

 

まいどマンゴ名物の写真無しブログの始まり始まり。

(いっぱいとったんやけど、なんかうまくダウンロードできへんねん。すまんのー)

さて、気を取り直して、6月に入って子アブはローカルスクールなので、すっかりホリディ気分ですわ。

 

宿題あるんだかないんだか、いまいちようわからんけど、日本みたいに自由研究とかやらせへんのが不思議。

 

めっちゃIT偏重なのに、理系強いはずやけど、なんかこう地に足がついてない感じがするんですわ。

シンガポールの教育って。

 

小学生の理科なんて、生命っておもろいな思ったら、儲けもん。命大事やからあんたも頑張り、というついでに命をつないでる親をもっと尊敬しーへん?

そこが教育の肝やろうと思うんですが、休み前の科学のテスト問題見てアブドラ驚きました。

だって問題が論理的過ぎて、子供気なさすぎ。

 

具体的に言うと、ガラスの蓋をした水槽に、バッタがおったげな。好物の草と水があったけど、2日後に天に召された。なんでやねん?

というような問題。おかしいやろ。シンガポールでバッタ、うちの子見たことないで~。北海道で見たっきりちやうの。

答えは空気が足らんようになったからやけど、かわいそうやね。殺す前に助けたって。

 

 

ほかにも、砂漠にダチョウを持ってきたら死によった、なんでやねん?というようなシュールな問題が続々と、論理的考察力を伸ばすためか知らんけど、せめて助けるためにどうしたらええかとか問いかけかけたって。

 

ほんまは、空気や水がなくて死ぬんやから、空気、水とか大切にせなあかへんな。資源も大切にして空気を汚さんようにせなあかんから分別って大事やなとか、そっちにいかなあかんちゃうのー。

 

と、成績は棚に置いておいて、ホリディ前に「このままじゃ頭でっかちの子になってしまう」と危機感を勝手に強めたアブドラは、今年の週末は鬼のごとく、「科学体験、自然に触れ合う、芸術に触れさせて感性を刺激する」をモットーに課外活動にいそしんでおります。

 

 

その一環で最近足しげく通っているのはシティーホールにある「National Gallery Singapore」。

かつての国会と、裁判所の建物を使った巨大アートスペースは一日ではちょっと回れへん。

そんな素敵空間で、なんと10月8日まで子供のためのアート祭が開かれております。

 

しかも先週からは日本を代表する草間彌生さんの東アジア初の個展も開催。草間さんの作品でもめった外に出ない作品も多く、見ごたえありますよ。

 

草間さんの特別展以外のエリアでも、チームラボさんによるバーチャルお絵かきやら、物語のお部屋など

子アブがエキサイトして動かず、アブドゥーラ氏がたまらず、外のベンチで爆睡しだすといった有様。

手作りのお花が青いお部屋で迷路のようになってたり、ガラスの中橋の下をのぞいたり、いわゆるインタラクティブなアートが多く紹介されているので、子供を連れていくには最適な展示がありがたいです。

今回の草間さんの展示に合わせて、入り口で2ドルのシールを買うと、白い家具付きの部屋に、思い思いに様々な色や大きさの丸いシールを張れるアートエリアもあって、いつもはアート会場で手持ちぶたさにしているアブドゥーラ氏もセルフ撮りにいそしんでおりました。

 

ただ、草間特別展をメインに連れて行って、子アブの人生にどれぐらい影響あるだろうと思ってわくわくしていたのに、帰りに「今日何が一番好きだった?」と聞いたら、「とんかつ!」と言われ意気消沈しているアブドラです。

 

子アブの感性を磨く旅の道のりの遠さに、アブドラと頑張って荷物持ってくれてたアブドゥーラ氏は寡黙に家路を急いだのでした。

 

でも、この美術館のすごいところは、金曜、土曜、祝日の前の日はいつも7時の閉園時間がなんと10時までになること。

 

あと、草間さんの特別展の期間中に、1回のカフェで、代表作のかぼちゃにちなんだメニューなどが食べれること、傘や靴下、ピンバッチなど作品にインスパイヤーされた商品も購入できること。しかも完成度が高いのに意外とお手頃価格。 ピンバッチや靴下などは売れきれたものもあるとのこと。

 

週末は何かと塾やら、行事やらでまとまった時間がとれないアブ家にとっては、ひとときの非日常体験を楽しめる貴重な場所です。

 

ぜひどうぞ。

 

ほな お後がよろしいようで。

アブ

 

 

 

 

 

HELLO HOKKAIDO! at リゾートワールド

by セバスチャン

  • 2016年11月19日

こんにちはセバスチャンです。

 

 

週末、リゾートワールドで「Hello Hokkaido!」という北海道フェアを

やっているというので、家族で行ってきました。

 

img_0650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋台エリアには、シンガポールでもおなじみの

北海道に関係するお店はもちろん、

 

img_0598

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道の新鮮な毛蟹を食べられる屋台も。

 

 

img_0591

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の奥には、北海道の地酒コーナーや、コスメなどの物販エリア

 

 

 

img_0623

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_0620

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階には北海道各地の様々な魅力を紹介する旅行ブースも。

 

 

 

 

 

img_0631

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、北海道で活躍するアーティストやご当地アイドルのコンサートもあり、

ファンの方も北海道から来たのかな?かなり盛り上げていて、

彼ら自身もシンガポール人から注目を受けていました。

 

 

 

 

 

img_0655

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイベントは11月27日までなので、

プチ北海道旅行気分を味わってみては?

 

HELL HOKKAIDO!

18-27 Nov. 11am-10pm

Resort World Sentosa The Forum

一風堂 お前もか スーパームーン

/ / by アブドラ・キャサリン

  • 2016年10月15日

まいど

なんかここんとこ涼しくなってきましたね。

え、暑いて?  それ日中のことでしょ、そりゃあんさん日が出てたら暑いやろ、ここ赤道直下でっせ!

てなわけで、相変わらずの金曜担当のアブドラですが、なんか最近気づいたことがあります。

 

今年「周年記念」多くない?

 

1)10月高島屋シンガポールさん23周年記念 今ならお得なセールやってまっせ!

 

※そうそう、大阪の總業50周年、室内履きを作って30周年のパンジーさんも初来星らしい、周年記念同士ですね

詳しくは10月号マンゴスティンクラブのBUZZを読んでね!

手元にない方はこちらを参照→https://issuu.com/mangosteenclub/docs/mangosteen_club_vol_219_october

 

2)SJ50シンガポールと日本の国交樹立50周年!

10月29,30日は高島屋前広場が日本関連のお祭り広場に

マンゴスティンクラブの10月号も表紙がSJ50ですよ。

マンゴスティン電子版はこちら→https://issuu.com/mangosteenclub/docs/mangosteen_club_vol_219_october

 

 

3)2016年は惑星直列の年

今年はなんと5つ+月も一列になるという10年に一度ぐらいの年でしたね

http://webquest-design.jp/blog/favoritea/11785/

 

 

4)スーパームーン

スーパームーンってなんやねんて方。ぶっちゃけおっきい月が見れるってことでんがな。

 

なんでかって?

 

そんなん地球と月が近くなるからに決まってるやん。11月は356511 kmって過去2年より近いらしいでっせ。

 

 

ちなみにシンガポールは10月16日と11月14日!

え、16日!日曜日やん。11時37分ぐらいに空見てみよっと。

Sunday, October 16 full Moon 2016-10-16 04:23 2016-10-16 23:37 357,859 Monday,

November 14 full Moon 2016-11-14 13:52 2016-11-14 11:24 356,511

参考: http://www.vercalendario.info/en/when/next-super-moon.html

スーパームーンについて詳しくはコチラ→ http://sk-imedia.com/supermoon-8934.html

満月はパワーがあるとか言いまっしゃろ? 近くて大きかったら、ごっつパワーあるんちゃいまっか?

とりあえず拝んどきましょ。

感動的な映像を見たい方はこちらへ→ https://youtu.be/Zn1018JP3xg

 

で、スーパームーン→丸い→どんぶり &周年記念といえば・・・・。

姉さん

一風堂さんでんがな。       (そんなあほな)

 

 

5)一風堂シンガポール周年記念

 

 

一風堂が創業31年記念で全商品37.5%オフに!

なんでも日本では37.5%引きでこの日は販売するそうですな。

で、シンガポールにもありますね。一風堂

 

もちろん、なんかあるわけですね。だってスーパームーンの日だし。fullmoon.gif

知りたい方は→来週のマンゴステインクラブのウエブをチェックしてくださいまし。

チャンギ空港店、エキスプレスは対象外だそうです。

 

 

ほなおあとがよろしいようで

店舗情報はマンゴウエブで検索ください。

 

http://www.mangosteen.com.sg/

 

 

あ、そうそうそういえば12月にタンジョンパガー店、1月にマリナベイサンズのスケートリンク前にも

新店舗オープンするらしいですわ。

アブのオフィスはタンジョンパガーなので、スーパームーンなみに近くなるんですな~。

アブ

 

 

 

 

ジェットプログラムって知ってる?

/ / by アブドラ・キャサリン

  • 2016年9月20日

まいど

いつもは金曜日に出没するアブドラです。

どうでっか?

ぼちぼちでんな~。

で、お決まりの前ふりは今日はこれぐらいにして、

昨日最近ひげをそったのに、だれにも気づかれず,ご傷心のセバスチャン氏と、肉といえばアニーのアニー女史と総務省、外務省、文部科学省、自治体国際化協会(CLAIR)の連携の下実施されているJET プログラムから帰った方の歓迎会にお呼ばれして、きましたのでその後報告など・・・。

 

え、関係ないって~、そんなことゆうたらあきません。

ま、聞きなはれ。

 

 

そもそもなんでJETプログラムというかというと、The Japan Exchange and Teaching Programだからなんですね。

安心してください、火出して飛ぶわけではございません。ようするに語学指導などを行う外国青年招致事業なんですね。

 

だから、各国から選抜された若い日本愛好家が、「外国語指導助手」として小学校・中学・高校などで語学指導したり、「国際交流員」として翻訳・通訳、国際交流イベントの企画実施をしたり、「スポーツ国際交流員」としてスポーツ始動を通じて国際交流を行うんですな~。

 

 

シンガポールからは今まで307名も参加されているそうな。えらいこっちゃ。

 

 

そんな先生たちに会っていたら、今頃アブの人生も変わっていたような気がします。草の根外交官のセミプロ版としてプログラム終了後も日本と各国をつなぐ事業にかかわれているとのこと。

 

 

日本フアンを作りつつ、外国の方の視点で日本を見てみる、貴重なプログラムとお見受けいたしました。

もし、日本に帰国したら、うちの子の学校にもいてくれると、いいなーと思います。

先生はパッションが命ですからね~。

 

 

で、今回驚いたのはなんと、シンガポールでは、独自に派遣前の方に日本の学校の雰囲気や規律等を体験してもらうために、日本人中学校で体験事業をしてもらうプログラムを組んでいるとのこと、昨今の官学産の連携のある意味、国境を越えたスキームなのではないかと、アブドラ感服しました。

 

 

シンガポールのクレアさんと、大使館さん、学校さん知りませんでしたが、すごく連携されているんですね~。

 

 

 で、話は変わるのですが、このパーティで中学校の校長先生や教頭先生ともお話させていただく機会があり、来年から全く新しい試みとして、グローバルクラスというのが設立されるそうです。

 

インターに行くほど英語力がないけど、インターのような国際感を養わせたいという親御さんには一度10月22日に開かれるセミナーに参加されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 http://www.sjs.edu.sg/secondary/globalclass

 

 

 また、10月29日30日にはシンガポール、日本の国交正常化50周年を記念して、SJ50の祭りイベントがあります。

 

わが社も少しお手伝いするのですが、なんとJETプログラムの卒業生たちも、太鼓やら浴衣体験イベント等いろいろ貢献されるようです。

 

こうして日本をPRしてくれるなんで、ありがとおおおおおおおおおおーーーーーーーーーー。

 

 

http://www.sjs.edu.sg/secondary/globalclass

 

 

sj50

 

 

 過去占領してシンガポールを昭南島なんて呼んで、いろいろ現地の方にご迷惑をお掛けした歴史があるのに、日本を好きでいてくれてありがとうと申さずにいかがいたしましょうか。

 

 

アブドラ、連れがローカルなので、結婚するとき将来に悪い影響が出ないか、子供がいじめられないか等ドキドキしたことをほろ苦く思い出します。

 

皆さん今後とも日本をよろしく~。

 

 

 

sj50

 

 

 

篠田大使はじめJCCの伊藤所長、CLEAR Singapore の橋本所長を囲んで、JETプログラムの同窓生達と関係者内一名を除く集合写真。

 

われらがセバスチャンを見つけた方には、抽選で8月より好評発売中のマンゴスティンクラブ特製「食べるガイド2016」を1名に進呈     ※紀伊国屋(オーチャード、リャンコート店)で絶賛発売中!

 

 

マンゴスティンクラブウエブでもご購入可能です。

 

 

taberu

 

ご用命はこちらもどうぞ↓

 http://www.mangosteen.com.sg/mailorder/books/

ほなお後がよろしいようで

 

By アブ

 

   

ページトップへ