MangosteenClub 編集部ブログ(旧)

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最新記事

【花嫁必読!】シンガポールでウエディングをするなら?

by Skye

  • 2018年8月19日

こんにちは!

 

相変わらず引きこもりのSkyeです。

 

ブログがすっかりリニューアルされましたね!

 

 

 

記念すべき第一弾、Skyeは来年ROMを控えているので、

 

今日はシンガポールでの結婚式準備について書きたいと思います!

 

Yoshiki & Miki_6 Mar 16_072_MY_Web

 

 

まずシンガポールで結婚式を挙げる場合、

 

ほとんどがアラカルトだと思います。

 

 

 

つまり写真、ヘアメイク、ドレス、ブーケ等、

 

バラバラに自分たちで手配しないといけない場合がほとんどです。

 

 

 

Skyeは元々ウエディング業界にいたので、

 

今日は未来のブライド達に向けて、ガッツリ語りたいと思います!

 

 

 

 

 

①どれを優先すべきなの問題

 

Y & T_170925_093_MY

 

ウエディングは色々出費がかさむので、

 

どこにお金をどれだけ使うかも悩みどころ。

 

 

 

結論から言うと、Skye的には一番大事なのは

 

フォトグラファー(最後に残るのは写真だけ!)

 

そしてヘアメイク当日着るドレスです。

 

 

 

この3つは妥協しない方がベターです。

 

 

逆に言うと、フォトグラファーの腕さえよければ、

 

前撮りのドレスとヘアメイクは多少妥協しても、上手くカバーしてくれます。

(Photoshop様様)

 

 

 

 

前撮りしない場合は、

 

当日に1時間くらい撮影時間を差し込む作戦もあります!

 

(が、撮影はものすごく体力使うので、出来れば別日にするのがベター。)

 

 

 

②ドレス借りるの作るの問題

 

Y & H_13 May 17_043_MY

 

ドレス探し、やっぱり運命のドレスを見つけたい!

 

その為に、何件もドレス屋巡りをして

ようやく、運命のドレスを発見!!

 

即レンタル予約をしたものの、

 

式直前にドレスを取りにいったら、

 

別の花嫁のサイズに勝手に

サイズ直しされていて、

 

自分が着たら、全く違う印象になってしまった。。号泣。

 

 

 

本当にあった怖い話です。(私の友人談)

 

 

 

というわけで、私はシンガポールでは

断然オーダーメイドをオススメします。

 

 

エンドレスなドレス屋巡りの時間も手間も省けるし、

 

当日は絶対に自分のドレスを着られる!

 

 

予算オーバーの場合は、隣国マレーシアで作るという裏技もありますよ♪

 

 

 

③会場どこがいいの問題

 

Yoshiki & Miki_6 Mar 16_088_MY_Web

 

おそらく一番気になるのは、

収容人数と料理ですかね。(あと値段。笑)

 

 

が、これもまた結論言ってしまえば

 

星付きホテルの場合、どこもそんなに変わらないです。笑

 

 

ただレストランの場合は、料理に結構差があります。

 

(私のオススメはLewin TerraceとAlkaff Mansion)

 

 

 

 

で、会場選びで皆気にもしないけど、

 

実はめちゃくちゃ重要なのが照明です!!

 

 

暗い照明でゲストの方にくつろいでもらう、、、のも良いのですが、

 

良い写真を残すには明るい会場がオススメです。

 

 

 

 

島内だと、St.Regisのボールルームは明るくてキラキラしてて最高!

 

 

ROM会場の場合は、セントーサ島のAmara Sanctuary

緑に囲まれたガラス張りの建物と

 

 

ONE°15 Marina のこれまたガラス張りの会場が

超絶美しく、素晴らしい写真が撮れます。

 

 

 

 

レストランウエディングの場合、

 

屋外テラスがあるか、ガラス張りで光が差し込みやすい会場だとベストです。

 

 

 

 

間違ってもピンクや紫や青など、

 

独特な色の照明の会場は選ばないこと!!

 

 

 

あと気を付けた方が良いのは、マーチインやケーキカットなど、

重要な場面の演出で、そういう個性的な色の光をあまり使い過ぎないこと。

(ちょうど紫の光が顔に当たった時にシャッター切られたら最悪です!!)

 

 

 

まだまだ書きたい事はあるのですが、

 

長くなったので今日はこの辺で♪

 

 

 

 

 

次回に続く。。。(かも?)

 

 

 

 

 

ページトップへ