MangosteenClub 編集部ブログ

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

シンガポールdeベビースイミング

by 利休

  • 2016年4月1日

こんにちは、利休です。

気づけば今日は4月1日!日本でいうところの新年度の始まりですね。異動などで新たにシンガポールに来星される日本人の方もたくさんいらっしゃることでしょう!

 

かくいう我が家も駐在員家庭ですので辞令がいつでるかいつでるかとソワソワソワソワ。。。

いつそうなっても良いように、思い残すことのないように、当地でしかできないこと、今年もたくさん楽しんどこう❤ と、大好きなシンガポールで暮らせる日々に感謝しながら楽しいこと探ししています∧∧

 

 

そんな楽しいこと探しも、昨年、子利休ちゃんが産まれてからは選択肢がさらに広がったような気がします。

 

で、ここ最近、我が家が新たに始めたのがベビースイミング❤

年中常夏の国、この地の利を生かしていつでも遊べるプールで、しかも、何でもかんでもスポンジのように吸収する赤ちゃんの今(東大生には水泳習ってた人が多いらしいという真しやかな噂なんてぜぜぜ全然信じテナイヨ!)物心つく前に水に慣れさせてしまおうと思い立ちました。 

 

 

というわけで、少し前からベイビースイミングのコーチにコンドのプールに来てもらい、コーチのジャスミンと、子利休ちゃんと私たち夫婦のマンツースリーで子利休ちゃんの水泳レッスンがはじまりました!

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まいりとるらいふがーど❤

 

 

Happy Fish Swim Schoolから来ているジャスミンは、はきはき元気で笑顔がチャーミングなキュートなローカルの先生❤

jasmine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利休画(ごめんジャスミン)

 

 

赤ちゃんは集中力が持続しないのと体温が下がってしまうので毎回レッスンは30分。

まずはウォームアップ。プールの淵にちょこんと座らせて、おもちゃのカップを水で満たして手でパチャパチャしたり、ラバーのトイで遊んだり、

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パパが両足をもってパチャパチャバタ足キック。

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスン中は、常にこのバタ足キックの練習が基本になります。

 

そこから、合図と同時に、水で満たしたカップを頭からジャーっ!

(null)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らない人がはたからみたら一種の虐待と間違われるかもしれませんが(汗)これはれっきとしたレッスン行程の一つ。頭からビショビショになって目をぱちくり o(@.@)o する子利休ちゃんに、やったねーっ❤さすが子利休ちゃんだねー❤とみんなで拍手!!この励ましが赤ちゃんにとってはとても大事なのでレッスン中はひたすら大げさなくらい繰り返します。

 

 ウォーミングアップのあとは様々なポジションでバタ足の練習。

このときも、目の前におもちゃなどを浮かばせて遊び半分でたのしませながら!

6

 

Face to Faceキック

 

 

Soccerキック↓

目の前にトイを置いて、パチャパチャ…

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足でキャッチ!

8

 

 

父さん母さん力のチームワークが問われるポーンサイドキック↓

14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

など様々な恰好でひたすらバタ足。

 

でもこれ、上手にバタ足することが目的ではなく、足が水をとらえる感覚や前に進む感覚など、水の抵抗に体に慣れさせる意味合いが多いそうです。そんなレッスン中、時々、突然ぐずりだすこともあるのですが、そんなときは慌てず、おもちゃで遊んでみたり、歌をうたったり、数を数えたり、一緒に空を見上げてみたり

 

19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

して再びリラックスさせてあげます。  

 

子利休ちゃんの大好きなのは

 

♪Baby in the pool goes UP

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンド DOWN~♪

5

 

の繰り返し。ぐずっていたとしても、これをすると笑ってくれます∧∧

 

その他にも、耳をつける練習や

21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手助けなしで壁にしがみつく練習。カウント10!

わーん、つー、すりー、

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふぉーお、ふぁーいぶ、しーっくす、せーぶん。。。 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーいと、なーいん。。。うーん sweat01.gif

11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、うーん。。。sweat01.gifsweat01.gif

12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てん!  よじよじ。

13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きわめつけは、合図とともに一瞬だけ水の中に赤ちゃんを沈める練習。

unッ   deuxッ  troisッッ

 

さぶん!

22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SOooo Coo━*・゜・。+━p(´∀`*)q━+。・゜・*━━ooL!!!!

子利休ちゃんすごいねーーー❤母さん涙涙ですよー。親ばかでもいいたくましく育ってくれれば。

 

これね、初めて沈められた子利休ちゃんは当然のように、ビックリぎゃん泣き。

母さんたちだって、いいの!?ほんとに沈めていいの!?とおっかなビックリでしたが。。。

 

それでも私たちができることはプロのベビースイミング有資格者、ジャスミンを信じて練習すること、3~4回目、ある時からピッタリ泣かなくなったのですねっ!!赤ちゃんの順応性ぱねー

 

ただ、このブログを読む方にご注意頂きたいのは、私たちはあくまでも赤ちゃんの行動学などを熟知したプロのコーチのついてもらっていますので、当然ここに至るまでのステップとしてお風呂時などに様々な事前練習指導受けていますので、くれぐれも自己判断でまねっこしないでください~!

 

23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこのレッスンで一番大切なのは、水は怖くないもの、水は楽しいものと慣れ親しんでもらうこと。だから少しでも子利休ちゃんが不安を示したり泣き続けたりしているようなら、一旦ストップし無理をさせません。

 

 レッスンを始める前、実は子利休ちゃんより少し年長さんのママ友ちゃんから、シンガポールはプールにいつでもアクセス可能だから、わざわざベビースイミングを習わせなくても自然と泳げるようになるから大丈夫だよ、とアドバイスをもらったりもしたのですが、実際にベビースイミングを初めてみて(ママ友ちゃんGOMEN)、やっぱり良かったかもなと思うことはいくつかあって、

 

①    言葉もままらない子利休ちゃんとの濃密なスキンシップ時間がまた一つ増えた♪ 心置きなくベタベタしちゃうもんねー(*/∇\*) キャ  普段かまってあげられないからなおさらかもしれません。

 15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 べた♡

 

②    子利休ちゃんと私たち親との三人共同作業というのもまたよし❤パパママのチームワークも改めて再確認 ( 。・_・。)人(。・_・。 )ウッシ!

 

 ③    そして水の抵抗の中でのエクササイズなので、普通に子利休ちゃんと遊ぶよりも、短時間で子利休ちゃんがエネルギー消費でき健康的に疲れてくれて、そのあとのお昼寝も大爆睡!

18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④    そして私が一番有意義だと感じているのは、ジャスミンのティーチング方針。スイミングを教えるだけにフォーカスせず、その過程の中で、赤ちゃんが吸収できるあらゆることを盛り込んでいきます。レッスンの過程でジェスチャーを交えながら歌を歌うことでリズムや言葉の発達を促せるかもしれないし、様々なおもちゃを使うことで色や形、動物などの名前を憶えられるかもしれないし、感性の発達も期待できるかもしれないと思うとスイミングを通し文字通り心身ともに成長を期待できるので、一石二鳥三鳥?いや、やり方や工夫次第ではもっとかも!

 

 

とりわけ印象に残ったのが、ジャスミンが、くじらのおもちゃを指して、“これは、私たち大人にとってはくじらのおもちゃだけれど、くじらだと教えなくてもいい。子利休ちゃんがペンギンだというならペンギンでもいい。青い色を赤いというならそれでいい。正解などない。赤ちゃんが感じるまま、それが正解。

 

わー!素敵❤ドッキン(♥∀♥)ドッキン  

私自身人生の課題としている、先入観にとらわれないこと、それを地で行くポリシーにもうドキドキ(✪ฺ艸✪ฺ) 

 

イマジネーション万歳♡

 17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家はたまたまベビースイミングをきっかけとしていますが、これはあくまでも手段であって結果ではないのだろうなと。それはきっと、リトミックだっていいだろうし、お絵かきだっていいだろうし、そのあとのプロセスを大事にしていけるのならどんなことがきっかけでもよくて、それは大人でも子供でも万事に通じることではないかにゃーと思ってみた利休なのでした。

 

Happy Fish Swim School

TEL : +65 6589 8650

ADDRESS : 134 Jurong Gateway Road
#04-309Q Singapore 600134

ページトップへ