MangosteenClub 編集部ブログ

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最新記事

Morozoff シンガポール 来たー!

by アブドラ・キャサリン

  • 2017年11月10日

まいど

金曜日担当のアブドラです。

イヤーなんかもう最近家に帰るのがおそなってしんどいわー。

こんな時には甘いものが···。

 

そんなアブドラのもとに「関西のチョコレートゆうたらモロゾフのモロゾフさんがオープンしはりましたんやて。」という情報が。

ほんまですよって、なんといいタイミングなんざんしょう。

実はアブドラ昔芦屋に住んでたことがありましてな、神戸は結構庭なんですわ。

しかもモロゾフの本社、芦屋の隣の東灘にありましてん。めっちゃご近所さんやったわけですわ。

 

ところで、なんで「モロゾフ」言わはるか、しってます? なんかロシアっぽい?  そう思った方。ハイ座布団1枚さしあげます。

もともとロシア人の「モロゾフ」さんが神戸でチョコレート作ってはったようですね。

ドイツ人の方が始めた「ユーハイム」さんと並ぶハイカラな洋菓子が、神戸にはあるんですよ、芦屋出身の「アンリ·シャル·パンティエ」さん併せそろい踏みですね。

いやー関西出身者にとっては、ほんま日本近くなったわー。

 

で、実は先週がオープンの日ということで、早速行ってまいりました。場所はプラザシンガポールの1階、キャセイ映画館側の出口のすぐ近く。

Morozoff Singapore Store Corner

 

めっちゃ懐かしいシンボルカラーの緑が目に飛び込みます。

言わずと知れたチョコレートは、プレミアムと少しお値打ちなフェバリットの2ラインがありました。

昔アブドラのうちでは、よくお歳暮でモロゾフのウイスキーボンボンをいただいたので、子供のうちから、グぴっとたしなませていただきましたなぁ。

プレミアムは11個入り30ドルから、フェバリットは15個入りで25ドルからと、ちょっとしたお持たせに最適な価格とクオリティ。

カカオ度の高い大人の味。ママお持たせ、ご主人の上司宛の気の利いたお持たせなどに重宝しますね。

Premium Chocolate

それと、焼き菓子も充実してます。ママ友お家ハイティ―にぴったりですね。アブが好きなのはマドレーヌ。

Broadland

Odette

それと実際にお伺いして、買いと思ったのはクリスマス関係の詰め合わせ。

Christmas Dream Land(maru)

 

これ、15ドルですよ。私が欲しい···。  関西人の家にはモロゾフさんのプリンの容器が必ずあるという都市伝説があるのですが、モロゾフさんのパッケージのこだわりはチョコレートの缶の美しさにもあります。このクリスマスパッケージ可愛すぎる。  この後、飴ちゃん入れたり、小銭入れにしたり、結構使い勝手がいいんですよ。  さすが関西 ええわーー。

Book 25

 

クリスマスブック可愛すぎる。これからの子供のクリスマスパーティのグッディバッグ、これ一つで完了ですね。

プレゼント交換にも手ごろなお値段と可愛さで喜ばれること請け合い。

 

で、アブドラ恒例の、うんちくを最後に一つ。

日本で最初にバレンタインデーにチョコをあげると提案したのはどこでしょう。

 

icon_rolleyes.gif

 

そう、モロゾフさんらしいですわよ。 なんでも昭和11年(1936年)に提唱したのだとか。

 

ほなお後がよろしいようで。

(場所)

プラザシンガポール内、キャセイ方面の出口、HSBC Orchard  Dhoby Ghaut branch の反対側 (#01-60)です。

ま、一度いってみなはれ。

 

ページトップへ