MangosteenClub 編集部ブログ

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

 セバスチャン 

クアラルンプールの日本デパート

by セバスチャン

  • 2017年4月22日

こんばんは、セバスチャンです。

 

先日、仕事でKLに行ったついでに、昨年できた「日本」を前面に打ち出す、

ISETAN The Japan Storeをのぞいてみました。

 

場所は、ブキビンタンの中心LOT 10内。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく、

 

「日本の商品を中心に販売しているフロアがあるくらいかな」

程度に予想していたのですが、

地下1階から地上5階までがびっしり「ジャパン」でした。

 

地下1階 THE MARKET

食料品の販売やイートインコーナーなど。

 

 

download (9)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階 THE MUSEUM

日本ならではの逸品が並ぶフロア

 

download (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階 THE STUDIO

ファッション関連商品のフロア

 

 

02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3階 THE ROOM

美容関連、生活関連のフロア

 

IMG_3319

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4階 THE CUBE

アートカルチャー関連のフロア

 

download (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5階 THE TABLE

レストランフロア

 

IMG_3301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランフロアには、

 

とんかつ「あんず」

 

焼肉「トラジ」

 

博多水炊き「とり田」

 

ダイニング「Tokyo Restaurant」

 

すし「麻布」

 

など、日本の名店が軒を並べています。

 

で、仕事終わりに、ニューヨークの本店では、
セレブハリウッドスター有名モデルも足しげく通う、
ミシュラン一つ星を獲得した「すし麻布」で食事。

 

カウンターが主体のこじんまりとしたお店で、

職人さんの丁寧な仕事をすぐ目の前て見ながら食べる寿司は最高ですね。

 

download (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ。。

 

 

 

 

download (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珠玉。。

 

 

 

 

download (6)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うに。 いいよ、うに。

 

 

 

download (7)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねっとり芳醇な白えび。

 

 

 

download (8)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KLに行く楽しみが増えました!

 

 

ISETAN The Japan Store

http://thejapanstore.mistore.jp/my/en/index.html

シンガポールで七五三

by セバスチャン

  • 2017年3月25日

こんにちは、セバスチャンです。

週末、そろそろ4歳になる娘を連れて

ようやく七五三の記念撮影を実行しました。

 

撮影はもちろん、オーチャードのコンコルドホテルに

スタジオを構える「節句屋」

 

IMG_3463

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物も豊富にそろっています。

 

IMG_3457

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘の強い要望で、こちらをチョイス。

 

IMG_3462

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンパンマンのDVDを見ながら、髪をセット。

 

IMG_3461

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てきぱきと慣れた手つきで着付けをしてくれます。

 

IMG_3478

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪飾りの種類も豊富。

色々と話しかけてくれて、娘の気分をほぐそうとしてくれますが、

娘は堅い堅い。。

 

IMG_3485

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がり。

しばし娘は、分に見とれていました。

 

IMG_3492

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影も、いろいろな小道具を使って、

パシャパシャと、娘をノセながら手際よく実施。

 

IMG_3499

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は堅かった娘も、最後にはノリノリになっていました。

 

IMG_3515

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に写真を選んで終了。

 

IMG_3544

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、両親は自分たちの体型の変わり具合にショックをうけ、

娘の写真を選ぶところではない。。

本気でダイエットしなきゃな。

 

節句屋さん、ありがとうございました!

 

節句屋
住所:100 Orchard Road, #03-12, Concorde Hotel & Shopping Mall
TEL : +65-6836-3018
WEB:http://cgi.geocities.jp/seqya2005/

シンガポール、タンジョンパガーで地元自慢

by セバスチャン

  • 2017年2月11日
こんにちは、セバスチャンです。
 
新しくできたタンジョンパガーのランドマーク、Tanjong Pagar Centreに、
JR東日本がカフェ[Japan Rail Cafe]をオープンしましたね。
 
IMG_1010
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とはいっても、メニューの中に、駅弁があるというわけではなく、
毎月各地方のテーマを設けて、シンガポール人に対して、
日本の旅情報を提供して、シンガポール人同士でも情報を交換し合える、
サロンのような側面をもったカフェです。
 
IMG_1061
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オープン以来、東北や、新潟、長野、群馬など、
様々な地域をピックアップしてプロモーションを実施してきて、
現在は静岡県を取り上げています。
 
IMG_2307
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日行われた静岡県イベントはこんな感じで、
 
IMG_2306
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_2309
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本に何度も旅行するようなリピーターのシンガポール人が集まり、
静岡と中継をして地元の人と交流をはかっていました。
 
ちなみに、今月末からは四国をフォーカスす予定だそうです。
 
どなたか、「自慢の地元」
シンガポール人に紹介したいという方がいたら、
利用してみてはいかがでしょうか?
 
いつか、僕の地元の「練馬」もピックアップしてもらおうかな。
 
観光資源は、、、石神井公園石神井城跡照姫まつり練馬大根としま園光が丘団地陸上自衛隊広報センター
 
こうしてみると、かなりディープなリピーターの向けの観光地ですね。
最後のディスティネーション、的な。。
 
 

Japan Rail Cafe
住所:5 Wallich Street, #01-20 Tanjong Pagar Centre
営業時間:11am-9pm
ウェブサイト 

フェイスブック 

親子で学べる体験型施設に行ってきました

by セバスチャン

  • 2017年1月14日
こんばんは、セバスチャンです。
 
週末、1月号のマンゴスティン倶楽部でも紹介している、
サイエンスセンター敷地内の「Kids Stop!」に娘と遊びに行きました。
 
なんせ、本誌持参で20%OFFなので。
 
さて、ジュロンイースト駅からはバスでも徒歩でも行けるサイエンスセンター。
天気もいいので娘をバギーの載せて、歩いていくことに。
 
目ざとく水遊び場を見つけた娘の、
 
「プール!プール!!」
 
攻撃や、
 
同じく目ざとくマクドナルドを見つけた娘の、
 
「ポテト!ポテト!!」
 
攻撃をにあうも、ガン無視でバギーを走らせてかわし、
なんとか入口に到着。
 
FullSizeRender_2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
施設内は、いくつかのエリアに分かれていて、
子ども達が楽しく遊びながら、社会の仕組みを
体験することができます。
 
化石の発掘ができる砂場。
 
IMG_1912
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人体の仕組みを楽しく学べるメディカルエリア。
 
FullSizeRender
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
飛行機やロケットのコクピットにも乗ることができる。
飛行機はパイロットの制服も。
 
FullSizeRender_1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FullSizeRender_4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
工事現場とお買いものエリア。
 
 
FullSizeRender
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FullSizeRender_1 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
色を塗った魚が画面を泳ぐアクティビティや、
蜘蛛の巣のようなネットジャングルジムなど。
 
 
FullSizeRender (1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FullSizeRender_3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カフェやシアターも併設していて、
なんだかんだで、半日はつぶせました!
 
 
Kids Stop! 2017年3月末まで本誌持参で20%OFF
子供18カ月~8歳 平日$20 土日祝スクールホリデー$23
大人 平日$10 土日祝スクールホリデー$13
 
 
 

 

 

ねんど遊びと神経教育学

by セバスチャン

  • 2016年12月17日

こんにちは、セバスチャンです。

 

先日、会社に謎の箱が4箱届きました。

 

一見、ピザでも届いたのかな?と思うようなデザイン。

 

img_1183

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当者から、

 

「週末、ぜひ娘さんと遊んでください」

 

と託され、箱を開けてみると。

 

箱の割には、内容はシンプルで、、、

 

粘土とスポンジ、そして!?

 

img_1185

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、シンガポールのDa Vinci Groupという団体が開発した、

神経教育学に基づいた、脳開発系の幼児教材。

 

詳細はこちら http://www.davincisg.com/

 

粘土で何かを作るということは、神経学的にも心理学的にも

脳開発上、大変効果がある、ということは何となく知っていたのですが、

ほんとうにシンプル。

 

2箱目を開けると、

 

粘土とヘラ

 

img_1186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3箱目を開けると、粘土と麺棒と、

なんかとんがった棒

 

 

img_1187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、4箱目を開けると、粘土と、、、またヘラ。

 

 

 

img_1189

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供に一切媚びていない、

まさに禅の境地のようなシンプルさが潔い。

大人の男が惚れ込んでしまいそうな仕上がりです。

 

 

 

さて、さっそく創作活動へ。

 

粘土より、スポンジが気になる娘。

 

 

 

img_1191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マニュアル通りにカップを作ります。

 

 

 

img_1211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コネコネ

 

 

img_1199

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できたー!って結局、娘は粘土をコネコネしただけで、

創作活動はパパがやることになりました。

 

 

img_1205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40歳過ぎても、脳開発できたかな?

 

2箱目~4箱目の粘土は、また来週末、

娘と一緒に創作しようと思います。

   

ページトップへ