MangosteenClub 編集部ブログ

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

最新記事

岡田珈琲と味千ラーメンの本店に行ってみた

by アニー

  • 2017年2月27日

こんにちは、アニーです。

 

実は先月旅行で九州に行く機会があったので、人気の喫茶店「岡田珈琲」と、意外にも熊本発という「味千ラーメン」本店に行ってきました!

 

まずは熊本上通にある岡田珈琲さん本店です。

 

IMG_0086

IMG_0090

IMG_0088_Ink_LI

 

元マンゴスティンスタッフのゆっきーなにも再会!

 

シンガポールと同じふわふわの生クリームつきで美味しいheart01.gif

 

■岡田珈琲web

http://www.okada-coffee.com/

 

そして、実はめちゃくちゃ楽しみにしていた味千本店。

 

IMG_0070

おーシンガポールと同じだ!!

 

IMG_0075

IMG_0073

 

つけ麺めっちゃウマい!!!!!

 

最後は味千のキャラクター「チィちゃん」とパシャリ。

(チィちゃんって言うんだ・・・初めて知りました)

 

IMG_0076_Ink_LI

 

■味千ラーメンweb

http://www.aji1000.co.jp/community/

 

いやー本店めぐりかなり充実しました。

この感動はシンガポールに住んでいないとわからないけれど、熊本に行ったらぜひ皆さまも訪れてみてくださいまし。

 

このお方もmust seeですねheart01.gif

 

IMG_0084

 

 

 

アニー

 

 

アイス食べ放題だと!

by リック

  • 2017年2月25日

みなさま初めまして、自称酒、砂糖とカフェイン3中毒リックです!

 

ブログでは初めてですので、簡単な自己紹介をします!

血液型:B型(多分(^^;)
九星:二黒土星
趣味:撥弦楽器、ボードゲーム、コーヒー、甘いものと酒
チャームポイント:メガネ
最近ハマってること:インパルスのお笑い
一番楽しいのはどんなとき?:ステージ上で演奏するとき
自慢したいこと:デュエットの男女パートを一人で歌える
好きなローカルフード:タイガービール
 
これくらいですかな。
今は素人カバーバンドやっていますので、ライブに是非来てください!
 
はい、それでは本題に戻りましょう!
 
 
今日シンガポールでは滅多にないアイス食べ放題のお店に行きました!
 

お店はシンガポールによく見かける
SWENSENSという洋食屋です。

 

ION Orchard店のみアイス食べ放題のプランがあります。
(お店の看板を撮るの忘れた。。。(T.T))

 

iceCreamDessertBuffet

週末だから、一人はSGD20.9(サ•税別)です。

 

DSC_0528

アイスはこんなにたくさんあります!

 

DSC_0530

な、なんと、ジェラートもある!

 

DSC_0527

トッピングはナッツ、チョコと缶詰フルーツまで勢揃い

 

DSC_0529

アイスだけではなく、他にケーキやチョコフォンデュもあります。

 

さぁて!いざ、試食!

(実は、六回くらいとりに行ったが、食べることに専念したので、

写真あんまり撮ってなかった。。。)

DSC_0531

紫のは里芋&ココナツで黄色いのはOld Fashion Vanillaでした

 

アイスは店員さんがすくうので、是非食べたい分量を店員さん教えてね!

 

創作欲が溢れる自分では、ちょっとアレンジしました

DSC_0532

サクサクなワッフルの上でのせたのはMacadamia Nutのアイスです。

 

コースは時間制限なしで、今回は三時間ほど食べました(^^;

(こりゃ太るわ。。。。)

 

甘党はみなさまに、是非、一回お試してください!

 

それでは、また次回にdiamond.gif

 

バイバ~~~~~~~~~~~~~イヾ(´・ω・`)ノ”

旧正月、モルディブハネムーンへ❤✈︎

by まりんこす

  • 2017年2月21日

はじめまして、まりんこすと申しますicon_razz.gif

まずは簡単に自己紹介٩( ᐛ )و
 
東京の旅行会社にて6年間法人営業をした後、結婚・来星を機に退社、
マンゴにめでたく入社させて頂きました(*´▽`*)
生まれはアメリカ、1歳から練馬育ち、中学の時だけフィリピンで過ごし、アメリカに大学の時に1年留学、と
経歴だけ見るとちょいグローバルなアラサーです。
ただ何故か中身はめちゃ②日本人の下からまりんこすです。
 
マンゴウェブ内の自己紹介はこんな感じ↓
 
血液型…A型 (O型と誤診されたこともあり)
九星…三碧木星
趣味…ダンス、海外ドラマ・映画鑑賞、スノボ、可愛いもの全般、フラ、料理、鞄作り、ダイビング
チャームポイント…左右非対称の目と低い鼻
最近ハマっていること…人狼ゲーム、ライブで振り完コピ
一番楽しいのはどんな時?…お肉を目の前にしたとき、友達と無駄に騒ぐとき
自慢したい事…魚を綺麗に食べる、演歌や昔の曲もそれなりに歌える(祖父直伝)
好きなローカルフード…ラクサ鍋、バクテー
 
ということで、誰得icon_rolleyes.gifpunch.gifの自己紹介はこれくらいにして,,,icon_cry.gif
 
この間のチャイニュー(旧正月)のモルディブ旅行記を書かせて頂きます( ..)φ!
ご旅行ご検討中の方には少しでもご参考になれば幸いです。
 
元々添乗なんかもしてましたが、
ハワイなど同じような場所ばかり行っていたため、モルディブは初❤️( *´艸`)デへ
 
結論から言うと、最高!!!!!です(・∀・)イイネ!!
 
私、正直どっちかっていうとビーチよりシティ、とりわけ可愛い街巡りなんかが好き、という女のため、
ビーチのスローステイがこんなに癒されるとは思っておりませんでした。
(前職の時のように仕事の電話dollar.gifの恐怖がないというのもプラスしてるのかもですが・・)
 
 
shine.gifモルディブ良かたポインツshine.gif
 
①シンガポールから、近ーい!
 
シンガポールからモルディブまでairplane.gif直行便でわずか4時間半
シンガかドバイか経由で10時間以上かかる日本からに比べたら、、近!icon_lol.gif
シンガポール在住の方は今のうちに是非!
 
②朝日・夕日
旅行は、行く場所より一緒に行く人、と学生の時は思っておりましたが
(今もそれは大きいと思いますが)やっぱり旅行に行くからには日本やシンガでは見れない絶景を見たいと思うもの!
 
モルディブの朝日・夕日はずっと見て思いに馳せられるこんな感じでした・・
<朝日> 朝起きたら
S__9437191S__9437190
 
 
 
 
 
 
最高かlovely.gifpaper.gif
 
<夕日>
S__9437193
S__9437194
 
S__9437217
 
サンセットフィッシングとコテージ前(恋ダンスに今更はまっていたり・・)
 
②飲!食!(オールインクルーシブ+ハネムーンに慣れている)
モルディブは大体のホテルがオールインクルーシブ!
簡単に言うと食べ飲み放題!やりたい放題!
さすがにスパやダイビングは別ですが、食べ飲み放題で十分。
常に満腹の状態です。小腹すらすかない。
 
これぞ、究極の幸せicon_cool.gif
 
肉食夫婦は毎日ステーキを頂きました。もちろん海鮮も最高でした。
ちなみにブッフェにはキッズコーナーもあり子連れさんでも安心!
S__9437218
 
そして入籍してからは実は1年以上経ってますが、
ハネムーンということにしてホテルには交渉。
(恥ずかしくなければホテルにはそう言うのが断然お勧めです。笑)
部屋をデコしてくれたり、差し入れくれたり、食事もこんなかんじでセットしてくれたりします🌟(卑しくてごめんなさい)
S__9437219ダウンロード (1)
 
とにかくモルディブはハネムーンカップルに慣れている感満載なのでお勧めです★
 
④水上コテージ
やっぱりモルディブといえばこれ!!水上コテージ!!
桟橋から向かってく時点でテンション急上昇icon_lol.gifup.gif
想像以上です。このベランダなら一生いれます。(究極のダメ人間になりますが)
S__9437202S__9437204
 
⑤ダイビング
夫婦でライセンス持ってるので今回もダイビング!
海は綺麗だしニモもドリーも亀ちゃんもいるし一人でテンションあげあげ↑
で↓写真のようになりました。
S__9437212S__9437213S__9437216
 
 
 
 
 
 
 
ここでやっと・・
S__9437215
旦那が私だけテンション高い感じになってしまっていることに気がつき・・
S__9437214
まぁまぁバランスのとれた写真に!
S__9437220
でも結局最後は一人でズグダンズンブングンicon_rolleyes.gif
 
ーーー
 
という感じでモルディブ行きたくなった方もしいらっしゃったら・・airplane.gifheart.gif
計画時大事と思われることを、最後に少々!
 
shine.gif計画時おすすめポインツshine.gif
 
①乾季の12月〜4月を選ぶべし!sun.gif
海にしても景色にしてもやっぱり天気が大事な場所です。
 
②旧正月を・・避けるべし!w
今回やっぱり旧正月ということもあり混み混みでしたicon_eek.gif
それゆえに少々お高めになることも鑑みると避けた方が無難かと思います。
 
③水上コテージを最終日だけにするべし!
ケチっぽくてあれですが・・今回水上コテージは最後1泊だけにしました。
他はフロントに近めのただのオーシャンビュー。結果的には正解かと◎
最初の方はアクティビティー詰めててフロントに行く機会が多かったので時間も有効に使えてGOODgood.gif
(スローステイといいながらもやっぱり時間と効率性を気にしてしまうのが日本人の性かと思いますので・・)
そして何より、大幅にコストダウンできますdollar.gif
 
⑤映画をDLしておくくべし!movie.gif
飛行機はSQでもSilk Airの機材の可能性あり。LCCではないのでブランケットや機内食はありますが、映画はほぼないので事前にDLしておくと良いと思います。もしくは本など暇つぶしグッズは持ってくとよいかも◎
 
⑥良いカメラやゴープロ的な水中可能なカメラを持っていくべし!camera.gif
今回我らはゴープロもどきのヤシカというカメラと、デジタル一眼のオリンパスペンを持って行きました。そして見事にヤシカは水没させましたcrying.gif
が、テンションをあげさせてくれた2つです!
S__9437222
 
ーーー
 
行ってみたくなった方は是非sign01.giflovely.gifdash.gif
 
私は今度は、今回見れなかったジンベエザメと泳ぐ夢をかなえるためセブあたりに行ってみようかと思いますpisces.gif
 
ではまたpaper.gifまりんこすでしたrun.gifdash.gif

犬好きにはたまらない!Tanjon Beach Sentosa☆

by ルーナ

  • 2017年2月19日

こんにちは!

日曜日ブログ担当のルーナです~!delicious.gif

 

さてさて、先週セントーサ島のタンジョンビーチへ行ってまいりましたflair.gif

ずーっと行ってみたかったのですが、イベントやらマラソンやらでシロソビーチとパラワンビーチばかり行く機会があって…

 

今回は念願のワンコと一緒のタンジョンビーチでしたheart02.gif

 

 

うちの子は車大好きなので、行きからこんな感じshine.gif

IMG-20170217-WA0005

 

窓にベッタリへばりつく…coldsweats01.gif

 

さてうちのワンコも外出は大好きですが、今回わくわくだったのは私たち飼い主の方up.gif

 

実は今回の遠出は、初めて海で泳がせてみよう!という意図からでした。

今から自分の身に何が起こるとも知らず…笑

 

さて到着してまずびっくりしたのは、朝9時頃にいる犬連れ家族の多いこと多いこと。

駐車場の車からは続々と犬が降りてきますsign03.gif

 

犬嫌いのうちのワンコ、あまりの犬の多さに唖然。笑

 

IMG-20170217-WA0004

 

とりあえずあまり人気のない海岸へ行ってたそがれてみる…

 

 

IMG-20170217-WA0003

 

他の犬から逃げ惑ってみる…

 

 

IMG-20170217-WA0002

 

飼い主の食べ物をねだってみる…

 

タンジョンビーチには『Tanjong Beach Club』というレストランがあり、

もちろん犬オッケーですgood.gifshine.gif

 

朝だったのでクランベリーパンケーキにしたのですが、

これがまた美味しいheart01.gif

 

写真にがっつり影がかかっちゃってますが、まあ私の撮影技術がヘッポコなのは前からなのでご愛嬌といことで…

 

IMG-20170217-WA0007

 

レストランにはプールもついていて、週末を過ごすにはピッタリのオシャレな感じが若者にウケけている理由なのでしょう!

 

Capture

 

時間が経ってくると、人も犬も増える増える!

犬がダメな人はタンジョンビーチは厳しいかも…?

 

IMG-20170217-WA0006

 

なんやかんやで4時間ほどビーチで遊んだでしょうか…

結局うちの子は泳げることを見事に証明し、

また自ら海には入らないということも証明してくれました。笑

 

 

IMG-20170217-WA0001

 

もう完全に水遊びより食い気coldsweats01.gif

(テーブルの食べ物をジーッと見つめる…eye.gif

 

次はいつ行けるかな~?

タンジョンビーチでチキンなシェルティーを見かけたら、

撫でてやってください。笑

 

そして犬好きだけど飼えない~という人も、ぜひ!

タンジョンビーチに遊びに来る飼い主も犬もめちゃくちゃフレンドリーですぐ仲良くなれますheart04.gif

 

 

それでは次回のブログも宜しくお願いします~heart01.gif

ルーナでしたclover.gif

テーブルの芸術 beni 探訪 「物語を体感するレストラン」

by アブドラ・キャサリン

  • 2017年2月18日

まいど アブドラです。

なんか気が付いたらもう旧正月も明けて2月も後半。

なんかどんどん時のたつのが早く感じられますが、皆さん安生おすごしでしょうか?

突然ですが、シンガポールは食に事欠かないといいますが、

「食事をする」ということは皆さんにとってどういうことでしょうか?

 

1)お腹を満たす

2)体に必要な栄養をとる

3)語らいの場

4)新しい体験の場

5)探求と思い出の場

 

なんて、ざっくりあげてみましたが、アブドラそれなりに長く生きてきて

未だに語り草的に思い出に残っているメニューやお店が何点かございます。

今回そのような一つになりそうなお店に行ってきたのでご紹介したいと思います。

 

その名は beni Kenji Yamanaka

昨年後半ににミシュランの星付きになったにもかかわらず

突然リニューアルのために閉店してしまった。アブにとって謎のレストランでございました。

 

で、このたび機会があり訪問してみたのですが、想像以上に楽しい場所でございました。

 

今回はオーチャードが見えるプライベートルームでの食体験

隣接するキッチンのようすも見え、食体験の期待が高鳴ります。

 

IMG_6768

 

移転前より大きくなって、カウンター席とプライベートルーム、とダイニングエリア

で計24席。

サービス部門もイタリア、フランス育ちのスイス人ANTOINE氏を筆頭に、韓国美人のソニアさんをはじめ国際色豊か。

 

なんでも、フランス語、英語、中国語、韓国語、日本語、イタリア語等数か国語で対応するため、言葉でのストレスがないサービスの提供ができるそうな。

 

 

しかもジェネラルマネージャのANTOINEさんの控えめながら生きるワイン辞典的な博学ぶりとスマートなサービスには、注文するのではなく、サーブしてもらう醍醐味を味わえます。

 

彼が選んだワインリストには、ワイン通のライターが、「今度私のワインのマスタークラスで、このリスト使わせてもらうわ」と感嘆するほど素敵なリスティングのようです。

 

しかもそんな彼が選んだハウスワインはグラスで飲める気軽さ。

ワインは無農薬、保存剤の入っていないものを基本としてセレクトされているそうですよ。

 

その他、シンガポールでここだけしか取り扱っていないワインの他、日本が誇る究極の日本茶との呼び声も高い「IRIKA 」(炒香)を生産する神奈川のロイヤル ブルー ティーJapan社のお茶がフレンチと味わえるという贅沢ぶり。

 

30年以上無農薬、化学肥料を使用しないで作られた幻の日本茶。

2015年に世界農業遺産に認定された宮崎のお茶をこだわりの製法で、ワインと同じ瓶にいれ品質が変わらないようにして届けられる逸品は、黄色の強めの薄緑色も爽やかで、お料理の味を邪魔せずに、しっかりとしながらもどこまでも清純なお茶自体の味や香りも堪能しつつ、次のお皿へとつないでくれる素敵なおちゃでございました。

なんでも、アルコールが飲めない方向けに取り入れたそうですが、そのビンテージぶりもさることながら、フレンチにお茶という新鮮な体験でした。

 

 

今回はいくつかのサンプリングを体験しましたが、私が一番素敵と思ったのは

シマアジとタケノコのメニュー

 

 

 

IMG_2955

 

 

シェフの山中さんのこだわりで、日本の素材、テーブルウエアをベースにフレンチを味わうコンセプトらしく、特注の有田焼でサーブされるお料理。

 

 

ピンク大根とラディシュ、長崎のシマアジとタケノコとグレープフルーツが、フキノトウのガーニッシュともに提供され、会席の感覚で日本の早春を感じられ大変うれしく思いました。

 

一か月に30頭しか出荷されない尾崎牛のフィレとサーロインの一番いいところがシンガポールで食べられるのはここだけ」など料理人山中さんの日本とフレンチのマリアージュが思う存分に体験できる場所でした。

 

 

これだけの素材を吟味する山中さんも山中さんですが、シンガポールにこれらの究極素材を供給する人たちに選ばれるだけのお料理を提供するのはものすごいプレッシャーだと推察いたします。

 

その分レストランを訪れる際に、新しい発見がある楽しみの多い場所だと思いますよ。

 

 

まさしく食というアートと、素材やお皿などのバックグランドにある物語を一緒に味わえる稀有な場所だと堪能させていただきました。

 

そんなちょっと背筋が伸びるような素敵なお料理を提供してくれる山中さん。

 

厳しい方かと思いきや、柔らかい感じの気さくな雰囲気の方でほっとしました。

今度は是非カウンターでお会いしたいものです。

 

ちなみにお昼のコースは月曜日から金曜日に限っては

お手頃な$68のコースもあるとのことです。

 

それではお後がよろしいようで、

いくつかのお写真とともに  ほな~

IMG_2949

IMG_2950

IMG_2960

 

 

IMG_2963

 

IMG_2973

http://www.beni-sg.com/

   

ページトップへ