MangosteenClub 編集部ブログ

個性あふれるマンゴスティン倶楽部の編集部メンバーが日替わりで更新中!シンガポールのリアルライフをお届けします。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

香港の食べ物について

by ファ

  • 2017年12月10日

皆さん、こんにちは~ 日曜日の担当ファです!

本日は、香港でいっぱい食べましたので、今回のトリップをフードホッピングもしました。
美味しいものを紹介します!

 

まず、ワンタン麺です!

通常大きい蝦雲呑と葉菜が添えられ、ドライとスープ麺を選べます。

 H1

 

H2

 

もちろん香港のディム・サムすごく有名です、個人的にはこの店に行ってます。

ディム・ディム・サム
(こちらは、日本のメニューもありますので、ご安心してください!)

DSC_5039

 

揚げピーマン↓

H3

 

菠蘿包(ポーローパーウ)↓

H4

 

覚えていませんが、美味しかったナスでーす。↓

H5 

流沙包↓ lovely.gif

H6

 

H7

 lovely.gifgood.gif lovely.gifgood.gif lovely.gifgood.gif lovely.gifgood.gif lovely.gifgood.gif

 

そして良くわからないですが、こちらも美味しかった!!

H9

 

H10

 

本物の北角鶏蛋仔 ↓shock.gif

H11

 

H8

 

 

皆さん香港に行くときぜひ、フードホッピングも試してみてください。

では、また今度!

今日から始める「トリガーポイント」ケア

by みかん

  • 2017年12月6日

 

 

今日は、筋肉にまつわるお話しです。

 

 

 

 

「体が右に傾いている。」

「肩が凝ると頭痛がする。」

「腰が痛い。」

 

 

 

それ、

 

 

”トリガーポイント”

 

が原因の可能性大です。

 

 

さて、トリガーポイント=Trigger Point とは??

 

※Trigger意味 : 誘発する・引き金を引く・など

 

 

 

 

まず基本。筋肉はこのような何千もの筋肉繊維が集まってできています。

 

 

20171206_083712

 

それが、同じ姿勢をとり続けて血液の循環が悪くなったりすると、このような小さいしこりのようなものが、繊維の至る所にできてしまいます。

 

いわゆる、しこり。ですね。

 

 

20171206_083924

 

 

このしこりは、ツボと違い、押すと押した個所以外の場所に傷みが走る

 

 

「関連痛」です。

 

 

 

 

よく言う、肩こりからくる頭痛。はこのことです。

 

 

 

 

 

 

これは、押すと大変痛い。です。weep.gifthunder.gif

 

 

 

ほっておくと慢性の痛みになるので、頻繁にリリース(開放?)してあげる必要があります。

 

 

 

 

ちなみに、運動してても、柔軟運動を毎日してても、誰にでもトリガーポイントはあります。

 

それは、椅子に毎日座っててもできるし、同じ姿勢を強要される運動も原因となるから!

 

 

※ない人はいませ~ん。

 

 

さて、どうしたらリリースできるかというと、専門医(整体など)に行かなくても、自宅で簡単にできますgood.gif

 

 

 

“Massage Ball” “Myofascial(筋膜)Release ball “などで検索すると、こんなボールがでてきます。

 

例 Amazon: https://www.amazon.com/TriggerPoint-Self-Myofascial-Release-Tissue-Massage/dp/B003ZG8PEE

 

Screenshot_2017-12-06-08-52-15

 

 

方法は、壁や床を利用してトリガーポイントを押すこと。

 

 

20171206_084855

画像引用元:https://www.amazon.com/TriggerPoint-Foam-Massage-Deep-Tissue-2-6-inch/dp/B016L9K7X8/ref=dp_ob_title_sports

 

 

すごく痛い個所でも、最低3分くらいは同じところを押し続けること。だんだん傷みは軽減します。

 

 

 

トリガーポイントの場所、知識がないと自分で見つけるのはなかなか難しいですよね?

 

 

 

そんな時は、便利なアプリケーションがあります。good.gif

 

 

 

Screenshot_2017-12-06-08-42-50

 

 

どこを押すと、どこの筋肉を開放できるか、わかりやすく解説してくれます。

 

 

このように↓↓

Screenshot_2017-12-06-08-40-43

 

 

トリガーポイント、背中部分だけでもこんなにあるのです!!(黒の点全て

 

 

 

Screenshot_2017-12-06-08-41-44

 

 

週に一回でも、トリガーポイントのリリースに時間をかけてみてください。

 

あなたの、 

 

 

「体が右に傾いている。」

「肩が凝ると頭痛がする。」

「腰が痛い。」

 

 

 

 

治るかもしれません。

 

 

 

 

 

おすすめの100%ノンケミカルなスキンケアアイテム

by おまつ,月曜日

  • 2017年12月4日

こんにちは!おまつです。

 

ずっと前髪を作っていなかったのですが

前号の美容大特集に感化されて前髪をつくりはや1ヶ月。

ようやく、前髪がなじんできました。

でも雨が続く雨季は、ちょっとお手入れが大変ですね。

 

さて、前置きはこのくらいにして。

 

わりと形から入るタイプの性格と

新しいもの好きの性格があいまって

このたび新しいスキンケアをお迎えしたので

シェアしたいと思います。

 

ニュージーランドからやってきた100%ナチュラルの

スキンケアブランド、Sven’s island。

正直言うと、12月号の制作をしているときに出会いました(笑)

 

Processed with VSCO with p5 preset

 

惚れたポイントは、まずこのパッケージ。

お、おしゃれ~~。そして、とにかくかわいい。

置いてるだけでテンションあがりません?

 

ほんで、デザインはもちろんなのですが、

使い心地もとってもよいんです。

だって、100%ナチュラルだし。

汚染から遠い自然豊かな島で育った

植物の成分を使っているのも、なんだか安心。

それ以外の原料も、自然界にそのまま存在する

とにかく安全で自然のものなんだとか!

 

おお!ってなったのは、耳なじみのある

「マヌカ」の成分を使っていることと、

マヌカよりも希少価値の高い「カヌカ」も

使っていること。

カヌカは、よくニキビに効くと言われているティーツリーの33倍の、

抗菌&抗炎症作用があることが証明されているらしいです!

 

ちなみにカヌカは年に1度しか花を咲かせない

とっても貴重な存在なんですよ~。

 

毎日欠かさず使っているクリームと洗顔。

IMG_9102

 

小さいほうが、フェイスクリームです。

 

IMG_9290

香りは、ほぼ無臭。

伸びが良く、しっとりするのにべたつかないので

化粧水のあとクリームを塗った後、

すぐに日焼け止め塗ってもぜんぜんOKです!

 

IMG_9104

これが洗顔。

メイク落とし、と言うよりかは

洗顔としての位置づけで使っています。

 

中の写真をうっかり取り忘れたのですが

半透明のジェルタイプ。

香りは、レモングラスの爽やか~な香りで

一日の疲れを癒してくれるアイテムです。

これもかなり気に入っています。

 

ジェルなので、洗い終わりは

顔がつっぱることもなくしっとり。

今まではどんな洗顔でも

顔がバキバキになっていたのですが

これはそれが一切ない。ベストオブ洗顔かも。

 

ちなみに、クリームのほうは

香港で大人気なんだとか!!

日本にはまだ未上陸なので

シンガポールで買っておくといいかもです。

購入は、オンラインか下記の店舗でできますよ!

 

「eat ORGANIC 」

 

ちなみに、オンライン購入ならマンゴ限定のプロモもあります♡

「MANGO12」を入力すると10%OFFです!

 

オンライン購入はコチラから

 

 

Sven’s island

9772-4881(日本語)

※電話受付平日10:00~18:00

www.svensisland.sg

 

取り扱い店舗はこちら↓

Super Nature 
583 Orchard Rd, B1-05/09, Singapore 238884

シンガポールの結婚式に行ってみた

by ぽる子

  • 2017年12月2日

おはこんちこんばんは!

ぽる子です。

 

シンガポールに住んで早4年。

私がシンガポールに来たばかりで右も左も分からないときシンガポールの色々なところに連れていってくれた優しい優しいアデちゃん。

そんなアデちゃんが結婚したので、初シンガポールの結婚披露宴に行ってきました。

 

会場はホテルが一般的。

 

ちなみに日本に比べると恰好はかなりラフ(人によりますが)。

やはり全身白はNGみたいですが、日本みたいにオープントゥNGとか革物NGみないなルールはないみたい。

もはや、パブに飲みに来てる人?ぐらいラフな人もちらほらいました。

 

シンガポールでも日本で言うお祝儀的なものがあるので、赤いポチ袋(アンパオ)にお金を入れて受付で渡します。名前は裏に書いておくべきらしい。

会場によって金額が変わるので、Wedding Ang Baoとかのウェブサイトで調べられますYO!

 

まずは会場外でカクテルタイム的なのがあります。

時間通りには始まらない事が多いので、ここで一杯飲んだり、新郎新婦と写真撮ったりして開場を待ちます。

IMG_5794

 

IMG_5809

前撮り写真きゃわゆ💛

 

開場したら指定されたテーブルに座ります。

ここからは割と淡々と進んでいきます。

あまり出し物というのはなく、MCが二人の紹介をしつつ新郎新婦が各テーブルを回ってひたすら乾杯していってました。

この乾杯が有名な「ヤー」を出来るだけ長く言う(もはや叫ぶ)ヤムセン。

正式なヤムセンは3回にわたってやるらしく、ヤーーーーーーが長ければ長いほどいいらしい。

 

というわけでぽる子も初ヤムセン体験。

IMG_5804

 

感想はものっそい疲れる。

 

でもあんな大声出すの久しぶりですっきりしました。(そこ)

あとはテーブルでおしゃべりしながら料理を食べます。

532097599.635900 IMG_5806

 

おいしゅうございました。

 

何気にびっくりしたのが、デザートが出たあたりからちらほら帰っている人がいるという流れ解散制。

 

異文化に触れて楽しい結婚式でした。

 

シンガポールの結婚式に行くときは、

①全身白はだめ

②アンパオの料金は下調べ必須

③ヤムセンは出来るだけ大声で長く

④流れ解散

⑤会場は激寒

 

を頭に入れて行きましょう。

※ぽる子の独断と偏見です。

 

ヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーームセン!

 

 

 

 

 

 

みちのくひとり旅 in 盛岡

by ボースン

  • 2017年11月30日

みなさん、こんにちはsun.gif

風邪の諸症状をかれこれ2週間ほど引きづっている木曜日担当のボースンです。

 

 

本日ご紹介するのはこれっ!!

 

 

写真 2017-11-18 9 39 54_preview

 

 

燦々と光り輝くゴージャス極まりないイクラさん。

もはやアートですheart.gif

 

詳細はブログ終盤にて。

いざ待て!

 

 

 

 

という訳で、犬と旦那をシンガポールに残して久しぶりに日本への一時帰国。11月のとある日、はやぶさに乗って盛岡に行ってまいりました。

 

 

写真 2017-11-18 17 41 57_preview-1 写真 2017-11-18 17 45 37_preview

 

 

盛岡名物といえばわんこそばじゃじゃ麺、そして盛岡冷麺

まずは、地元の人にも人気(駅前喫茶店のマスター談)らしい盛楼閣で腹ごしらえ。

 

 

写真 2017-11-18 17 40 38_preview

 

 

辛口を注文するも、拍子抜けしてしまうほど辛くない。

麺は予想以上にモッチモチのムッチムチ、あまりの弾力に噛み疲れてしまうほど。あっさりしているけれど、コクのあるスープを絡めていただく盛岡冷麺は美味しゅうございました。

 

 

 

お腹が膨れたら、盛岡をサクッと観光。

盛岡市内はどこまで行っても運賃100円の巡回バス「でんでんむし」で移動しました。

 

 

写真 2017-11-26 11 30 06_preview 写真 2017-11-26 11 36 41_preview 写真 2017-11-29 20 30 25_preview

 

 

東京駅と同じ辰野金吾が設計した旧盛岡銀行や、南部鉄器を扱う釜定、カゴ・ざるなら!のござ九・森九商店をまわり、狙っていた南部鉄器の鳥の置物とざるをお買い上げ。

 

 

写真 2017-11-30 14 37 08_preview 写真 2017-11-30 14 37 51_preview-1

 

 

その後は自家焙煎のコーヒーをいただけるクラムボン(ブレンドは苦味とコクのバランスが最高です!)、宮沢賢治の「注文の多い料理店」を出版した光原社に隣接した可否館でひと休みし、向かいのモーリオにて鎌倉土産のクルミッ子よりも素朴な味わいのくるみクッキーを購入しました。

 

 

写真 2017-11-29 21 05 19_preview 写真 2017-11-18 18 56 34_preview 写真 2017-11-29 20 02 47_preview

 

 

なんとなく、盛岡は長野県の松本に雰囲気が似ているな、という気がします。

城下町、きれいな川、民芸品や雰囲気が良い喫茶店があるというなんともアバウトな共通点だけれども、ゆったりとした時間が流れているところがそう思わせるのかも。

 

 

 

 

初の東北、せっかく盛岡まで行くのならゆっくり温泉に浸かりたいと思い、一人でも泊まれる温泉宿を事前にリサーチ。プチ贅沢な料金でおなかも心も大満足な旅館を予約しました。  

 

 

 

 

そこは・・・

安比八幡平の食の宿 四季館 彩冬                          

 

 

 

 

盛岡駅からIGRいわて銀河鉄道で約1時間、のどかな風景をボーッと見ながら最寄駅の赤坂田駅に向かいます。

駅から旅館までは徒歩でも15分程度だそうですが、到着の1時間前までに連絡を入れれば車で迎えにきてもらえます。

 

 

写真 2017-11-18 19 01 22_preview 写真 2017-11-18 19 02 58_preview 写真 2017-11-30 0 13 48_preview      

 

赤坂田駅周辺は「あら、何もない」という印象でしたが、館内には足湯処、地元の情報誌を読みながら自家製の甘酒やコーヒーがいただける寛ぎ処、水の流れる音に癒されるラウンジなどがあるので退屈することはなく、むしろワクワクしながら探索しました。

 

 

写真 2017-11-19 21 19 11_preview 写真 2017-11-19 21 24 10_preview 写真 2017-11-18 19 14 48_preview

 

 

館内はどこもとても清潔に保たれていて、ステンドグラスや、かわいらしく温かみのある小物が至るところに飾られていてとっても和みます。

 

 

写真 2017-11-19 21 23 27_preview 写真 2017-11-19 21 21 56_preview 写真 2017-11-29 20 37 44_preview 写真 2017-11-29 20 36 54_preview 写真 2017-11-11 8 16 50_preview      

 

 

特別室は禁煙ですが、愛煙家には嬉しいいっぷく処もありますよ。

 

 

写真 2017-11-19 21 24 35_preview

 

 

ひとり旅ということもあり、予約したのはエコノミー客室。

8畳のこじんまりとしたお部屋ですが、ひとりで過ごすには十分。エコノミー客室の中で101のお部屋にはトイレ、洗面台、(今回は使いませんでしたが)お風呂もあるので不便に感じることもなく、快適に過ごせました。朝晩は気温がグッと下がるので外には1度しか出ませんでしたが、小さなお庭はなんとも落ち着く場所でした。

 

 

写真 2017-11-29 20 36 06_preview 写真 2017-11-18 19 04 08_preview 写真 2017-11-18 19 12 29_preview

 

 

温泉の写真はありませんが、大浴場、露天風呂、貸切風呂があります。

内湯にぬるめと熱めの2種類のお風呂があるのは、熱いお湯が苦手な私にはとても嬉しいポイントでした。

 

 

 

この旅館を選んだ理由はいくつかありますが、その1つがお料理の評価。予約サイトのクチコミや個人ブログをいくつか見ましたがどれも評価が良く、それを見て即決したほどです。そしてお料理だけでなく、スタッフのみなさんがいかにもマニュアル通りという接客ではなく、気さくに親切に接してくださることもこの旅館が人気の秘訣なのだと思います。

 

 

 

それでは、高評価のお料理に移ります。

夕食は基本の懐石(エコノミー客室用)からスタート。まずは盛岡の地ビールで乾杯です。

それぞれが小さいポーションながら、先付、酢物、前菜、造り、吸物、煮物、揚物と続き、この時点でお腹は八分のラインを越えました。

 

 

写真 2017-11-18 19 06 43_preview 写真 2017-11-18 17 47 00_preview 写真 2017-11-19 21 26 09_preview

 

 

だけどここからが本番!

選べるメイン料理4品が次々と迫って来ます。

 

 

写真 2017-11-18 17 48 24_preview 写真 2017-11-18 19 10 57_preview 写真 2017-11-18 19 10 01_preview 写真 2017-11-18 19 04 58_preview

 

 

左から前沢牛サーロインステーキあわびの陶板焼き八幡平サーモン陶板焼き杜仲茶豚豆乳しゃぶしゃぶ

 

どれも本当に美味しかったです!

 

美味しいものをたらふく食べたい方は絶対満足すると思いますが、夜はお酒を片手にちょこちょこつまみたい年齢に差しかかった私には、正直言うとちょっと辛いものがありました。軽めのものと組み合わせられるような選択肢があれば嬉しいな。

 

 

 

そして翌朝。

朝ごはんはビュッフェスタイルですが、野菜たっぷりの惣菜が並んだテーブルを見てテンションが上がります。

素朴な田舎の朝食とありましたが、これこそが何よりのご馳走でした。

 

 

写真 2017-11-18 17 49 30_preview

 

写真 2017-11-18 17 50 00_preview 

 

写真 2017-11-18 17 51 05_preview

 

写真 2017-11-18 9 39 54_preview

 

 

1杯目は雑穀米、2杯目は白米(ひとめぼれ)にイクラをザザーッと乗せていただきました。これがもう至極のときでございました。

 

美味しいごはんを誰かに作ってもらい、後片付けや次の日の仕事や家事のことを考えずにただただ怠けること・・・たった1日ではありましたが、リラックスした時間を過ごすことができました。

 

機会があれば今度は新緑の季節に、盛岡のまた違う一面を見に来たいと思います。

 

 

 

盛岡まんぷくの旅に興味がある方は、ぜひウェブサイト↓をチェックしてみてくださいね。おすすめですぞ!!

 

四季館 彩冬

岩手県八幡平市赤坂田254-9

Email: info@saito-appi.jp

Web: http://saito-appi.jp/index.html

Fb: @shikikansaito

 

 

 

長々と失礼いたしました。

それでは、またいつかの木曜日にpaper.gif

   

ページトップへ